2004/7/2  2:09

治療について(化学療法編2)  再発直後の治療
アドリアマイシンからピノルビンというアドリアマイシン系のに変わり、それとともに5−FUの動注療法は一年半ほど続いた。途中エンドキサンの内服も同時に試みるが副作用が強くて断念する。
それとともに、リュープリンの注射とノルバテックスの内服によるホルモン療法。
その後は、タキソテール、タキソール、エンドキサン、フルツロン、ゼローダ。
ノルバテックスからアロマシンに変更されてる。
リュープリンは60回近く打っているだろう。
3年前からアレディアを二週に一回使ってる。
期待してたハーセプチンは適応外であった。

最初の頃は何をどのぐらい、いつと細かく記録していたが、いつの頃からか、それもやめてしまった。
様々な副作用を経験してきたと思う。
主治医曰く、私の身体はあと、アドリアマイシン系の薬とエンドキサンをもう少し使えるそうだ。
白血球が回復したら、その薬を使ってみる予定でいる。

この5年近く、治療を休んだことは殆どない。今回一ヵ月半治療を休んでいるが、こんなに長く治療を休むのは初めてである。(ホルモン療法、アレディアは継続)

生きることに悩み苦しみながらも、治療できる体調を維持することの難しさ、自分をコントロールすることの難しさを痛感してる。
食事や睡眠、動くこと。健康を維持するのに当たり前なこれらのことを、副作用と癌の症状に耐えながら、いつまで続くかわからないこの治療を継続するために、地道に行っている。
否、治療のためではない。生きるためであろう。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ