Depressed human input and output.
HN:ロケットサラダ
♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡
※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。

2004/12/26  14:46

生きるための最善。  病状・生活
既に、過去のことになったが、高熱が出て今までにない苦しみを経験して、死の予感を感じた。身体が死んでいくような感覚を感じていた。あのまま何も手を打たなければきっと死んでいただろう。苦しみでのたうつ私の身体を旦那さんはずっとさすっていた。旦那さんも私と一緒に苦しんでいた。私は生きるための最善の手段を考えていた。抗生物質を飲んだ。病院に電話した。鎮痛解熱剤を飲んだほうがよいのか、悩んだ。痛みを感じなくなってしまったら、死んでしまいそうだった。熱が下がったときに死んでしまいそうだった。それでも、苦しくて鎮痛解熱剤を飲んだ。

朝になって、熱が下がり痛みが楽になったら、やっと自分が死から逃れられた感じを味わう。私は生きていた。

病院で主治医に診てもらうと、主治医は「これで、死んだ人はいないよ、生きて帰れるよ。」と私の心を見透かすようなことを言った。肺炎を起こしていなかったことが幸いだったのだ。私の思考は、もうその時には、死ぬということより、次回の治療のために、最短の道で回復することを考えていた。そのまま病室まで車椅子で運ばれる。

ベッドにたどり着くとまた寒気が出て、熱が上がって痛みが出た。若い女の医師が点滴を入れにきた。なかなか、点滴は入らない。すまなそうにしてる若い医師に私は「大丈夫、点滴の痛みより身体の痛みの方が強いから」と慰めるつもりで言ったのだが、若い医師は「我慢しないでください、○○さん」と叫んでいた。私は我慢してるつもりはなく、耐えているだけだったのだ。自分が生きるための最善を尽くしたかった。楽になりたいのではなく生き続けたいのだ。そのためだったら、痛みでも熱でも耐えたかった。

私は身体の消耗を最小限にしたかった。強い解熱剤は使いたくなかった。電気毛布より湯たんぽが良かった。そんなことを看護師や医師にわかってもらうのに、私は闘わねばならなかった。寒気がある私に「氷枕は必要か?」と聞く看護師に「今はいらない」と言わなければならなかった。
                (つづく)
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ