2012/3/26

片付け  日記

寝坊しました。
なんの予定もない日だったので、すっかり油断をしました。
1時間遅く起きると、一日が短いです。

外出の予定はないですが、やることがないわけではないです。
今日は今年度の学校配布物をまとめました。
クラス通信・進路だより・等々。
取っておくものと処分するものを分別しました。
当然、相当な紙の量がリビングの床に散らばるわけで。

嬉々と目を輝かせていた娘です。
片付けていると、あったことすら知らない物も出てきます。
青い花のヘアクリップを発見しました。
付けると、とても迷惑そうな顔をしてました。
すぐつけていることを忘れるんですけどね。

そのあと、アイロンをかけていました。
娘から離れて、手早くYシャツやハンカチにアイロンを当てていきます。
まだかけていないシャツと、かけ終わったハンカチ。
100%ハンカチに手を伸ばします。
なんのセンサーが働くの?
シャツでいいじゃん、シャツで。
その辺は天才的です。
クリックすると元のサイズで表示します もう忘れている頃

2012/3/25

リビングの主  日記

「娘の方が指が長い。」
と言う父。
はいはい、20年近く主婦していれば、指が節くれだって短く見えますとも。
とはいえ、娘ももみじのような手ではなくなってきました。
広くはないけれど、長い手のひらになって、より大人びて見えます。
キッズからジュニアに成長している感じです。

リーフパイは食感が軽いです。
空気感が半端ないといいますか。
口の中に入れても食べている気がしないのか、やたらに口に含みたがります。
「落ち着いて。」
「ちょっとずつ。」
「慌てやんの!」
注意事項が多すぎて、美味しいおやつを食べているような、そんな雰囲気ゼロでした。

今日もほぼリビング一室で過ごしていました。
寝返り移動をとんと見なくなったので、誘導をして試みていました。
ゴロンとうつぶせにはなるものの、それですっかり落ち着いてしまいます。
しばらくそのままにしておいたら、うつうつしだしました。
落ち着きすぎです。
クリックすると元のサイズで表示します ピザを物色

2012/3/24

狭い  日記

最近の水筒は、コップが付いていない物が前面に売り出されています。
水筒6年間使ったので、新調しようかと物色しています。
コップがないと、きっと口元でたっぷんとなって、お茶をかぶる羽目になるのだろうな。
別でコップを持ち歩くのも面倒ですし。
流行りに乗らず、気に入ったものを探しましょう。

やっと週末が来ました。
母子共に、布団に体が埋まっているのではないか?というくらい寝ました。
やや頭がすっきりしました。
しかし、体が痛いです。
同じ体制で寝るというのは、たいそう苦痛です。
娘がこちらに寄ってきすぎる。
かつ、遠慮なく手を広げるので、横向きに整理ダンスと向かい合って寝てました。
ベットならば、間違いなくダブルベット独り占めです。

父とグダグダ過ごしていました。
おやつを食べたり、爪を切ってもらったり。
たまに母が顔を見せると、服のすそをガッと握って引き寄せます。
「まあまあ、今日は父とどうぞ〜。」
横になる父の腹にどっかりもたれて、くつろぐ土曜日の娘です。
クリックすると元のサイズで表示します あなたの場所は青いところ。

2012/3/23

修了式  日記

朝からシトシトと雨模様です。
今日は学校の修了式でした。
修了式は、教師の異動による挨拶があります。
娘は春休み中ですので、その情報は在校生の保護者の方から知ることになります。
(教えていただいてありがとうございます。)
娘のクラスから、2名の先生が去ることになりました。
その一人は、娘に3年間付いてくれた先生です。
これは最後の挨拶にいかねば。

車が学校に着くと、不思議そうにしていました。
体育館の入口廊下で少し待っていると、挨拶を済ませた先生方が出てきました。
「あー、来てくれたん。」
すぐにお二人が娘を見つけてくれて、頭やほっぺをなでなで・なでなで。
久しぶりに会えたし、なでてもらったりで、娘もキャハキャハしてました。
この時既に11時。
11:30には帰りのバスを発車させないといけないので、慌ただしい学校関係者のみなさんです。

11:10より添乗員さんの送別会が多目的ホールにて開かれます。
娘も紛れて参加。
そのまま多目的ホールにて8Gの帰りの会を行いました。
教室に戻る時間がないのです。
保護者よりお二人に感謝の花束を贈呈して、娘以外のクラスメイトをバスに乗車。
定刻(少し遅れたかな?)でなんとかバスが出発して、やっとひと息つきました。

再び多目的ホールで、先生と新しい学校のことなどをしばらくお話をしました。
最後に娘と写真を撮ってもらって学校を後にしました。
異動の辞令は本当にギリギリまでわからないので、驚きと落胆と送りたい気持ちが一気にやってきます。
そして、修了式が終わってからしみじみといろんなことを思い出します・・・。

娘が言葉では言い尽くせぬほどお世話になりました。
お二人の新天地でのご活躍を願っています。
娘はマイペースながら、なにかしら進んでいけるよう励みます。
どうもありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します 贈呈した花束をむしる。

2012/3/22

訓練に  日記

なにかと忙しいのも今日まで。
娘はお疲れのピークのようです。
今日は津まで訓練に行ってきました。
行きの車中で、いびきをかくほど熟睡です。

到着してやっと目が覚めました。
今日はOTからです。
いろんな遊具を並べてもらい、娘の足のむくまま行き着いた物で遊びます。
娘はセッティング外のボールプールに到着しました。
さっそく中に入ったものの、今ひとつ浮かない表情です。
しばらく戯れていましたが、つまらなそうだったのでもう一回遊具の選び直しをしました。
選択したのはブランコでした。
「大好きじゃん。」
乗せてもらうとようやくニコっと笑いました。
少し強く押すと、とたんに目をシバシバさせています。
心も体も、ちょっと後ろ向きな娘でした。

そのままPTに突入です。
よつばいは渋々やっていましたが、PCWの歩行になると恨み節を延々とうなってました。
新しい装具のための診察も入っていたので、診察室の方へ歩いていきます。
初回に出来上がってきたものに比べれば、大分良くなってきました。
歩行の様子を見ようと、義肢屋さん3人が廊下で娘を囲んだら
「(ああああああ)」
声にならない悲鳴を上げて、震え上がってしまいました。
「そうやった、そうやった。」
と、3人が尾行中の刑事のように物陰に隠れて足運びを見ていました。
医師とも相談の上、もう少しかかとを安定させるようにして完成ということになりました。
装具は中学デビューとなりそうです。
クリックすると元のサイズで表示します 浮かない表情の娘
クリックすると元のサイズで表示します 座位から立つ練習



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ