2009/5/25

いろいろと  日記

ハプニングは、人の隙をついてくるもので。
この日に限って、頻繁に携帯をチェックしなかったとか。

給料日の今日。
銀行のATMめぐりに出かけ、駐車場でメールの着信音に気がつきました。
携帯を開けると、メールはともかく、着信の嵐。
「うわっ
いい予感度ゼロです。

娘がバランスを崩して倒れてしまい、先生に支えられるも後頭部を打ってしまった。
念のため救急車で病院に搬送した。
とのこと。

救急外来に向かい、カーテンの向こうに行くと、叫んでいる娘がいました。
痛くて泣き叫んでいるというより、なんか文句・愚痴を訴えている感じです。

頭を打ってびっくりした。
救急隊員に囲まれて怖かった。
救急車に乗せられて不安だった。
医者に囲まれ恐怖だ。
ひっくるめて、『不本意だ』と訴えているように見えました。
あくまで、母の目カメラを通してですが。
筋金入りの病院嫌いは知っていますが、みんな心配だったのですよ。

こぶが出来ている、怒る元気がある、顔色・唇の色が悪くない。
まあ大丈夫だとは思いましたが、CTをとるかどうか迷いました。
散々迷った末、小1時間安静室で様子をみることにしました。
その後、お茶を飲んで吐かなければ大丈夫であろうと。

給食直前だったことと、今日に限って1時間も早く起きてしまったことで、空腹と眠気が襲ってきてテンションが低くなってきました。
単なる空腹と眠気が、「頭を打ったことによる意識もうろう」とごっちゃになるところが素人の悲しさ。
つい悪いほうへと考えが巡ります。
お茶を飲んでも大丈夫だったので、帰宅することにしました。

帰ってきたのが14:30。
今から昼をガッツリ食べるのもどうかと思い、夕食を早めに食べる事にして、つなぎにバームクーヘンを食べました。
ゆっくりゆっくり30分かけて食べるにつれ、だんだんと笑うようになってきました。
腹が満たされたようです。
良かった。本当にお腹が減っていたんだ。

次は睡眠です。
添い寝をしていたら、すーーと寝ていきました。
寝たら寝たで「気を失ったんじゃないか??」と勘ぐり、寝返りなんかしてもらうとホッとしてました。

夕ご飯はいつもどおり食べていました。
特にご飯をやわらかくしたわけでもなく、ただいつもより一口の量を少なくして、時間をかけて食べました。
お風呂は禁止されたので入らず、体を拭いて床に入りました。
20時過ぎに寝ていきましたが、翌朝目覚めるまではやっぱり気がかりです。
今日の添い寝は父の番です。
ずっと同じ姿勢で寝ていないか?
いびきをかいていないか?
体がぴくぴくしていないか?
頻繁な観察をお願いしておきました。
父は眠りが浅い方なので、母より数倍敏感に気が付いてくれます。

救急で入ったので、明日は外来を受けなければなりません。
マスクあったかな・・。
クリックすると元のサイズで表示します くたびれて



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ