2009/7/9

歯を抜く  日記

蒸し暑いです。
ねっとりとする熱気に、エアコンを入れました。
思いがけずに天気がもってくれて、洗濯物が乾き、助かりました。

学校で整形検診がありました。
医師の前に来るまでははしゃいでいましたが、次第に
「あら?」
と思ったらしく、医師の前ではいつものように恐怖でぶるぶるしていました。
立ったり・歩いたりするときに足首の変形が目に付き、出来るだけ装具の着用をして、足裏全体で体重をかけるようにすると良いとのことでした。
立ったり歩いたりって、当たり前のことがとても難しい。

今日は午後から歯科に行ってきました。
前回から約ひと月。
今回は逆側の抜歯です。
レントゲン撮って、1本抜くか2本抜くか決めます。
1本はもう永久歯が生えてきていて、もう1本はそこまできているらしいので、2本抜くことにしました。
麻酔注射をゆっくりと入れます。
これが、じりじりと長い時間なのです。
また薬が苦い。
麻酔がかかれば歯を抜く工程はあっという間です。
くっくっとあっという間に抜けました。
前回とは違う先生でしたが、今日の先生もとても優しい人でした。
タオルとネットに包まれて汗だくになったので、着替えをさせてもらいましたが、全身シマシマになってしまいました。

2時間は麻酔が効いているということで、夕ご飯時がちょうど切れる頃です。
家に帰ってからお茶を飲ませましたが、口から漏れる漏れる。
娘は口内でぐちゅぐちゅしながら飲むので、そのたびにピュっと出てきます。
「ああ、麻酔ってこうなるよね。」

母が台所に立っている間に、娘が寝ていってしまいました。
くたびれたようです。
起きてくる頃には麻酔も切れているでしょう。
しばらく寝かしておきました。
歯のトラブルもこれでひと段落つきそうです。
クリックすると元のサイズで表示します くたびれた



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ