2004/6/21  15:34

再発して(入院生活2)  再発して
私が、入院して、できる事といえば寝て、少しの食事を食べて、やっとトイレに行く。こんな状態であった。
癌になって、再発するまで、私はいくつかの本を読んだ。日々の忙しさに追われながらも、病気のことを、ほとんど忘れることができず、何かを捜し求めていたからだろう。
その本の中で自宅から2冊持ってきてもらった。
一冊はアンドルー・ワイル氏の本である。私はこの本の中に出てくる「奇跡的に治癒」した人々の物語を何度も読んだ。
ともすると、絶望に陥りそうな気持ちを支えてくれたのである。
もう一冊はチャールズ・V・W・ブルックス氏の本(「センサリー・アウェアネス」)である。私はこの本を読みながら(眺めながら?)ただ、寝てること、座ること、呼吸すること、そんなことを通して自分を感じることで、心地いい状態になることを知っていった。
姉が面会の度に、香りのよい花を持ってきて飾ってくれた。吐き気が続き、少しの嫌な臭いにも敏感になっていた私にとって、よい香りは安らぐものだった。
私が一番リラックスできたのは、音楽を聴いているときだった。ベッドに寝て、または座って深呼吸したり、夜、いろいろな雑音により眠りを妨げられるとき、音楽はとても効果的だった。
鳥の鳴き声や川の水の流れる音などの自然音やギターの柔らかい音が心地よかった。
イヤホーンを使いすぎて耳が痛くなってしまったのは困ったが。
治療や検査の合間に、また治療しながら、少しでも気持ちよいことをしようと思ったのだった。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ