♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡ ※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。

2006/9/28  21:30

日本の恥は観客だった(爆)  ロケットサラダの日記
昨日テレビでプロ・ボクシングの亀田大毅vsバレリオ・サンチェスがあったんだってね。楽しみにしていたのに試合日を勘違いしてもっと先だと思っていたよ。失敗したなぁ。私にとっては元気のもとになるのに。

ネットで知ったんだけど、勝った事は勝ったんだってね。8回フルに戦って僅差の判定勝。それはまあ良かったと思うんだけど、試合後に観客同士で乱闘になったというのは見苦しいなぁ。最初に誰かが大毅選手に野次を飛ばした事から始まったそうだけど、そんなんだったら始めからお金払ってまで観にいかなければいいのに。

サンチェス選手が勝つのを観る為に来たんじゃなくて、大毅選手が負けるのを期待して来てるんでしょ? それって嫌味だなぁ。それだけ亀田陣営が世間を巻き込む言動をしてきたからだと思うんだけど、観る側がそこまでしたら一格闘技ファンとして恥ずかしいよ。

判定がおかしいとかそういう議論ならともかく、乱闘をするなんて日本人ってここまで最低な民族なの? 個人的に喧嘩を売ったとか売られたとかじゃなくて、全然自分は関係ないのにそうなるものなのかなあ。

私はお金を払って会場に観に行った事がないんだけど、益々行きたくなくなったよ。そんな最低な所に行きたくない。怪我したくないし。

途中あまりにも野次が酷いので父親の史郎さんも喧嘩腰でかかって行きそうになったとか。もうメチャクチャやん。

でも、実際に戦った大毅選手は冷静で、世界ランカーとフルに戦えた事で自信に繋がったと言っているのでそれは良かったね。彼ら兄弟のサイトを偶に観ているんだけど、なかなかいいサイトだよ。私たちと同じで普通の人間です。あんなに若いのによく書けているなと感心するぐらい。

試合前の威嚇的なパフォーマンスは行き過ぎている場合もあるから複雑な心境なんだけど、最近はちょっと見方が変わってきて応援している自分がいます。少なくとも乱闘している観客よりは好きですね。まあ、勝って良かったよ。大したものだ。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ