Depressed human input and output.
HN:ロケットサラダ
♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡
※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。

2004/9/30  21:48

新薬。  病状・生活
今回の薬は、点滴中から胸苦しさ、咽が詰まる感じ、肝臓部の痛みがあった。血圧もかなり上がっていた。苦しかったせいだろうと思う。点滴が終了しても1時間ほどベッドから起きることが許されなかった。
心臓への負荷があるのかもしれない。ACとどちらが辛いのだろうか・・・。

今日は昨日より幾分良い。朝から天気も割合良く、溜まっていた洗濯物をした。でも、午後から、また胸苦しさ復活。珍しく30分ぐらい昼寝をして、少し気分がよくなった。
夕方旦那さんが帰ってきて、一緒に買い物に行った。Tシャツとズボン、緩めの下着。息苦しさ、胸苦しさがあって、ゆったりしたものが着たくなったからだ。私のこだわりは綿100%じゃないと嫌なこと。肌触りは重要だと思う。
一人より二人で買い物をしてたほうが、なんとなく買い物だけでも幸せな感じがする。
夕飯作りはパスして、お弁当もついでに買ってきた。
0

2004/9/29  15:51

元同僚の訃報と治療。  病状・生活
月曜日に、元同僚の訃報を聞いた。自殺だった。
彼女と一緒に仕事していた頃は、良く話もしていたし、自宅に遊びに来てくれたこともあった。また彼女は大腸の難病を患って(癌ではない)おり、病人仲間でもあった。病気を持ちながら働いていた。私よりも若い。まだ30代だったと思う。結婚していず一人暮らしだ。私が退職してから一度も会ってない。彼女はどうしていたのだろう・・・。何故死んでしまったのだろう・・答えの無い愚問を問いたくなる。孤独だったのだろうか?未来に絶望したのだろうか?死んでしまったら話もできないよ。

今日は朝からステロイド剤を飲んでいるが、背中が重い。胸苦しい。ほとんどベッドでゴロゴロしてる。何もかも面倒に感じる。台風の影響で大雨が降ってる。精神状態も悪くなっているのではないかと思う。
0

2004/9/29  5:02

疲れた〜。  現在の治療
今日は病院の日。でも昨夜、びっくりすることがあって頭は治療のことと、そのことが交互に浮かぶ。
旦那さんが仕事を休んで一緒に病院に行ってくれた。それでも疲れるね、病院は。

腫瘍マーカーの結果は横ばい。ひとまずほっとした。悪化してないだけで嬉しい。
でも、薬はナベルビンに変わった。これから毎週の治療に変更だ。効いてくれるといいけどな。切なる願い。

なんだかんだと言いながら、新薬で繋げている私なんですよね。
薬剤師から副作用の説明の時「調子が良いからってひょこひょこ出かけないようにと」釘を刺されてきた。
今回の治療は毎週なので、気を抜く時間は確かになさそう。
0

2004/9/27  15:19

明日が恐ろしい。  時々の気持ちなど
と言うのが、正直な気持ちである。3週間前のショックが蘇る。今回も腫瘍マーカーの検査は否応なしに入ってる。今の薬も効いてないのではないかと思ったりする。
効いてなかったら、効果は低いかもしれないが別の抗がん剤をまた使ってもらう事に決めている。副作用に耐えられるうちは、他の治療法が見つからないうちは抗がん剤を続けていくことに決めている。今はそういう気持ちだ。

今日の気分にぴったりな詩を引用させていただく。

 世界がほろびる日に
 かぜをひくな
 ビールスに気をつけろ
 ベランダに
 ふとんを干しておけ
 ガスの元栓を忘れるな
 電気釜は
 八時に仕掛けておけ
 
        石原吉郎

自分の気力、体力以上のことをしようとするとしんどいので、自分の出来ることだけをやっていこうと思ってる。
1

2004/9/26  18:47

買い物。  病状・生活
昨日、今日と電気屋を何軒か歩き回って、浄水器を買った。
しかし、家に帰ってネットで同じ浄水器を調べてみると、5000円ぐらいネットのほうが安い。
買ってくるまでは目の前に品物がないので、イメージしにくかったが、何度見ても同じ品番だし、同じ商品だ。
二日間のエネルギーを費やして高いものを買う。電気屋さんで店員のおばさんの間違いだらけの商品の説明を長々と聞く。家に帰って説明書をみたら、部品を買い足さないと設置出来ないことに気付く。
もうー、引き籠りになろうとも買い物はネットでするー。
0

2004/9/25  20:59

私、物欲モード。  病状・生活
何気に色々なものが欲しくて、今日も買い物。電気屋さんなどをフラフラとしてきた。

帰りに、家の近くのチャンポン麺が美味しいラーメン屋さんで食事。その時、気付いたんだけど、旦那さんは既に失業者モードに入っており、いつもなら餃子まで頼むのに「そんなに大盤振る舞いは出来ないな」と言って、チャンポン麺のみオーダーする。でも、最近食欲ないだけじゃないの?・・節約モードに入るの早いな。

結構、動き回って昨日より疲れた感じ。三連休も残すは明日だけ。何をして過ごそうかな。
0

2004/9/24  19:10

三連休〜。  病状・生活
ゼローダが今週の火曜日で終了してから、かなり元気である。(2週間服用)
今日から旦那さんは3連休。昨日、夜勤明け。今日は二人で昼ごろ目が覚めてから、豆腐の専門店で遅い朝食兼昼食を食べ、マッサージ&買い物をしてきた。

マッサージはいつものお店。今日は思い切って、若い女のマッサージ士さんに「病気の治療中で帽子なのよ」と話してみた。彼女は「はい、わかってます」って答えてくれた。私が「帽子がすっぽって取れちゃうかも」って笑ったら、彼女も笑ってくれて、今日はリラックスして、マッサージが受けられた。よかった〜。

家に帰ってきたらさすがにちょっと疲れていたが、不調というほどでもない。旦那さんの転職のための本を購入してきたので、それを読んでのんびりした時間を過ごした。
0

2004/9/23  19:43

結局。  病状・生活
旦那さんは仕事を辞める事にした。
本当にこれでよかったのか私にもわからない。でも旦那さんが決めたことだし、私も三交代がきついという現実がある。
もしかしてこれからの生活の方がきついかもしれないけど、二人で食べていければ多くを望んではいないので、力をあわせて暮らしていこうと話した。
新しい未来に向けて生きていこうと言う希望がある。
ともかく、今大切なのは生き延びることなんだ。
0

2004/9/22  19:10

私の治療計画3  私だけの道、治療計画
代替療法:私が今行なってる代替療法は丸山ワクチンと漢方薬である。再発してから少しずつ色々な療法を試みてみたが、私に劇的に効果があるものはなかった。漢方は以前に二年ぐらい飲んでいたものをまた、始めた。丸山ワクチンは今回初めて使用する。この二つを選択した理由は、それぞれに含まれる成分が免疫力向上などの薬効で保険医療として使われている点だ。また、長い歴史がありその歴史を超えて続いている点もいいと思った。
栄養補助食品としてミキプルーンを取りいれたが、これも長く使われている点がよかったのである。
これから、再度イメージ療法も始めてみようと思うが、この療法も多くの分野で精神的安定など、リラックス効果や免疫力向上、疼痛の緩和などを脳から試みてるので、取り入れたいと思ってる。
どれも単一では効果は低いだろう。

いろいろなものを組み合わせながら、癌の成長を少しでも抑えていきたい。
0

2004/9/21  17:26

私の治療計画2  私だけの道、治療計画
精神の安定:私は「考える」という行為が行なえることで不安定な状態から安定な状態になるのではないかと思っている。大きなショックを受けると頭が混乱して、自分がどうしていいかわからなくなる。そこで思考は止まる。思考の壁につきあたるのだ。最近も私はこの状態に一時的に陥った。検査結果を見たときだ。ただ、この時私は、最初の頃と違うのはこのことを既に予見していて、主治医に矢継ぎ早に質問していった。(質問が出来た)主治医からは希望を持てるような話は聞けなかったが、それも予測していたことだった。しかし主治医との長い相談は混乱から抜け出す手助けとなったのである。診察後も、点滴室で今度は看護師が話を聞いてくれた。自分の不安な気持ちを誰かに表出することで、頭の混乱が収まり、またその時適切なアドバイスなどもらえたら、壁を越えて「考える」ことが出来るようになる。受けたショックの大きさ、体調などで、このサイクルの時間の掛かり方は違うように感じる。混乱してるときの精神的エネルギーの消耗は激しいのではないかと思う。こうして日記を書くことも私の安定をもたらしていると思う。

つづく。
0

2004/9/20  14:34

私の治療計画。  私だけの道、治療計画
主治医はいつも抗がん剤などの治療計画を立ててくれる。あまり計画通り進んだことはないが、それを元に評価しながら次のステップに進んでいくには計画表があったほうが整理されやすい。しかし、計画はあくまで計画だ。
ここ2週間あまり(検査結果のショックを受けて)自分の今まで行なってきたことを振り返りながら、全体的な治療計画を考えてきた。
私の計画は西洋医学のように論理的ではない。また、実証されているものでもない。また、かなり個別的なものだ。
計画の柱となるものは、今までも何度か書いてきたが、食事、睡眠、動き、精神安定の4つである。それに今回は、代替療法を加える。

食事:今までと基本的には変わらないが、(幕内秀夫氏の乳癌の食事に準じてる)生活リズムを整えて食事時間を一定にすることで、胃の負担を和らげる。長時間空腹にならないように気をつける。(現在ガスター20という胃薬服用中)油、砂糖が多く含まれる食事を避け、なるべく栄養価の高いものを食べる。美味しいと感じられるものを食べる。抗がん剤治療中は粘膜が弱ってるので刺激物を避ける。栄養補助食品としてミキプルーンを摂る。

睡眠:一日8時間の質の良い睡眠を目指す。生活リズムを整え寝る時間を一定にする。寝る時間の一時間ぐらい前から、リラックスできるように準備する。(静かな音楽を聴く、気持ちがほんわかする書物を読むなど)身体の痛みがある場合は、シップしたり、最悪痛み止めを服用して痛みをとる。体力があればマッサージや温灸、入浴も良いかもしれない。深呼吸がリラックスに役立つ気がする。呼気を長めにすることと軽く息を止めるのは気持ちがよい。あまりしすぎると疲れる。しばらくは睡眠薬の助けをかりる。

動き:基本的には身体が苦痛を感じないように動く。常に身体の声に耳を傾けている必要がある。動けない時は仕方ないのだ。運動と労働を別に考える。長時間同じ姿勢でいない。(一時間以上は安楽な姿勢でも同一姿勢は苦痛だ)一つのことを行なう時でも、休憩をちょこちょこ取るようにする。何かを行なう時でも神経の集中は20分以上は限界だと知る。それを超えない。

つづく。疲れたので後は明日に。
0

2004/9/19  21:14

食への執着。  病状・生活
昨日、久しぶりに外食に出かけた。このとこ体調が良いので、ちょっと長く車に乗っていても苦しくならずに済んだ。
垂水という駅の近くにある「増田屋」というすし屋さんへ行った。旦那さんが「そんなに遠くまで車に乗って大丈夫?」って心配してくれたが、ボタン海老とアナゴのお寿司がどうしても食べたかったのだ。
この一週間ぐらい、ボタン海老とアナゴのことばかり、食べたいなーって。
テレビやネットで美味しいものをみるたび、食べたくなって困る。食べたいときに行ければいいけど、このところ外出が困難だったので、なかなか行けず、そうなると執着心って高まるものだと思った。
やっと、昨日食べられたので嬉しかったし、満足した。動悸も息切れもなく帰ってこれた。
0

2004/9/18  13:39

イメージ療法。  病状・生活
癌が再発して、最初の頃イメージ療法に通っていたことがある。何回か通ったが途中で挫折した。金額が一時間一万円と高かったことや、その当時、精神的に不安定で、いくらイメージしようと思っても、悪いイメージしか出来ず、上手くいかなかったことも続けられない一つの要因だったと思う。

でも、私はアンドルー・ワイル氏の本を読んでいたおかげで、再発=死という最悪のイメージを持つことなく、希望を持ち続けて今まで闘ってこれたのだろとも思う。

再発して多くの本、多くの人々に出会い、私の希望は繋がれてきた。
病院での検査結果の事実に打ちのめされながらも、私の心の希望は今も燃え続けているのである。

もしかして、この日記を読んでくださっている方々は、今回の出来事で私が絶望してしまっていると感じているかもしれないが、絶望はしてない。
でも、楽観もしてない。それが私の今までのスタンスである。(癌という病気が甘いものでないのは骨身に滲みてる)

この5年間、薬の効果で病気のことを忘れてしまうぐらい(忘れたことは実際無いけど)のんびりと、日常を楽しむ時間もあったが、今はのんびりしてられなくなったということだ。

イメージ療法に話は戻るが、昨日久しぶりに自分で行なってみた。そうしたら、当時一回も出来なかった、癌が光に変化し身体を抜けていくというイメージが出来た。
ちょっと嬉しかった。また、イメージ療法の先生に通いたいけど、引越ししたので同じ先生には通えないのが残念。(東京の先生なんです。たぶん日本の第一人者かな?)
関西、近畿方面でイメージ療法のこと知ってる方いましたら、教えてください。
0

2004/9/17  14:23

旦那さんの仕事。  病状・生活
夕べ、旦那さんの仕事について二人で話をした。

私は、今までのように旦那さんの三交代にあわせて生活することは体力的に無理だということ。しかし、すれ違った生活をして二人でいる時間が短くなるのは嫌だということ。出来れば、退職してしばらく休んでほしいということを伝えた。
長年勤めた安定職、旦那さんの将来色々頭を掠めたが、私の思いは伝えた。

今日は旦那さんが上司と面接する日だ。どのように決めてくるかはわからない。でも、わかっているのは、その結果は二人で生き抜くためにベストだと思って旦那さんが決めてくるんだろうということ。
0

2004/9/16  15:04

適応。  病状・生活
もうすぐ、週末だ。旦那さんははお疲れの様子。

私は相変わらず、苦しくならないように動いている。なので、旦那さんがお疲れでもあわせることもせず、ひたすらマイペースだ。自分の身体に従って動いている。それが苦しくならない私の今の方法である。
やはり人と暮らしてると、私は主婦だし、家のことは自分の仕事としての意識があるので、多少無理をしてでも、ご飯を作ったりしてしまう。そうしたい気持ちも強いから。
その後、どっと疲れたりするけど、休めば回復するので一時的な苦しさは今まで我慢していた。それに前は苦しくならないで出来ていたことも今は、我慢しなければ出来ないというふうに身体がいつも変化してるので、予測がつかない。
健康であれば、多少の疲れも身体のしんどさも当たり前だし、一日寝たら次の日元気になってるからそれでいいのだが・・。
こういうふうに書いてると老化になかなか適応できない老人のような感じだ。

特に毎日これといったことはないけど、旦那さんと一緒に食事したり、のんびり話をしたりして、穏やかな幸せな日々でもある。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ