2008/10/16

作品作り  日記

カーテンを洗濯しました。
レースを含め8枚。
干すときは元のカーテンレールに吊るせばいいので、干す場所も取り込む手間も無いのが良いです。
ただ、カーテン金具を取り付けるのが面倒です。

今日も朝から日課の散歩に出かける娘です。
体育館はもう定番散歩スポットです。
そして、別方角にあるエレベーターにも興味津々です。
デパートでも乗ると手足をバタバタしだします。
母は、喜んでいるのだと思っているのですが、表情はなんとも微妙です。
怖楽しい・・感じ??

教室に戻って、きららまつりに展示する作品を作りました。
材料は新聞です。
まず細かく新聞をちぎります。
その前に、パラバルーンのようにして遊んでもらいました。
紙の音に大喜びでした。
存分に遊んだら、新聞をビリビリに。
娘の得意分野です。
細かくなったら、風を起こして新聞を舞わせて遊びました。
明日はこれを使って、作品つくりはまだまだ続きます。

父が休みでした。
おにぎりせんべいを自分で持って食べています。
すごく頬張っていました。
クリックすると元のサイズで表示します 最後の手の扱いが難しいね。

2008/10/15

クラッシックコンサート  日記

今日は体育館にてクラッシックコンサートがありました。
出演は東京アーティスツ合奏団のみなさんです。
休憩を挟んで2部構成でした。
最前列で見ることができ、とてもラッキーです。

前半は楽器の演奏。
クラッシック音楽を聴きました。
低音部のコントラバスと、床に響くドラムにちょっとびびり気味の娘でした。

後半はお姉さんの歌です。
ディズニーやジブリの歌が楽しかったらしく、ものすごく興奮したようです。
ズボンを噛みまくっていました。
喜びの表現としてはどうかな・・と思いますが。
このような催しが、学校で楽しめるのが良いですね。

プラスティックの暖簾を出してきました。
もう、からみ合ってほどくのが不可能です。
すごく軽く、乾いた音がします。
夢中で手遊びしています。
クリックすると元のサイズで表示します たまらない

2008/10/14

さらに重く  日記

雨がこれでもかと降りました。
昨日のうちに夕飯を仕込んでおいたので、余裕をもって買い物に出かけた母です。
デパートでお目当てのものを探します。シュライヒのフィギュアはどうやら扱っていないようでした。
スィートポテトのジャムは売り切れで入荷もないということでした。
口紅を選んだら、現在取り寄せ中で数日後の入荷だと言われました。
靴を選んでいたら、その色のそのサイズだけが売り切れで、お取り寄せになると言われました。
ことごとくです。
“お金を使うな”と言うことでしょう。
縁がなかったと思って、きれいサッパリあきらめます。

「あと数センチの高さが持ち上げきれてないぞ。」
このところ、娘を抱えて思っていました。
なるほど。先月より400g体重が増えていました。
19`になりました。
ま、400gなんぞ、母にとっては1回の食事の水分だけで余裕に増える重さですけどね。

少し寒くなって、お風呂が気持ちよく感じるようになって来ました。
娘は必ず湯船で1回眠りに落ちます。
重い・・重い・・。
風呂からあげると復活します。
「あれだけ眠かったのだから、もう寝たらどうかね。」
と、いつも言います。
自由人だ。
うらやましい限りです。

ドライヤーを新調しました。
10数年前のドライヤーの温風が出なくなりました。
同じイオン仕様ですが、新しい方で乾かすと、髪の指どおりが違います。
電化製品の進化はすごいです。
クリックすると元のサイズで表示します ポイント交換で手に入れたんですけどね。

2008/10/13

掃除の一日  日記

冬布団を出してきたからでしょうか。
フローリングがすぐほこりで白くなります。
2日もたつと目を覆いたくなるほどです。
今日は午前中掃除をしていました。
時間がかかってしまい、娘は一人でずっと居る事となってしまいました。
空気清浄機って、ほこり対策にいいものですか?
空気清浄機・加湿器・ファンヒーター。
冬場は稼動する物が多くなってしまうような・・。

ここのところ鍋ばかりのメニューです。
今日は鳥のつくねの塩ちゃんこで。
出汁をくれくれと催促する娘です。
確かに汁は美味しかった。
しかし、母としては野菜を食べてほしいところです。

明日は学校です。
学園バスを見て、首をがんがん振って喜ぶ姿が目に浮かびます。

お菓子の食玩はなんともそそられます。
ムーンライトは今日の娘のおやつです。
クリックすると元のサイズで表示します リプトンリモーネの食玩第3弾

2008/10/12

牧場へ  日記

お天気にも恵まれ、ふれあい牧場に行ってきました。
昨日から「行くぞ!」と決めていたので、母の根っからのインドア精神に揺らぐ事無く、スムーズに出発できました。

牧場の人も見当たらず、
“お構いはしませんが、お好きなように回ってください”的な牧場のようです。
人もあまりいなくて、自由に見たい放題でした。
人ごみが嫌いで、意味なく待つのも嫌いなので、楽しくてたまりません。

子牛が数頭居る【ふれあい牧場】で牛にふれてきました。
牛も性格があるのか、人なつっこいのやら、動じないものやら。
柵のそばに立つと、すぐに寄ってきてくれたホルスタインと写真を撮りました。
娘もその存在に慣れるまでに5分くらいかかります。
人が居ないというのは、本当にありがたいです。
時間かけ放題・写真取り放題です。
だいぶんシャッターを押しました。

母は茶色のジャージー牛がお気に入りになりました。
ミルクティーのような子でした。
頭・鼻・首を撫で回してきました。
あとで、大人の牛も見てきましたが、威圧感のすごいこと。
触るのに勇気が要りそうです。(触ってはいけないのでしょうが。)
やっぱり子牛はかわいかったです。

一通り見て回ってきたら、売店でアイスクリームを食べました。
じっくりと見てきたつもりでしたが、1時間半の滞在でした。
もう少し前の時期なら、お弁当とか気持ちよく食べられたかもしれません。
景色は抜群にきれいでした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
海まで一望できました。         ソフトクリーム250円也



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ