2009/5/18

家庭訪問  日記

家庭訪問の日です。
朝から掃除に励みました。
日常の掃除と、人を迎える掃除とでは、何かが違います。
やってもやってもキリが無し。
終いには「ああ、新しい家を建てたい!」くらいの思いになります。
さらに思いつめると、
「ま、いいか。」
と、あきらめの妥協になるのです。
物をもっと減らせば良いのでしょうが・・なかなか。

バス停から自宅に戻って娘を降ろしたのと、先生方が家の前に到着したのと、ほぼ同時でした。
まだ靴を履いたままでリビングにいるところに、先生の顔が次々現れて嬉しびっくりの娘です。
「さっき別れたところなのに。」
きゃらきゃらと声を出して上機嫌です。

クラスでは、友達とかかわるのがとても楽しそうだということ。
嬉々として散歩しているということ。
などなど、学校での生活ぶりを教えてもらいました。
そんな中、娘は4人の先生に順番にちょっかいを出していきます。
挙句に、大人5人の円陣の真ん中でごろりと寝転んで、この上なくリラックスしています。

ずっと家で遊んでもらいそぶりをしていましたが、先生も後があるので程よい時間でさようならです。
帰る様子で表情が曇りましたが、母の抱っこで先生の車を見送ったら
「楽しかったわ。」
と言わんばかりに、にっこりバタバタしていました。
その後もちょっとテンション高めの娘でした。
クリックすると元のサイズで表示します ずっとご機嫌状態



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ