※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2007/4/25  23:59

4月25日(水)  ロケットサラダの日記
将棋が好きな人はクリックしたら拡大画像になるから見てね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

父に大便をしたくなって路上駐車をして駐車違反で捕まった事を報告すると、怒られた。また、金かと。「もう今度からはナイロンの袋を持って車の中で大を受ける様にせなしょうがないのう」と言われた。ほんまかいな。他に方法がない以上そうなった時はやるしかないのか。

「小便は立ちションせえ」との事。

私は以前働いていた頃にも、作業が進行している途中の現場を離れる事が出来なくて度々うんこを漏らしていた。その時は後でトイレに行って、お尻を拭き、パンツを捨てていた。尿意と便意(特に便意)には弱いのだ。

今の会社は機械に使われている訳ではないから、途中で行く事が出来るのでその心配は要らない。

父も、異常に尿意を催すのが早く、しょっちゅうトイレに行っている。私が入っていると「まだか、はよ出てくれ!」と扉の外で喚いているのだ。間に合わない場合はお風呂でしている。

車で遠出する時などは大変だ。家から出て3分ぐらいしか経っていないのに催す時もあった。でも、あれは母や妹が死んでウロが来ていた時だから特にそうだったのだと思っている。今はもうちょっとマシになった。

私は父をとやかく言えない。自分もウロが出始めているから。

それとも親子だからやっぱり似ているのかなぁ。なんせ幼稚園児、小学生の頃から大便お漏らしはしていたから。誰かに見つかったら何を言われるか分らないので、恐怖の日々だった。

大便の思い出はそこそこある。たぶん他の人以上にあると思う。

指はバイザ何とかという機械でリハビリしてきた。それは気持ちいいが、指を使う作業の時はまだ痛い。今のところまだしょうがないと思っている。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ