2009/6/21

歯を抜く  日記

暑さのせいか、あんまりご飯への意欲が湧かない娘です。
ヨーグルトは好んで食べるので、どこかが悪いということではなさそうです。
梅雨の蒸し暑さが、ご飯の通りを悪くしているようです。

今日は抜歯の日です。
ひと月ぶりに歯科の門を叩きました。
最初の難関はレントゲンです。
ストレッチャーに寝て、タオルとネットですっぽりと包まれます。
看護師さんが、とても申し訳なさそうな顔をしてきますが、母は動いた時のリスクの方が怖いので、その辺は全然OKなのです。
歯がイーーーと写るレントゲンではなく、治療箇所をスポット的に撮るレントゲンを撮りました。
レントゲン機器がとてもハンディなのです。
今はいろんなものがあります。

レントゲンの結果、
・抜歯予定の歯はやはり抜く。
・抜こうと思っている歯の後ろの歯も、永久歯のはえる準備が出来ている。
 ぐらぐらはしていないが、乳歯の根が吸収されている(なくなっている)。
 
と言うことで、2本抜くことになりました。
本当は反対側も永久歯が頭を出しているので、治療が必要なのですが、
「いっぺんに両サイドの治療は止めておいた方がよい。」
とのことで、また今度抜くことになりました。

第二の難関は麻酔注射。
母もコレは大嫌い。
しかし、やらねばならないので仕方がないです。
レントゲンを撮った姿勢のまま、診察台に乗せられます。
「あうッ!!!」
と言ったまま、絶句の状態。
しばらく麻酔の効くのを待ち、医師がベンチみたいなものをもってクッ!クッ!と2回引っぱると2本の抜歯完了。
あっという間の治療でした。
はえ代わりの準備が出来ていて、根がほとんどなかったので、瞬殺でした。
娘も声さえ出ませんでした。

圧迫止血を受けた後、包まれて暑かった汗と・冷や汗をかいたTシャツを着替えて帰ってきました。
今度は反対側の抜歯だね。

麻酔が切れるまで1〜2時間と言われ、花里withAPOAで時間をつぶしつつランチでも食べようかと寄ってみました。。クリックすると元のサイズで表示します
ランチメニューが冷シャブサラダだったので、
「ちょっと今の娘には厳しいかなー。」
と思い、ランチはあきらめて、植物をウィンドーショッピングしてきました。。
ちょっとした植物園のようでした。

山の方へ車を走らせ、カフェ コブでご飯を食べました。
「麻酔が効いていると、唇を巻き込んで噛んでしまうので気をつけて。」
との注意事項を守りつつ、ゆっくりとお子様プレートを食べてきました。
やっぱり、いつものがっつきがありません。
軟体動物のように、ソファーでダラダラしていました。
口の中に違和感があるのかな?

何はともあれ、無事に済んでよかったです。
抜いた歯は、歯の形のケースに入れて持たせてくれました。
土に埋めるか。
クリックすると元のサイズで表示します どの医院でもくれるのかな?




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ