2010/11/6

ソックタッチ  日記

日が昇るにつれ、ぽかぽか陽気になりました。
良い日でした。
母は、前回から3週間ぶりに整形外科に行ってきました。
完治の太鼓判を頂き、これにて通院も終わりです。
(ひと月ほど前に階段を滑り落ち、仙骨をこれでもかと打ちました。)
落ちたのが遠い昔のことのようです。

土曜日です。
一週間学校にみっちり通いましたので、電池が切れたように寝ていた娘です
朝起きて、午前寝は当たり前。
昼ごはん時になっても、目覚めません。
ちょっと薄目をあけたところを、父にがっつり起こされていました。
ところが、まだ眠かったのか、寝起きで体が目覚めなかったのか、
大好きなカレーにもかかわらず口が動きません。
粘りましたが、半分残して終了です。

さっきまで寝ていたのだから、寝ても夕方だろう。
そう思いきや、1時間ほど経ったら静かになっていました。
どんだけ!

靴下のゴム部分が痛んできたのかしら?
と思うほどに、どの靴下もずり下がってきます。
娘の足も、まったく引っ掛かりがない“棒”のようなふくらはぎをしています。
それも原因でしょう。
母の時代には『ソックタッチ』なるものがありました。
今も売っているのかな?
検索したところ、立派に現行品でした。
息の長い商品です。
もうじきスパッツ+短ソックスになるので、必要はなくなるのですが。
(繊維同士の摩擦で、簡単には脱げてきません。)
そうか、売ってるんだ。
クリックすると元のサイズで表示します くるぶしで履くハイソックス



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ