Depressed human input and output.
HN:ロケットサラダ
♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡
※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。

2004/12/7  23:44

だるさ対策。  病状・生活
今日は昼ごろ目が覚めて、一日だるくてゴロゴロしていた。熱が出そうな感じがあったが熱は出ない。癌の患者は一様にだるさがあるようだ。私も再発したころ、だんだんとだるくて仕方なくなり、仕事に行くのも地獄のような日々だったのを思い出す。その後、抗がん剤が効き始めてかなり元気になった。
再発したときは既に癌性の悪液質の状態になっていたのだろう。

癌は色んなホルモンを分泌するらしい。私の場合は骨を溶かし、血液中のカルシュウムを上昇させるホルモンを分泌するらしい。カルシュウムの上昇がおこると、血液の電解質のアンバランスがおこり、だるくなって、喉が渇く。

今日のだるさがその頃のものと同じかなと考えていた。でも、よくわからなかった。
だるさの改善として、栄養を十分取ると良いと書いてあったので、ミキプルーンやクロレラを飲んだり、バナナを食べたりしていた。ビタミン剤もいいのかな?
青汁も買ってあるんだけど、不味くてさすがに飲めない。

そんな一日だったが今頃になって少し元気が出てきた。ただの夜型生活のせいだったのか?(だるさ)
0

2004/12/7  0:47

食欲低下と食欲増進。  病状・生活
食欲だけが取り柄の私の闘病生活だ。吐き気があっても何とか食べて乗り越えてきた。私の唯一の取り柄が最近、翳りをみせている。

治療の影響だと思うが、口腔の粘膜は未だ口内炎状態で、きっと胃の粘膜も荒れてその影響だと思う。何食べても味が今一歩しないし、小さい茶碗に8分目のご飯を食べるのが辛い。

ところがそんな食欲が一気に出る時間がある。それは睡眠薬を飲んで布団に入っても眠れず、だらだらしてる時間だ。そうたった今なんですよ。さっきサツマイモの干し芋を食しました。美味しかったです。吐き気全くありません。睡眠薬を飲むと何故かお腹すくんですよ。これ本当ですよ。

そして眠れない夜に間食を重ねている私でした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ