2009/6/5

雨の金曜日  日記

紫陽花の季節です。
はかなげな花ですが、成長したその茎は「木か?」と思うほどしっかりしています。
花を切らずにそのままにしておくと、渋い色に変わってきます。
その頃を秋紫陽花と言うらしく、とても母好みです。
貯水池に咲く紫陽花が、その状態になるのを楽しみにしています。
秋口までがんばれ。
(しかし、今月の地区の草刈りで刈られてしまうかも。)

朝の散歩で、昨日にひき続きプレイルームに行きました。
ブランコに味をしめたのか、一目散です。
今日もブランコで一日が始まり、とてもハッピーな娘です。

今日は感触遊びのスライムをしました。
絵の具のぬたくり同様、口をつぐんで黙々と触ります。
熱中しているときは、背筋も伸び・無口になります。
「無」の状態のなのでしょう。

ペットボトルのおまけで付いてきた、生茶パンダのキーホルダー。
柔らかな素材で、不思議な触感です。
そのパンダの片足がもぎ取られていました。
「また噛んだな。」
口の中を調べても見当たりません。
新聞・雑誌等々よく噛みちぎりますが、幸いなことに飲み込むことはありません。
口の中にいつまでも入れているのが常なのですが、今回ばかりは見つかりません。
「どこだ?飲み込んだか?」
水分を吸って腹の中で膨らんだりはしないか?
とにかく、見つかるまで探しました。
出てきたのは、娘の袖の中から。
ホッとはしましたけど、どうしてこんなに気が荒いのだろうと頭が痛いです。
クリックすると元のサイズで表示します アルカリ土壌のようだ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ