2009/7/19

丑の日  日記

暑いながらも、午前中は掃除に励んでいた父母です。
毎回何かは捨てているのに、ちっともスッキリ感が出ません。

ちょっと娘を放置気味の午前中となりましたが、10時のお茶を飲む頃には父母とも落ち着きました。
新聞広告を見ると、『丑の日』を押し出したスーパーの広告がたくさん入っていました。
日ごろ魚類が食卓に並ばない我が家。(母、まったく受け付けず。)
娘は食べられるに越したことはないので、珍しく一尾買ってみました。
食べさせるのはもちろん父に任せます。
たれも甘いし、小骨に気をつければ(あります?ありますよね?)いけるでしょう。
父に聞くと、
「何の意識もなく食べていた。」
ようです。
そんなものかな。

午後から父が理髪店に行ったので、娘と遊んでいました。
広告を渦巻き状にびりびり破いて、びろびろして遊んでいました。
母が長さを長くと破いているのに、とにかく手を出してブチっと引きちぎっていきます。
むいたりんごに皮が切れたくらい「チッ」と思います。
大人げない。
とにかく、人のものが欲しい娘です。
クリックすると元のサイズで表示します 精をつけよう



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ