2009/5/21

感触遊び  日記

実エンドウが採れる時期です。
我が家もエンドウに埋もれています。
豆ご飯を炊きました。
エンドウを、どう色よく茹で上げるかにかかっています。
別茹でして、あとで混ぜ合わすようにしましたが、コロコロとしてまあご飯になじまないこと。
それでも、今までで一番見栄えの良い出来になりました。
娘にはちょっとご飯が固かったです。

今日は感触遊び再びです。
今日も大胆に絵の具を広げる娘です。
手のひらだけでなく、ひじ下まで絵の具をつけています。
終了後手を洗ったのですが、肌に浸透して緑の手になっていました。
お風呂で洗ったのですが、つめの中まではなかなか取れなくて。
風呂上りに、父につめきりはさみの先で取ってもらっていました。
「明日も感触遊び。」
と告げたら、「えーー!!」と顔をしかめて言われました。

今日は訓練に行ってきました。
台にやや半ケツ気味に座らせて、大好きなボールを触っていると、背筋がぴんと伸びていました。
無意識になのか、だんだん前に前に出てきて、前にずり落ちていました。
集中が切れると、どっとくたびれた様になります。
寝転んで、まるで背中の筋肉を休めているようでした。

PCWで訓練室を歩きました。
目標として、車椅子を目指して歩いてみました。
今日は足運びが快調で、どんどん車椅子を下げていってみました。
廊下にまで出て、さらに下げたら
「あー
と声を上げました。
そこまではやりすぎたようです。
クリックすると元のサイズで表示します 背筋ピン

2009/5/20

避難訓練  日記

暑くなるとはわかっていますが、なぜか朝はブルッとするほど寒い我が家です。
(朝の)8時に近づくにつれ、だんだんとそれっぽい温度になってきます。
7時過ぎは、母子共々冬の装いに近い服装をしています。
母が冷え性なこともあり、体感温度にまったく自信がありません。
娘は寒さなど感じていないのかも?
と、思うこともしばしばです。

今日は避難訓練がありました。
火災想定の訓練です。
テントに煙を充満させて通り抜けたりしてみました。
煙に香りがつけてあるんですよね。
娘はニコニコして通っていたようです。
ちょっとアトラクション気分でしょうか。
実際は煙は吸ってはいけない物なので、そんなに楽しいわけには行きませんぞ。
あと、消火器を操作させてもらって、消火活動を体験します。
いつも消防車や救急車がやってきて、まじかで見られるので子供はたまりません。
今日も記念撮影はしたのでしょうか。

これも毎年のことですが、水着になって写真を撮りました。
体のようすを見るためです。
娘に少し歪みがでてきたようです。
日ごろの姿勢も気を付けないといけませんが、早く新しい車椅子が来て欲しいところです。
今度作る車椅子は、背中がピッとするのです。
早く許可が下りてきてくれる事を願っています。
クリックすると元のサイズで表示します 足つぼマッサージ

2009/5/19

なじんできた  日記

暑くなるからと、張りきって洗濯したのに、曇天の一日でした。
しかもちょっと肌寒い。

蚊が出現してきました。
家のすぐ隣が調整池なので、一日暖かい日があるとすぐに出現してきます。
蚊は容赦なく始末します。
小バエえもしかり。
これからの時期、いつも殺虫剤は欠かせません。
ほんと、虫は嫌いです。

ほっぺたに虫さされの後を残しながら、今日も元気に学校に行った娘です。
朝の散歩は、お手伝いに入ってくれた先生と出かけました。
が、すぐに違う扉から教室に戻ってきました。
担任が付いてきてくれなくて、心配になったのでしょうか。
クラスメイトも一緒に行くことになり、これで意気揚々と出かけることが出来ました。
帰りも一人で6組に帰還。(実際には後ろから先生が来てくれているのでしょう。)
クラスの場所も、先生の顔も、しっかり覚えたようです。

半年に1回病院の眼科に通っていますが、これまで視力検査など出来たためしがありません。
数年通って1回もです。
でも、今日のようなことがあると、ちゃんと見ていろんな区別が出来ているのだと実感します。
よかった。

実家の母より、旅行の土産をもらいました。
雷おこしをおやつに食べました。
かなり硬いですが、がりがりと噛み砕いていました。
おやつだからこそです。
(食事だと、簡単に食べるのをあきらめそうな気がします。)
お茶を温めていると、袋からおこしを撒いていました。
クリックすると元のサイズで表示します 撒いてはいけません。

2009/5/18

家庭訪問  日記

家庭訪問の日です。
朝から掃除に励みました。
日常の掃除と、人を迎える掃除とでは、何かが違います。
やってもやってもキリが無し。
終いには「ああ、新しい家を建てたい!」くらいの思いになります。
さらに思いつめると、
「ま、いいか。」
と、あきらめの妥協になるのです。
物をもっと減らせば良いのでしょうが・・なかなか。

バス停から自宅に戻って娘を降ろしたのと、先生方が家の前に到着したのと、ほぼ同時でした。
まだ靴を履いたままでリビングにいるところに、先生の顔が次々現れて嬉しびっくりの娘です。
「さっき別れたところなのに。」
きゃらきゃらと声を出して上機嫌です。

クラスでは、友達とかかわるのがとても楽しそうだということ。
嬉々として散歩しているということ。
などなど、学校での生活ぶりを教えてもらいました。
そんな中、娘は4人の先生に順番にちょっかいを出していきます。
挙句に、大人5人の円陣の真ん中でごろりと寝転んで、この上なくリラックスしています。

ずっと家で遊んでもらいそぶりをしていましたが、先生も後があるので程よい時間でさようならです。
帰る様子で表情が曇りましたが、母の抱っこで先生の車を見送ったら
「楽しかったわ。」
と言わんばかりに、にっこりバタバタしていました。
その後もちょっとテンション高めの娘でした。
クリックすると元のサイズで表示します ずっとご機嫌状態

2009/5/17

歯科に行く  日記

父母は、朝からソワソワです。
今日は娘を歯科に連れて行きました。
乳歯が一向に抜けないまま、永久歯がどんどん伸びてきました。
生えてきた永久歯の成長にも影響が出てきそうなのです。
あらかじめ問診表をもらっていたので、治療(相談)内容と共に
『始まる前から医療の雰囲気にのまれて、なだめても聞く耳も余裕も持てません。やりにくいでしょうがよろしくお願いします。』
と言葉を添えて受付に提出しました。

障害者のための診療所なので、娘の事に関しての話が早いです。
これ、結構ありがたいです。
いきなり診察室に入るのは怖いだろうと、カーテン1枚手前の広い通路で問診をしました。
(散々“怖がる”と書いたからでしょう)
看護師さんがずらっと4人見守っている中、すでにただならぬ気配で目がしばしばしています。
「大丈夫よ〜。お話聞いてるだけね〜。」
と、にっこり言われるのですが、もうアワアワ。
知らない間に、医師も後ろに立っていて、こそっと話を聞いていました。

「では、そうぞ〜。」
と広い診察室に入り、バギーから診療台に乗って背を倒すと、起き上がりたくて仕方が無い様子。
まず、歯の生え方や様子をチェックです。
虫歯無し・歯茎の腫れなし。
そして、先生から
「やっぱり抜いた方がいいね。」
と言うことで、次回はレントゲン&抜歯と言うことになりました。
たぶん、本人さんは大騒ぎの汗だくになると思うので、着替えを上下用意してきて欲しいとのこと。
次回が山場です。
大変そうだ。

最後に看護師さんに歯磨きしてもらって帰ってきました。
歯磨きが好きなのが救いです。
ブラッシングしている間は、まあまあおとなしくしていてくれます。

診療台でじたばたしたからか、オムツから横もれしてしまいました。
良くあることらしく、
「ここで着替えてくださいね。」
慣れた作業でレントゲン室に(たぶん唯一の完全個室だから)マットレスを敷いてくれました。
いろいろ察し・受け止めてくれる態勢というのは、こちらの気が楽になります。
クリックすると元のサイズで表示します 次回『歯を抜きます。』



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ