2009/11/12

泣く  日記

洗濯物を一日外に干していても、厚物は乾きません。
そんな季節になりました。

このごろ、夕食時には号泣ばかりしています。
「硬いな。切れないな。」
と、マイナスなことをつぶやけば、たちまち号泣しています。
もちろん、食べ物に対しての発言です。
「ちがう、ちがう。この肉が!」
と、言えば言うほど、より一層高らかに感情的に泣くばかり。
そして、聞く耳持たず。
あなたのことではないです。
被害妄想はやめてください。
平常状態に戻して、食事を続けさせるのが、本当に大変です。

今日は給食のときに、パンの耳をトーストして砂糖をまぶしたものを食べてみました。
(メニュー外のものなのでしょうね。)
噛む練習です。
お菓子感覚がよかったのでしょう。
好んで食べたようです。

この間の歯科でも言われました。
硬いものは食べた方が、あごもしっかりするし、歯が丈夫になると。
歯切れもよいものは、わりといけるほうだと思います。
きゅうりは薄切りより、スティックを好みます。
あられもいきます。
(あられは喉に刺さりそうで、注意深く見てしまいます。)
噛む音に大げさに喜んで見せたら、上手く調子に乗ってくれました。
たくあんも大丈夫ですが、皮がちょっとな難儀かもしれません。
一口の噛み取りを小さくすると、娘も根気よく噛んでくれます
作ったもの(注文したもの)を、そのままで食べられるのが夢です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
いない・いない〜            ばぁ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ