2008/10/23

号泣の末  日記

今夜の眠い兆候は、“泣き”でした。
しゃくりあげて泣きながら寝ていきました。
昨日も今朝も「うわっ!おっおっ・・」と、なにか怖い夢でも見たかの様な寝言を言っていました。
とてもアワアワしていましたし、夢の中身が知りたくてたまりません。

今日はふれあい遊びをしました。
基本的に大好きなのですが、曲によってはとても凹む時があります。
今日は『大根おじさん』がだめでした。
悲しい顔をしていたそうなので、かろうじて泣くのだけは我慢したのでしょう。

娘はメロディーに敏感です。
マイナー調の歌は身構えます。
これまた、どんどん悪い方に悪い方に捕らえていきます。
『水戸黄門のテーマ』を聞いて泣いていた時期もあります。
なぜかはまったく分かりません。
『遠くへ行きたい(永六輔/中村八大)』は完全に怖がっていますし。
しかし、泣いていた曲が全然平気になっていたりもします。
我が子ながら、まだまだ分からないことはたくさんあります。

ふれあい遊びの後は、みんなで台車に乗って校内をめぐりました。
高等部でサザンの『TUNAMI』の合奏をしているところがありました。
きららまつりの練習のようです。
しばらく聞かせてもらいました。
発表より前に聞けて、ちょっと得した気分です。
クリックすると元のサイズで表示します お迎え時、空がにわかに掻き曇り



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ