Depressed human input and output.
HN:ロケットサラダ
♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡
※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。

2005/9/30  21:14

前向きなのか後ろ向きなのか判らない私  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
THE B−52’s『THE B−52’s』

プログレ好きの私が最近プログレを聴いていない。キング・クリムゾンとかピンクフロイド大好きなのにな〜。最近はニューウェーブっぽいものとか、妻の影響でフォーク系の日本人アーティストばかり聴いている(言葉が解かるから)。昨夜、寝る前にガロのベスト・アルバムとTHE B−52’sの『THE B−52’s』を聴いた後、クランプスを掛けながら睡眠薬を飲んでベッドに横になった。

毎日、昼夜問わず眠気がある日が多いのだが、寝付くときはスカッと寝付けないし、起きる時もサクッと覚醒せずふらついている。目の焦点も合わず、ダブって見えてしまうのだ。ある程度シャキッとするまで横になっていればいいんだけど、身体だけは起きて動こうとする。起きた後でも睡眠薬の効果が残っているのか? 今度先生に相談してみよう。とにかく車の運転だけは要注意。だから、今日は目覚めた時、完全な覚醒が得られるまでもう一度寝た。そしたら日中快調だった。人身事故を起こしてからでは遅いからよく自覚して行動しなくちゃな。

あまり調子がよくないときは脳はどんよりしており、後ろ向きになりながら前に向こうとしている。愚鈍である。職業訓練が始まるのは10月4日からなので、それまでにしたいことはCDラックをもう一つ自作する事と、出来ればレコードラックもいつでも取り出せるようなものを自作したい。あと、編み物の初歩をもう一度教えてもらう事だ。取り敢えずこんな事をのんびり進めて行こう。

これらを済ますことが出来れば一応は思い残すことなく職業訓練に挑める。呑気に学校なんかに行っていて大丈夫なのかという気持ちもあるのだが。しかし、なんだか、代わり映えのしない日記ばかりで進歩がないな。

でも、今日はそのCDラックの下半分を製作した。10月始めにお客様が来られるので少しでもスッキリした部屋にしておきたいのだ。けなげな私。

妻が旅立ってから今まで、あまり妻の過去ログを見ることができなかった。でも、今日はなんとなく見る気になれたのだ。去年の今日の日記を読んでみると、多剤耐性で使える薬がなくなって追い詰められた心境の頃の記述だった。あの頃は12月になれば新薬であるナベルビンが出るからそれまでなんとか繋ぐんだと必死だった。でも、主治医が前倒しでナベルビンを使ってくれたんだよね。ぎりぎりのところで希望を繋いだんだっけ。じりじりと近づく死に追い詰められ、泣いていた事もあり切なかった。

あれから一年経つんだな。そんなに経っている事が信じられない。妻は最後まで闘った。癌の勢力に対して自分が出来る事は微々たる事しか残ってなかったが、それでも希望をもって生きようとする妻は全力を傾けて取り組んだ。ちゃんと食事を摂れるよう努力したり、食後1時間は横になってじっとしているとか、寝不足にならないように眠剤でコントロールしたり、生活リズムを整える為に早目に寝て朝に起きるという様な事だ。その頃私も会社を辞める決心を固めていた。

これから毎日、妻の去年の今日の日記を読み返して行くかも知れない。でも一年経つというのにまるで最近の事の様に思えてしまうんだよね。
0

2005/9/30  13:19

なんとなくネット回りをしていたら何点か感慨深いものがありました。以前コメント欄で教えてくださったものも含めて一旦ここに残そうと思います。ちょっと心が震えたものですから。

クリックすると元のサイズで表示します1.Disappointed Love

2.WALKING TOUR

3.
0

2005/9/29  21:39

マイ・ウェイ  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
森山良子『ライブ』

6時に起き、朝風呂へ。その後グテッとしばし寝転ぶ。そうしているうちに時間が近づいてきてご飯を食べて出掛けた。職業訓練所の入所説明会は滞りなく済んだ。2時間近く行われたが、その間非常に眠たかった。その後、ラーメンを食べて本屋に寄ったが眠気が強く、帰ることに。車の運転時も居眠り運転をしそうで非常に危ない。そのくせ何故か急発進・急停車気味の運転。最近この傾向が強い。

日頃飲んでいる薬にそういう作用があるのだろうか。以前には考えられない事だからだ。もしかしたら、薬を飲まなくても大丈夫なのかもしれないが、大丈夫じゃなかった場合のことを考えると、やはり飲むに限る。冷静に考えてみても、まだ、脱し切れていないのは明白だし。人間そうそう簡単に変われるわけがなく時間や心の経験とともに徐々に移り変わっていくと思う。だから、眠気との格闘は甘んじて受け入れよう。というかずっと変わらないのかもしれないけど。

帰宅してからはトラックバック・スパムを削除しながら、Nick Cave & The Bad Seedsの『Henry's Dream 』(CD)と一昨日買った森山良子さんの『”ライブ”』(LP)を続け様に聴く。ニック・ケイブは情念の塊みたいな歌を歌う。バッド・シーズの演奏も素晴らしく、聴き応えのあるアルバムだ。

森山良子さんの歌は、可憐で声が綺麗。優しさが醸し出されている感じも好きだ。歌詞を聴きながら音楽を聴いていると、なんだか生牡蠣の様な心で生きる妻を思い起こす。

例えば、

”愛の歴史”
「あなたに今逢えたの 探していた あなたに   私はなぜ この世に来たのか 答えを知ったわ これからは 命が消えるまで 愛の道 あなたと歩くのよ 小さな歴史をきざみながら この世界 二人で生きてゆくの」(山口路夫作詞/川口真作曲)

”マイ・ウェイ”
「やがて私は この世を去るだろう 長い年月 私は幸せに この旅路を 今日まで生きてきた いつも 私の やり方で」(岩谷時子訳詞/J.Rwvaux作曲)

その他にも心が震える歌詞が満載だ。妻はこういうのが好きだったんだな。私が聴くのは主に洋楽だから歌詞よりもメロディとかリズム、楽器の音色などを耳で追う聴き方なんだけど、妻の聴き方は歌詞を追う聴き方なのだ。その為、私もその影響をかなり受けて現在はフォーク・ソングなどもよく聴く様になった。好きな人からの影響って思いの他大きいものだ。

ジャケット写真の写り方はなんとなく中島みゆきさんみたい。現在息子さんが歌手として活躍しているけど、そちらの方もやっぱり声はいいですね。テレビで観た感じでは。

今日は日中暑かった。車のハンドルが握れないほど過熱していた。朝は寒かったのにな。
0

2005/9/28  20:59

アナログを求めて  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
森田童子『グッド・バイ』

昨日遠出して疲れたと言ってたのは実は元町にレコードを物色しに行っていたからなのです。取り敢えず先に一昨日買った不良品のレコードを返品して、レコードのメッカへリベンジに挑んだわけです。と言うのも先日設置したレコードプレーヤーが私をつき動かすのです。

お目当ては妻との思い出のアーティストの森田童子さん、佐藤公彦さん(ケメ)、森山良子さんのLP。店はそう、私が20年ぐらい前から全幅の信頼を置いている”ハックルベリー”。ここは掘り出し物も多く値段も良心的で、検盤も適切にしているはず。20年ぐらい前スペンサー・デイビス・グループのアルバムが欲しくて相談したら外国から取り寄せて電話までしてくれたもんな。そこまでしてくれるなんて感激したものだ。

神戸元町界隈ではここが一番と言っておきましょう(本当は極秘にしておきたいんだけどね)。そこで森田童子『ラスト・ワルツ』、佐藤公彦『落書き』、森山良子『”ライブ”』、『オン・ステージ』、テンプターズ『カスタム20』を購入。丁寧に買った枚数分の保護ビニールを付けてくれる。レコードを大切にする人の気持ちを判っている。ていうか一枚余分に付けてくれていて感激。

その後、駐車料金を気にしつつ、せっかくここまで来たのだからともう一軒ハシゴすることに。今度は高架下の”FREAK OUT”だ。ここでは森山良子『COLLEGE FOLK ALBUM』、佐藤公彦『オン・ステージ第1集』、森田童子『グッド・バイ』、『東京カテドラル聖マリア大聖堂』、山崎ハコ『軌跡』を買った。この店は量的には豊富であるが保護ビニールは付けてくれなかった。

ここに書いた三アーティストは、妻と聴いた思い出が深く、なんとかインターネットからダウンロードして聴いたものだったが、今、こうして原盤を所有して音楽を体験できる。これらのレコードは私一人のものだと思っていない。妻と共有しているつもりなのだ。二人で音楽を聴く。そこでは心の対話が行われているのだ。そうこの体験を二人で共有するのだ。買っちゃったよ〜○○。一緒に聴こうね。

これらのアーティストをご存じない方もおられると思いますが、もし機会があれば森田童子さんの「さよならぼくのともだち」を聴いてみて欲しい。私は妻に勧められて初めてこれを聴いたとき震えるくらい心に染み入って来ました。この一曲に森田童子さんの持っている全てがあらわされていると思っています。

ムフフ、やっぱりレコードはいいな。無味乾燥なCDとは比較にならない。ジャケット自体が既にアートだもんな。

というわけで元町駅にあるうどん屋でなんとか言ううどんを食して岐路に着いたのだが、うどん、美味しかった。珍しくうどんで感動してしまった。550円という値段も支持する。今度行ったらまたそこで食べよう。

今日は曇天で少し雨も降ったがこれぐらいの気候でちょうどいい。明日は職業訓練所の入所説明会。作業服の寸法測定とか教科書配布があると思われる。印鑑とか持っていかなければならないものがあるはずだから明日の朝にでも準備しよう。
0

2005/9/28  12:11

健全な交流をしよう  ロケットサラダの日記
今日起きて自分のブログを見てみたら、各エントリーにそれぞれ鬼のようにエロ・サイトからのトラックバックが入っていた。必死で削除しまくって、薬をもらいに病院に行ってきたが、帰ってきて見てみると、またもや同じ事が! 再度削除しまくる。この分だと、まだやられるかもしれない。ブログ管理も楽じゃないな。

お気に入りに入れている他の人のブログも見てみたら入ってる入ってる。無差別攻撃だな。しかも女性のブログにトラックバックしてどうするんじゃい。

それと、ブログにメール送信先のアイコンを付けた時から、交際系業者からのメールがわんさか来る。どうなってしまったんだよう。誰かから普通に送ってくれた大事なメールかもしれないから一応確認はするけど、タイトルで判るから開きはしない。もう、紛らわしいから止めてください。私は、現在交際のことなんて頭にありませんから。

まだある。昨日寝る前にシャットダウンしたはずのパソコンが朝起きた時に点いていた。おかしい。別の人がログインしているからシャットダウンできませんとアナウンスが出ていた。一体どうなっているんだ。外部から誰かに操作されているのか? 

そういう人たちへ:インターネットは正しく使って、健全な交流を図りましょう。 
0

2005/9/28  8:59

幸せなひと時  ロケットサラダの日記
引越ししてから日一日と悪化を辿った妻の実家での一週間でしたが、そんな中でよく寝て気持ちよく目覚めたのか、起きようとする事がありました。自分では起きられないので「ねえ、○○、起きたいの、手伝って」と言うので、悩みましたが、今起こしてやらないと二度と起き上がる事が出来ないかもしれないと思い、手を貸し起こしてやりました。

その時妻は初めて部屋の中を静かに見渡しました。ゆっくりと。夕暮れ時でした。引っ越したばかりでダンボールなどが積まれたままの部屋でしたが。起き上がった妻が倒れないように支えながら、そっと寄り添い静かに抱きしめ、二人はキスをしました。

そしたら携帯電話が鳴り妻のお姉さんでしたが、「何やってんのよ駄目じゃない!」と心配させてしまいました。でも、私は妻の言う通りにしてあげたかったんです。その時夫婦二人きりで水入らずだったし。そして、あんまり長く起きていると疲れるから「そろそろ横になろうよ、疲れるから」と言うと珍しく素直に「うん、そうする」と言って、寝転んでくれました。

お互いに二人っきりだと思って嬉しかったので妻もニッコリして私と身を寄せ合い、幸せな時間が過ごせました。少しだけ穏やかに言葉を交わせたと思いますが、もう何を喋ったか覚えていません。ただ、その時幸せだったことを覚えているのです。その後お姉さんが飛んで帰ってきて「あんた達、何やってるのよ、もう〜、心配するじゃないのよ」と言われつつ、お姉さんと一緒に、変な方向に横になっていた妻を正しくベッドに寝かせました。

こんな日もあった事が救いです。この時の思い出にはホッとさせられます。

他にも咽が渇いたと言ってたくさん水を飲んでくれたり、たくさんスイカを食べてくれた時があった事も嬉しかった記憶です。何せほとんど食べられない飲めないで心配してましたから。少しだけビールが飲みたいと言うのでコップの底に3mmほど入れたものを飲んだ時もありました。「おいしい〜」と満面の笑みで言ってくれました。その量だとほとんど匂いだけしか楽しめなかったと思うけど、満足してくれたので良かったです。

人生のファイターは強く優しく、けなげで素直で厳しい人でした。そして、私と同じく天然なのでした。
0

2005/9/27  22:36

ブログの秋  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は調子よかった。今までコメント欄でURLを教えてくれた人たちのブログを観てほっこりしたり。時々不調になりはするが物欲が出てきた事でも判るように徐々に立ち直れてきている気がする。皆のおかげだ。返事を書けない事もあるけど、これからもよろしくお願いします。

ところで、私が思っているのは素敵なブログを書かれているのに人目につかずアクセス数が少ない場合があることだ。そういうブログは色んな人に見てもらえた方がいいと思っている。私自身読みたい。それにはただ更新しているだけでは駄目で自分から宣伝していかなければ人目につかない。

私自身、たくさんの人に見てもらいたい願望があるので、同じ思いの人は多いだろう。それは具体的にどうすればいいか。取り敢えず、どこかの掲示板に書き込む時は自分のURLを明記する。なんか、宣伝丸出しのような気がして気がひけるかもしれないが、名刺代わりということで信用も得られると思う。

単に通りすがりではないという表明にもなるからだ。そのことで同じHNであっても違う人なんだなという識別にもなる。

あと、ブログのポータルサイトに登録したり、そこでトラックバックをする。取り敢えず私が知っているポータルサイトは「にほんブログ村」である。あと、ポータルサイトかどうかわからないけど、「SiteRank」というところもある。「PingLiner」というサイトも有効だ。

私はブログを読むのが好きなので出来るだけたくさんのブログが自分の目に入ってくる状況が好ましい。だから、皆さんも、是非このようなサイトを利用して欲しいと思う。色んな人と交流できる事がインターネットのいいところだと思うから(まあ、仲間内で静かにやるのもいいけどね。)。

本当は、自分が気に入っているブログやHPを紹介したいのだけれど、勝手にリンクを貼ると迷惑だと思う人も居るのでなかなか出来ないんですよね。私自身は営利目的やアダルトサイト以外ならだいたいリンクフリーなんですけど。

私は現実社会での交流は不得手なので、インターネットではズンズン交流して行こうと思っています。それで、視野や世界が広がり生きる糧になる事を皆さんに教えてもらいましたので。ある意味、生きる方策と言ってもいいかな。

私にとっては、それぐらいインターネットは重要なものになっているんです。それに楽しいし。

今日はちょっと遠出して疲れました。山崎ハコを聴きながら転寝してしまっていたけど、これから本格的に寝ます。
0

2005/9/26  20:02

昨日、ネットでPRIDE武士道のリアルタイム速報を観ている途中、テレビでボクシングのミニマム級タイトルマッチ(新井田豊vsエリベルト・ゲホン)をやっていることに気付き、横になって観ていたら途中で転寝してしまっていた。それはまあいいのだが、一時間半後ぐらいに目覚めた時、ワケの分からない憂鬱な気分になっていた。なんか自分が嫌になるというか、厭世的にもなっているというか、とにかく理由が分からないんだけどおかしくなってた。

そういえば薬を飲んでないと思い即座に飲んだら、その後徐々にマシになってきた。自分ではこれは妻との死別の事とは関係ないと分析したのだが、どうなんだろうか。それとも自分では判らない部分で妻の死によるダメージがあるのだろうか。死にたいとか悲しいとかそんな感じじゃなくて、もう何もかも嫌気がさしてしまった様な嫌な感じ。

ブログだって他の人たちは読んだら元気になる様な記事を書いているのに、自分のは一体何なのだと思ってしまう。これって自己嫌悪というやつかな。なんか自分が凄く後ろ向きで人の生きるエネルギーを削いでいるような気がしてしまう。いかんなあ。人にどう思われようと自分は自分なのに。

PRIDE武士道の勝敗予想は、14試合中、13試合が的中した。惜しくも1試合外したがなかなか凄い的中率だと自分でも思う。外した1試合は郷野vsヘンダーソンの試合だったんだけど、私は郷野選手が好きだったのでファン心理が働いてついつい肩入れしてしまったのだ。冷静に考えればヘンダーソン選手は階級を落として来ているから強いに決まっているのに。元の階級でも強かったんだから。でも、まあいいや。郷野選手、夢をありがとう。また、これから頑張ってくださいね。応援していますので。

今日は本屋に行った後、なんとなくパソコン・ショップにも寄ってみたんだけど、奥山貴宏氏が使ってたキーボードが置いてあった。触ってみたけどやっぱり良かったな。欲しいけど6〜7千円するのでちょっとためらう。今使っているものが壊れたら買うかもしれないけど。

他にも色々とパソコン本体をみて回ったけど、今はCPU3.4GHzなんてのもあるんだな。メモリも1G搭載だって。ああ、意味もなく最強パソコンが欲しくなった。店内を回っているとあれもこれも欲しくなる。なんか、段々立ち直れてきたのか、物欲が旺盛になって来た。

クリックすると元のサイズで表示しますブログのコメント欄で音楽の話題で盛り上がったから”HARD OFF”にも行って中古レコードを物色した。以前行った時にフレイミン・グルービーズ のLPが280円ぐらいで売られていたから買おうと思って。が、今日行った時にはいくら探してもなかった。誰か買いやがったのかコノヤロ。でも、デビッド・スピノザの『スピノザ』があったので買った。780円と私的には高い値段設定だったが名盤とされていたのでいつかは聴いてみたいと思っていたのだ。内容的にはフュージョンで聴きやすく、ギターも上手いのだが、盤がよれよれで傷もついているのか針跳びしまくりで、まともに聴けたものじゃなかった。これだから中古レコードは怖い。値段も高かったので明日にでも返品を申し出よう。

驚いたのはこの店に来ていた初老の女性三人組で、エレキギターやギターのアンプが多く置いてあることにいたく感動していた事だ。安いとか何とか言って喜んでいたが、あの歳でバンドでもやっているのだろうか。粋だなあ。やっぱり、趣味に歳は関係ないね。

帰ってから音楽を聴きながら編物の練習をしようと思って編み棒と毛糸を持ったが、どうやったらいいのか一番最初の所を忘れてしまっていた。残念。また教室に行って教えてもらおう。まあ、ボチボチでいいんだ。ああ、音楽最高!

クリックすると元のサイズで表示します
BGM:アナーキー『亜無亜危異都市(アナーキー・シティ)』
0

2005/9/25  15:55

クリックすると元のサイズで表示します
バウハウス『イン・ザ・フラット・フィールド』

本日も朝起きた後、喫茶店へ行きました。家に篭っているのもなんだし、気分転換にいいかなと思って。ほっと一息ついてコーヒーを飲んだりサンドイッチを食べたりしていました。サンドイッチは塩を掛けて食べると美味しかった。ボーと物思いに耽ったりするのもいいですね。インターネットで素朴な交流ができるっていいななんて思ってました。それにしても、今朝は寒かったな。半袖Tシャツだと朝は限界かな。朝は自分の部屋では既に暖房を点けています。早くも30℃設定。

で、家に帰ってみると職訓から電気設備科の合格通知書が届いていました。よかった。9月29日に入所説明会があるので忘れずに行かなければ。ある程度軌道に乗り出したら医療事務講座のことも具体的に考えようと思う。さあ、これから忙しくなってくるぞ。

天井裏に仕舞っていたレコード・プレイヤーをオーディオ・ルームに設置した。これで、アナログ盤も聴ける。アパート時代に妻と使っていた思い出が詰まっているテーブルもそこに設置。かなり癒しの空間になった。部屋はこうでなくちゃ。この部屋とパソコンを置いてある寝室(いつもの部屋)とがこれからの私の生活のベースとなる。もう二人の愛の巣じゃなくなってしまったけど、これから私が生きていく巣だ。

クリックすると元のサイズで表示します取り敢えず設置したレコード・プレーヤーでバウハウスの1stアルバム『イン・ザ・フラットフィールド』を聴いていた。こうして聴いてみるとCDよりレコードの方が音がいい気がする。なんか音がダイレクトに耳に入ってくる感じがするのだ。昔、ジミ・ヘンドリックスやザ・フーのCDを初めて買った時も、あれ?こんなだったかな、と思ったものだ。もっと良かったはずなのになと。

友達から、もうレコードなんて聴く事も無く邪魔になるだけだから手放すように勧められていたが、これで状況が変わった。今はレコードがいとおしい。なんて素敵なんだ。ジャケットが大きいという点でもCDに勝る。ジャケット自体アートとして成り立つし。これでCDは廃盤になっていて入手困難なジミ・ヘンドリックスの『イン・ザ・ウエスト』もレコードで心置きなく聴ける。嬉しい。レコード針とレコードの溝が磨り減るのはCDに負けるけど。

こうして少しずつだけど生活しやすい環境を作っているのです。
0

2005/9/25  6:17

昨日、妻とネッ友〜付き合っていた頃の幾つか残っているIMのログを少し見ていたんだけど、恥ずかしい言葉を連発していた。愛してるとか好きだとかいう言葉を何度も何度も書いていて、今見ると恥ずかしい表現も使っていた。日付が打たれてないからいつ頃の話なのかイマイチ分からないけど、ある時期こうやって気持ちを確かめ合ってたんだなと思った。

その頃は仕事から帰ると妻を探してパソコンのスイッチを入れてたんだ。妻がONしてなくてもネットサーフィンをしながら来るのを待っていた。妻も私を探してONしてたんだ。仕事から帰って寝るまでずっとやってたな。そのうち電話をかけ合う様になって、「愛してるチュッ」なんてやってた。

初めて会ったのは立川という所だ。この時ばかりは私の方から行った。新幹線の中からメールを送って今どこそこの辺りだよ〜なんて入力しながら、近づくにつれてドキドキしてきたりして。

そんなこんなで付き合い始めたんだけど、その頃のIMは今考えると痛々しいな。妻はいつ死んでしまうか分からない状況で言葉を送っていたんだから。会った後、分かれるのは本当に辛かった。だって、もしかしたら永遠の別れかもしれないんだもん。さよならしたあと、妻はよく泣いていたみたい。私も、泣く事があったけど。切ないよね。

遠距離恋愛だったってことがまたそういう感情を煽るんだ。近ければいつでも会えるけど、遠いとそういう訳にも行かないからね。お金もかかるし。その後、仕事が忙しくて私の方からは休みを取って関東まで出向くという事は難しかった。だから、申し訳ないんだけど妻に来てもらってたんだ。私はその事を本当に申し訳なかったと思っている。何かと言うと仕事仕事で。妻は命に関わる病気を持っているというのに。

そんなこんなで、こっちに来てもらってアパートで一緒に暮らすようになった。紆余曲折色々あったけど一緒に居たかったんだ。大喧嘩をして別れようという話に発展した事もあったけど、何とか乗り越えてきた。色んなことを乗り越える度に絆が深まって行ったんだ。好きだからこそ乗り越えて来れた。言葉にするとふ〜んそうかで終わってしまうけど、最初の頃は精神的にも不安定で、現実にはとてもハードな日々だった。本当に信頼関係を築けるまでは。そして好きっていう事が愛しているという事に移行して行ったんだ。最後にはお互い一時も離れられない程になっていた。

昨夜、頭の片隅に妻の事があってなんとなく寂しいなと思っていたんだけど、ネット・サーフィンなんかをして過ごしていたら涙が出てきた。写真たてに入っている妻の顔がいつもと同じ様に私を見ている。でも、喋りかけてはくれない。私の気持ちが届かない所に行ってしまった妻。写真だけじゃ駄目で会いたい。想い出の中だけでしか会えないなんて寂しすぎる。

大声を上げて泣いたりはしないけど、やっぱり涙は出る。じんわりと。きっと今の自分はまだ、笑っている時でも泣いてたりするんだろうな。
0

2005/9/24  18:45

9月24日  ロケットサラダの日記
本日は本屋に行った後、家に帰って、プリンターを出したり、妻との思い出が詰まっている外付けハードディスク×2台をパソコンラックに設置した。これで、一応パソコンの周辺機器の設置は完了したかな。ラーメンも食べたし。あとはビールを飲んで寝るだけ。職業訓練校の合否の通知はあと2、3日で届くと思う。早く通学したいものだ。何もしない日々はもう飽きたから。なんにもなかったらろくな事を考えないからね。人と触れ合ったり、肉体を酷使する。適度に。これだね、やっぱり。今日はコメントでブラインド・フェイスの話題が出たからパソコンに取り込んでまた聴いちゃっているよ。音楽は素晴らしい。
0

2005/9/24  1:52

『PRIDE武士道GP 2005』勝敗予想  ロケットサラダの日記
PRIDE武士道GP 2005』(9月25日)勝敗予想

[1] ウェルター級予備戦:     桜井隆多 ● vs. ○パウロ・フィリォ的中
[2] ウェルター級一回戦:     郷野聡寛 ○ vs. ●ダニエル・アカーシオ的中
[3] ウェルター級一回戦:      長南 亮 ● vs. ○ダン・ヘンダーソン的中
[4] ウェルター級一回戦:    美濃輪育久 ○ vs. ●フィル・バローニ的中
[5] ウェルター級一回戦:      須田匡昇 ● vs. ○ムリーロ・ブスタマンチ的中
  
[6] ライト級予備戦:   三島★ド根性ノ助 ○ vs. ●チャールズ・ベネット的中
[7] ライト級一回戦:   桜井“マッハ”速人 ○ vs. ●ジェンス・パルバー的中
[8] ライト級一回戦:   ヨアキム・ハンセン ○ vs. ●イーブス・エドワーズ的中
[9] ライト級一回戦:         五味隆典 ○ vs. ●川尻達也的中
[10] ライト級一回戦:        小谷直之 ● vs. ○ルイス・アゼレード的中
  
[11] ウェルター級準決勝: 第2試合勝者 vs. 第3試合勝者

            A  郷野聡寛○ vs. ●ダン・ヘンダーソンハズレ 
            B  郷野聡寛○ vs. ●長南 亮
             C ダニエル・アカーシオ○ vs. ●長南 亮
            D ダニエル・アカーシオ○ vs. ●ダン・ヘンダーソン

[12] ウェルター級準決勝: 第4試合勝者 vs. 第5試合勝者

            A  美濃輪育久● vs. ○須田匡昇
            B  美濃輪育久● vs. ○ムリーロ・ブスタマンチ的中
            C  フィル・バローニ● vs. ○須田匡昇
            D  フィル・バローニ● vs. ○ムリーロ・ブスタマンチ

[13] ライト級準決勝:   第7試合勝者 vs. 第8試合勝者

            A  桜井“マッハ”速人○ vs. ●ヨアキム・ハンセン的中
            B  桜井“マッハ”速人○ vs. ●イーブス・エドワーズ
            C  ジェンス・パルバー● vs. ○ヨアキム・ハンセン
            D  ジェンス・パルバー○ vs. ●イーブス・エドワーズ

[14] ライト級準決勝:   第9試合勝者 vs. 第10試合勝者

            A  五味隆典○ vs. ●小谷直之
            B  五味隆典○ vs. ●ルイス・アゼレード的中
            C  川尻達也○ vs. ●小谷直之
            D  川尻達也○ vs. ●ルイス・アゼレード

以上ですが、個人的には郷野選手、五味選手、川尻選手に注目しています。川尻選手強そうだから五味選手と言えども危ない。それでも勝つと見た。郷野さん期待しています。頑張ってください。

格闘技系で面白いブログを見つけました。予想的中率も高くて見る目がありそう。独自の見解も興味あり。格闘技以外の記事も飾らない文章で気に入りました。11月にご結婚されるそうで幸せも分けてもらおうかなと。→ 中ログ

追記:リアルタイム速報→sabori.net
0

2005/9/23  20:22

妹達が遊びに来た  ロケットサラダの日記
本日は、朝から気分転換に将棋の本を持って喫茶店にモーニングを食べに行った。やっぱりちょっとは栄養を摂らないといけないのでベーコンエッグ・サンドにした。そして、普段はコーヒーに砂糖もミルクも入れないのだが、ちょっと身体のことを考えて両方入れた。ミルクは胃を保護する為、砂糖はなんだろう? 疲れた時は甘いものと言うじゃないですか、あれです。という訳で体調が戻ってきました。

その後テレビ・キャプチャー・ボードを求めにヤマダ電気に行って来たけど、高いしどの機種が適しているのかよく分からなかったからやめた。当分録画は諦めよう。

今日は妹が子供二人を連れて遊びに来た。父が生きがいを感じる日だ。子供二人のうちお兄ちゃんの方は小4で不登校なのが心配。学校で何かあったのだろうか。この問題は兄である私としても本でも読んで勉強して分かってあげなければと思う。現在この問題に関して全く理解できていないからだ。こういうことは初めてなもので。

昼に子供達がタコ焼きを作ってくれた。こういうことをしている時は楽しそうだ。子供は無邪気だな。でも、お兄ちゃんはそうでもないのかな。何を抱えているんだろう。下の方の子(女の子)とばかり遊んでいたら、もう帰りたいと言って先に車に乗り込んでしまった。自分にももっと構って欲しかったのだろうか。まだ子供なのに複雑な心境なんだな。父もその事を心配している。

自分が子供の時はどうだったろう。私もデリケートで気に病みやすい性格なのだが(母親譲り)、小4の頃だとどうだったかな〜。よく宿題をして行かなくて椅子に正座させられたり、グランドを走らされたり、廊下に立たされたりしてた様な気がするが。そういえば、小3までずっと親友だと思ってた奴が小4になってクラスも替わったせいか、違う友達を作って遊ぶようになった事が内心ショックだった。あれから、人との間に距離を置く様になってしまったもんな。それは、今でも尾を引いていると思う。

でも、妻に言わせると、私なんか幸せ者らしい(そりゃそうだ)。妻は転校とかでまともに友達が出来なかったみたい。だから、その頃の友達の記憶ってあんまり残ってないとの事。友達どころじゃない生活だったんだろう。どちらかというと覚えていたくなかったのかもしれない。

今日はステレオでマハビシュヌ・オーケストラの『火の鳥』を聴きながら疲れて眠ってしまっていた。なんか、疲れって目から来る気がする。やっぱり心労とかで本調子ではないんだろうな。
0

2005/9/23  1:30

音楽・夢くらぶ 森山良子平川地一丁目 この広い野原共演 涙そうそう』観ました。良かった! やっぱり森山さん素晴らしいなあ。なんという優しい表現力。詩も良かった〜。平川地一丁目っていう二人組みは初めて見たけど、兄弟らしい。弟さんの方はまだ14歳!と言っていた。なのにあれだけの事が出来るなんて。愛くるしいわ〜。平川地一丁目単独の演奏も良かった。こういう時の為に録画できるようにテレビ・キャプチャーボードを買わなければいけないな。ビデオ・デッキ持っていないから。もう直ぐ『PRIDE武士道GP 2005』(9月25日)もあることだし。そろそろ勝敗予想を立てようかな。
0

2005/9/22  19:53

この広い野原いっぱい  ロケットサラダの日記
昨日は、体調が悪く身体がとても重く感じられた。自宅の階段を上るのも足どりがとても重かった。虚弱ゆえによくこういうことがあるのだ。今朝目が覚めた時もまだ残っていたが、もう一度眠れたので、ちょっと回復している。でもまた寝てほとんど一日中寝ていた。起きてたのは日記の更新時だけだったりして。

今日は夜23時15分からNHKで森山良子さんがテレビに出るらしい。妻が好きだったのだ。「この広い野原いっぱい咲く花を〜♪ 一つ残らず、あなたにあげる♪」。とてもいい歌が何曲もある。声もよく素晴らしい歌唱力だ。優しい感じの詩もいい。妻にぴったりのイメージ。起きていられれば観てみます。

ホッ→BGM日記

BGM:妻も好きだったクイーン。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ