2012/3/1

桃色のイメージ  日記

3月になりました。
ピンク&女の子のイメージがあります。
今年も雛人形は出さず終いになりそうです。

今日は訓練と診察で津に行ってきました。
新装具の歩行具合を、医師にチェックしてもらいます。
訓練の終盤で、PCWで診察室の方に歩いていきました。
その様子を、先生と看護師さんが廊下に出て見てくれます。

娘の恐怖センサーは敏感すぎます。
何かを感じたのか、ホラーの館に入ったかのような怖がりようです。
恐ろしすぎて声も出てません。
「オレか?オレ?俺??」
先生もびっくりです。
診察室に入ったわけでもなく。
白衣も着ていないし。
触っていない。
ただ娘の前に立って、足運びを見ているだけなのに。

仕方がないので、義肢屋さんと先生が廊下のベンチに座り、
『ただ二人が待合で座ってしゃべっているだけだよ』
を装ってもらって、その前を歩くことにしました。
普通やってくんないよ、そんなこと。
この無差別・無分類の恐がり症は治るんでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
さんざん怖がったあとの一服



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ