2005/2/12  13:58

かなりいい具合。  病状・生活
今日も順調に回復してる。熱も出なくなり痛みも殆どない。抗癌剤の副作用から解放されると癌の症状が良くなってる感じを味わえる。足の痛みもすっかり無くなって歩くのが前より早くなってる(笑)。それに身体のなんとなくだるい感じがないので、とても気持ちいい。辛い治療に耐えた成果を感じるのは嬉しいことだ。

これから、次の治療までつかの間の安息日のようだが、体調回復の為徐々に家事ややりたい事に勤しみたい。

そういえば、昨日いつも読ませて頂いてる再発癌の方のブログを見たら、癌が消えたという記事が書かれてあった。その方も辛い抗癌剤治療をなさっておられた。「癌が消えた」このことはどんなに嬉しい事だろう。それで治療がすべて終わりになる訳ではないが、そのことが大きな希望になったことと思う。私も人事ながら嬉しかった。同じ再発癌を治療なさっている方がよくなるのは私自身の希望へとも繋がる。

私の癌は、治療によって消えたことがない。縮小したり悪化したりを繰り返して今に至る。癌の経過は様々だと思う。抗癌剤が全く効かない人もいるし弱い抗癌剤でも効く人もいる。また強く使うことで効く人もいる。抗癌剤への感受性が違うのだ。それに癌の転移場所や癌そのものの悪性度や癌の大きさによっても経過が違う。骨、胸膜、局所再発は寛解しやすく、内臓特に肝臓は厳しい。また、癌の大きさによって治療も違う。癌の成長のスピードもゆっくりな人と早い人がいる。肝臓で多発性でなく小さければ手術も可能だ。手術出来るとまた予後が違う。手術によって一応目に見える癌は取り除け、癌が消えた状態になるからだ。私はたまたま抗癌剤の感受性が良かったので、最悪の状況からの治療だったがなんとか今も生きてるのだろう。

癌が消えるというのは素晴らしい。私は今を繋ぐ治療をしてるが、やはり癌が消えてくれればそれはきっとものすごく嬉しいと思う。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ