2013/12/31

大晦日  日記

大晦日です。
今年も終わりが来ました。
昨日の父と入れ替わるように、母が実家にて一日お手伝いをしてました。
父娘で寝るまで一緒に過ごした一日でした。

早朝5時。
母の起床とともに娘が目を覚ましました。
なぜかテンション高く、キャハキャハです。
「起こしたのなら申し訳ない。まだまだ寝ていて大丈夫。」
と言ったのですが、天邪鬼なので、寝ていろというと目がランランとしてきます。
打つ手がないし、仕方がない。
起き上がっては来ないので、そのまま放っておきました。
いよいよ出かけるとなった時に、父を起こして娘を託しました。

「昼寝が長かった。」らしいです。
そりゃそうでしょう。

今年も、ほぼ学校と家でしか過ごしてこなかった気がします。
大きな病気をすることなく、一年を終わることができました。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

除夜の鐘を聞くことなく、床につきます。
クリックすると元のサイズで表示します 正月菓子

2013/12/30

今年は  日記

30日です。
いつもなら実家に行くところです。
しかし、勝手口の鍵が外から締められないトラブルがおこりました。
アクシデントに心が折れて、実家に電話を入れて事情を話し、家で一日過ごしました。
中からは施錠できるので、後々冷静に考えれば、玄関から出入りすればよかったんですが。
いつにない、暖かくて静かな30日を過ごしました。

家にいればやることは普段通りです。
いつもと違うといえば、黒豆を大量に炊いたので、ご飯には必ず添えられることでしょうか。
おかずなのに甘いし、むしろ食べな食べなと勧めるものだから、娘も喜んで食べています。
まだまだあるので、家族には張り切って食べてもらいます。
クリックすると元のサイズで表示します テレビ番組チェック

2013/12/29

カレー  日記

うっとしくて、うっとおしくて、どうにもならなかった髪を切った母です。
視界良好・襟足すっきりで、快適です。
良い正月が迎えられそうです。

父も正月休みに入り、ぐっと年末感が増してきました。
キャビネットを少しずらして、裏まで掃除機をかけました。
リップクリームが2本発見されました。
この冬は買わなくても済みそうです。
娘の唇はカサカサで、朝起きたときはだいたい切れています。
塗ってあげるのですが、わざとかと思うほど袖口をかんだり、こっちの服で顔を擦り付けてきます。
ベタベタが不快なのでしょうか。
母は、油分なくしては過ごしていけないのですが。

お年賀のお菓子が届きました。
今回はカレーせんべいです。
家用に袋入りを買ったので、おやつの時間に食べました。
「あ、辛っ!」
母はそう叫んだのですが、娘は平気で食べています。
ファーストインパクトは辛いのですが、その後すぐおさまります。
娘は2個食べて、まだ欲しそうにしてましたが、夕飯も近かったのでやめておきました。
クリックすると元のサイズで表示します クセになる 

2013/12/28

父娘で  日記

外を見たら、雪が積もっていました。
夜中降っていたのを、全然気が付きませんでした。
寒かったはずです。

やっと週末です。
銀行・買い物・振込・図書館等々、朝から外出の母です。
一週間で細々とした用事がたんまりたまります。
「昼は帰ってこないので。」
と言い残して出かけました。
よって、ずっと父娘で過ごした土曜日です。

どういう経緯か、父が羽二重餅のお菓子をもらったらしく、おやつに食べたようです。
有名どころのお菓子ですが、母は食べたことないです。
「餅、大丈夫?」
と聞いたら、喜んで食べたとのこと。
お菓子と見るや、食事時には見たこともない大口でかぶりつきます。
歯切れの悪い餅は、口内で張り付くから気をつけないと。
これからの時期、餅にはご用心。

お尻で頻繁に移動・回転するので、敷いてあるマットがすぐくちゃくちゃになります。
一日に何度も何回も直します。
それなりに重く、非力ながらも強くなり、一動作の影響がバカになりません。
よいしょ!の掛け声がますます多くなってます。
クリックすると元のサイズで表示します お茶待ち

2013/12/27

寒い  日記

バタンバタンと、何かが風に煽られて音を立てています。
寒いです。
夕方から冷え込みました。

今日も家で過ごす母娘です。
さすがに退屈してきました。
『クリスマスの約束』の録画鑑賞をしました。
演奏曲の中で「Please Mr. Postman」がいたくお気に入りで、じーーーと画面を見ながら聴いています。
音楽は長々と物語を追わなくてもよく、自然に耳に入ってくるので、(目より)耳頼りの娘にはもってこいです。
以前のクリ約の「美しすぎて・ガロ」も釘付けでした。
綺麗なコーラス曲がお好みのようです。

どんどん板の間に出てくるので、見ていて寒いです。
なんどマットの真ん中に座らせても、いつの間にかキャビネット寄りに来ています。
「重い!」と言いながら、抱えて移動させる・・の繰り返し。
どうしたものかと思ったけれど、後々考えればマットをキャビネットの際まで持ってくれば良いのかと。
明日はそうします。
クリックすると元のサイズで表示します 後頭部もじゃもじゃ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ