2006/1/31  20:13

訓練所のシーケンスの授業には悪戦苦闘。1月生で19歳の後輩が居るがシーケンスに関しては異常に早い。どういう頭をしているのかと思うほどだ。これから、有望だな。

私はなかなか上手く行かずチマチマとやっている。それでも、授業が終わってから居残って判らなかった問題をずっと考えていた。結局ギブアップして帰ったけどね。

授業とは別に、今日は履歴書と職務経歴書を持って訓練所の担当の人と面談だった。担当の人は非常に貫禄のある人たちだったので、びびってしまったが、思いの他親切で、履歴書と職務経歴書の書き方の悪い所を指摘してくれた。よかった。

帰って、ブログを開いてみると何をやっているんだ、という旨のコメントが入っており、なんとか理解し合おうと思って何度も返事を書き直している最中に、し〜さんからのコメントが入った。

それを読んで、私にしてはたくさんの涙が出た。涙の意味は判る人にしか判らないだろう。私自身も言葉で表現するのは難しい。色んな思いがあるんだ。

時間を大切にするという意味、それは人と関わる時間(人の心)を大切にするという事もあるし、睡眠時間を大切にするという事もあったりする。私の理解の範疇を超えて色々あると思う。

今日は睡眠時間を大切にする意味を適応して、もう寝ます。

日記が矛盾している事についてはごめんなさい。
0

2006/1/30  23:53

睡眠時間を取らなくちゃ。  ロケットサラダの日記
今日も朝は一番眠い時で熟睡していたが、父の猛攻によって起きて学校に行くことが出来た。授業はまだシーケンスなのだがスランプで思うように出来ない。でも、自分なりにベストは尽くしたつもりだ。上手くいかなくても捨て鉢にならずコツコツと真面目に取り組んだ。

授業が終わってから、居残って職務経歴書を作成していたが、途中T君が舞い戻って来てS先輩とガストに行くけど来ますか?と言われ、うんもうちょいで終わるから終わったら行くと答えた。

で、行ったんだけど、結局6時間コース。一体何を話しているとそうなるのか。あとで思い出そうとしても思い出せない。

長い時間うだうだ言っていたので、最終的にはみんな疲れたはずで、私も疲れたんだけど、明日も行かなければ。もっと色々書きたくても睡眠時間を取るためには残り時間も少ないし、酔いも回っているので布団に直行しなければいけない。

おやすみなさい。
0

2006/1/29  18:08

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
朝食兼昼食             夕食

昨日寝るのがとても遅くなってしまって、ほとんど朝だった。だからと言うわけでもなく、いつもだけど起きたのは昼頃であった。で御飯を食べて薬を飲んでまた寝た。その後起きたのは16時。覇気がなくドヨ〜ンとして気分が上向きにならない。

どうしてすぐこうなってしまうのか。しなくちゃならない事もあるのに全然手をつけられない。元気な人はパチンコに行ったり、スノーボードに行ったりしているんだろうな。

DVD&ビデオ・デッキをショップに見に行きたいと思っていたけど、その元気もなかった。頂いたメールの返事も長らく書けずにいる。何もせず家に引き籠っていた。

格闘技系のサイトをちらっと見てみるとPRIDE.31でハリト−ノフvsアリスターが行われる事が載っていた。つまらないカード。ハリトーノフが勝つに決まっているではないか。と、私は思うのだがいかがでしょう。

早いけどもう寝よう。

BGM:ジャミロクワイ
0

2006/1/28  23:22

1月28(土)  ロケットサラダの日記
おばあちゃんの家を譲り受け、母と妹と私で大きくて業務用みたいな冷蔵庫の修繕を依頼すると言う夢を見た。私以外の登場人物はみんな死んだ人だ。死んだ者に会えるという点では良いが、何か悲しさを伴う夢だった。夢の中でみんなが死んだ事を自覚しており、嘆き悲しんでいる様な感覚だ。妻は出てこなかったが、現在父との侘びしい2人暮らしだから、子供の時の家族構成を夢見たんだと思う。

眠りが分断される毎に違う夢を見ているが、どれもスカッとするものではなく悲しみを伴っているので寝るのがちょっと憂鬱。多分起きている時の状態がちょっと憂鬱な状態だからそうなるのだろう。最近、抗鬱剤や安定剤を飲み忘れまくっているからか、少しずつ欝っぽくなり情緒も微妙に不安定な気がする。出来るだけちゃんと決められた回数薬を飲まなければなと思う。

どうも今日は、今はなき母に会いたいと言う思いが頭の隅にあった。この歳になってこんな事を書くのは恥ずかしいのだけど、なんだか母にかくまってもらいたい様な感覚。妻も失ってしまったし、この日記には詳細に書いてないけど、最近訓練所での人間関係も上手く行っておらず孤独感が強まっているから、情けない私は母の母性に包まれたくなったのかもしれない(妻が居ればそんな事は微塵にも思わないだろうけど)。

先日、先輩に言われた、お前は自分を美化しているという言葉も軽く流せればいいのだけど、しつこく心に刻まれてしまい、なんだか人と打ち解けて関わる事に恐れを抱いてしまった。また臆病な自分に退行してしまったかもしれない。

世間的に見れば私はまだまだ若い。だけど悲しい思いをたくさんしてきた(そんな人は一杯居るだろうけど)。その結果なのか、元々の性質なのか、現在の私は自堕落な日常を繰り返している。常識やエチケットの感覚も低下し、人の気持ちも解せない人間になっている。でも、ダメ人間じゃない人間って一体どういうものかよくわからない、ワケの判らない状態だ。

こんな私にとって社会とは何なのか、他者とは何なのか、生きる事って何なのか。妻の形見であるV.E.フランクル氏の『宿命を超えて、自己を超えて』という本のキャッチ・コピーの「“意味”こそが人を救う」の“意味”とは何なのか。ていう所まで考えられない。生を肯定する所まで行けるエネルギーが不足している。ガス欠状態だ。

今日は長時間漫画喫茶に滞在して『東京大学物語』を最終巻まで読んだ。だが、その内容は、結局物語の最初から最後まで少年だった村上の1つの妄想を長々と現実の様に描いていたという結末だった。と思ったらそれも含めて、子供時代の遥ちゃんの妄想であった。

確かなものが欲しい私にとって、結局全ては妄想という結論は気持ちよいものではなかった。物語に出てくる遥ちゃんは何度も妻とダブった。まるで妻そのものではないかという場面も何度もあった。だから最後まで読めのに。

でも、愛すべき登場人物も何もかも全て子供の頭の中で作られた妄想(幻想)であり、現実には存在しないとなれば、妻と暮らした記憶も現実ではなく妄想に過ぎなかったのかという心地悪さがあった。なんで確実なハッピーエンドにしてくれないんだ。私は確かなものを求めているのに(私の我侭なんだけど)。素晴らしいと思っていたもの(全然素晴らしくなく酷い場面も何度もあったが)が、蓋を開けてみればただの妄想だったなんて現実を突きつけられるのはそれはそれで残念。

家に帰ると何もかも妄想だという呪縛がとけてきて自分の部屋に入りビールを飲んだ。でも、あの漫画が私の心に残して行った物は精神衛生上よろしくないと言うのが実感だ。現実が判らなくなってしまい、何もかも信じられなくなる。

作者によるあとがきをパラパラっと捲ったが、それは自分が弱いからで、それを上回るもっと強い妄想を持って生き抜いて行けという事かもしれない(もの凄い曲解な気がするが)。けど、あとがきは疲れていてきちんと読めなかったから、本当の所はよく判らないな。
0

2006/1/27  19:28

モチベーション  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
訓練校の帰りに食べたうどん        晩御飯

訓練所電気設備科のシーケンスの授業が、タイマーを使ったワンショット回路やフリッカー回路などややこしいものになって来たので頭がついて行かなくなって来た。同じ結果になる回路でも、よりシンプルな配線になるものを作る方が良い。タイムチャートによる説明も感覚的に判り難い。タイムチャートそのものは何とか理解できても、それと現実の回路と照らし合わせて実感として判るところまで行かないのだ。

そんな訳で今日は半分ぐらい放棄していた。ついて行けなくなって来た時に私は粘りがない。もうどうでもいいやと言った心境に嵌っていくのだ。しかし、登校したというだけでも自分的には頑張っているつもりだ。現在私はシーケンスという、過去に経験がある事をやっているにも拘らずクラスの中で出来る方に位置していない。

どちらかと言えば出来ない方に居る。情けない事だ。モチベーションが下がっていると言う事もあるが、やはり、他の人に比べて頭が柔らかくない気がする。苦しい展開だが、巻き返しを心に秘めて、また、頑張るしかない。医療事務講座と違って僅かでも優位に立てる可能性があるから。こういう時、過去に経験があるというプライドがあるが為に余分な苦しみが付いて回るんだよね。そういうプライドがなければどれだけ気持ち的に楽な事か。

過去に経験があると言う事で、私の事を現場主義と言って評価してくれ、慕って、判らない事を相談しに来るS谷君という大学出のとても頭のいいクラス・メイトが居るんだけど、最近その相談にも対応できないぐらい私自身が理解できていない事が、情けなく、申し訳ない。

私は私を認めてくれ、慕ってくれる人には、本当はちゃんと応えたいのだ。それが出来ていない事が、今は、残念だなあ。若くなくなって来たせいか、元々頭が悪いのか、何でこんな勘違いをするんだろうと配線ミスなどで落胆する事多し。

学校が終わってからS先輩もT君もそれぞれしなくてはならない事があって、今日はファミレスには行けなかった。だから、一人でうどん屋さんに行って“しょうゆうどん”を食べて帰ってきた。讃岐うどんと銘打っていたな。まあ、確かに美味しい方だった。

家に着くと先日気合を入れて録ったジェネジャンのビデオ・テープがテープが絡まり切れてしまったという報告を父から聞き、落胆。なんだよ〜、ったく〜。私が入れっぱなしにしていたテープを、知り合いの人が取り出しボタンを押しても出てこないから、手で引っ張って無理やり出したのだそうだ。それ以降父のテレビデオは、再生しても音声だけが出て映像が映らなくなってしまい、我が家にはビデオがなくなった事になる。これはまずい。今度、2月18日に「ETV特集 オレを覚えていてほしい」を録画したいからだ。今度こそこの放映を録画しないと、その先再放映は見込めない。

という訳で、なんとしてもビデオ・デッキを購入しなくてはならなくなった。仕方ないな〜。

この放映は妻との思い出が入っているし、りんこ。さんをはじめ、多くの人のコメントが出てくる思い出の映像なのでなんとしても録りたい。奥山貴宏さんの番組とサイトは多くの人にとってかけがえのない物になっている。ネット、映像、本、奥山さんの自分を覚えていて欲しいという気持ちは大いに成功している。少なくとも私のブログでは何度も彼を取り上げ、未だに名前が出てくる。

あの人のことだから、人々の記憶に残りたいというのは、例えば中也とかボードレールとか龍之介みたいになりたいという感覚なんだろうか。音楽で言えば、ジミ・ヘンドリックスとか。その辺りはよく判らないな。

BGM:ビーチボーイズ『ペットサウンズ』
0

2006/1/26  20:17

クリックすると元のサイズで表示します
シーケンスの実習

今日は疲れていたまま学校に行ったからシーケンスの実習でミスが多かった。私とした事が情けない。繋がなければならない配線を繋ぎ忘れていたり、違う所に繋いでしまっていたり。やっぱり、疲れているとポカミスが増えるな。午後の授業はもうやる気もなくなりどうでもよくなって来て、凄く眠かったので、S先輩に起こされるまで寝てしまっていた。

やっぱり連日ファミレスに行くのは睡眠時間を削る事に繋がり、結果としてきついな。それでも、授業が終わると行ってしまう習慣になってしまっている。習慣とは怖ろしいものだ。授業が終わると疲れているのに、行かなければ気が済まない心境になるのだ。でも、行ったはいいがドテ〜となってしまって溜息ばかり出る。もう疲れたという事で2時間ぐらいで切り上げた。

帰ったら、開口一番父が病院に行ってきたとの事。昨日学校から帰ってきた時に父の表情がいつもと違って弱々しく見えたから何か調子が悪いのでは?と言っていたからだ。普段悪態をつきまくっている私だが本当に父が不調そうだと心配になるのだ。何か悩み事がある様な顔つきにも見えたから、その辺の事も聞いたが、「ん? 悩み事はいっぱいあるけどな」という素っ頓狂な返答だった。で、インフルエンザに罹っているかもしれないから、診てもらった方がいいと言っていたのだ。

結果はインフルエンザではなく風邪気味ということだった。ちゃんと薬をもらっていて飲んでいるから一応安心だ。こんな風に父と子で罵り合いながらも、お互いの事を心配し合っている。やっぱり親子だな。

今日はもう寝ます。

BGM:CCR:『Chronicle』
0

2006/1/23  23:14

「哀しみ」  
「哀しみ」

孤独であったなら私は泣かないのだろう

フロントガラスの景色が曇ったまま
流れていく

私の目は哀しみの未来をみている
愛する人々の慟哭をみている

枯れかけたひまわりが種の重みで
俯いている

夏の終わりに種は一粒づつ
地面に落ちていく

まだ咲いているひまわりの
落ちていく種をみている



詩:のり
0

2006/1/22  20:38

自然落下的オカマ  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
昼食兼朝食                   晩御飯:マーボー豆腐 

家にいてもとても寒い。暖房をつけているのにそれ以上に元々の気温が低いからだと思う。家にいてもヌクヌク出来ないから、漫画喫茶に行った方がまだ暖かいと思い、また、『東京大学物語』の続きを読みに行った。

今日は15巻目の最後の方から18巻目まで読んだ。遥ちゃんが村上直樹に見切りをつけて山崎という男を好きになってしまうところからだ。この辺、切ないなあ。高校時代は遥ちゃんは村上の事が大好きだったのに、東京大学に入ってから色んな事があり、気持ちが移り変わってしまったのだ。

村上の方はそれでも遥ちゃんの事をずっと好きで追い掛けている。一体この先どうなるのだろうと興味津々だ。ただ、気に食わないのは村上が何かと言うと自分が東大生であり、そこら辺の人間より頭が良くて上だと思っている事だ。読んでいると村上の男としての魅力が全然感じられない。ただの勉強人間であり、プライドの囚われの身だ。

彼から勉強が出来ることをとったら何にも残らないのではないか。だから遥ちゃんの様な、“今を生きる”タイプの女の子にはふられて当然なのだが、物語を最初から順を追って読んでいると、村上の良さも引き出されて二人が結ばれる事を望んでしまう。村上よプライドなんかとっとと捨てて素直になれと思う。

と、3時間800円で漫画に没入していました。と言っても落ち着きがないので煙草を吸ってみたり、コーヒーを飲んでみたり(漫画喫茶ではただで飲み放題となっている)、置いてあるパソコンでネットを観たりで、本当は漫画だけに没入する集中力はないんだけど。

時間が来てそこを出た後、少し遠い書店に行きブラッと店内を物色しながら回ったけど、特に惹かれる本はなかったな。昔は格闘技の雑誌なんか必ずと言っていい程、置いてあったんだけど、最近はなかなかお目にかかれない。格闘技は流行っているのに何故だろうな。格闘技の幻想が消えて現実が露になってきたからかな? よく判らない。

そして、帰り道、下り坂で信号待ちをしていた時、一瞬ボーとしてしまって、ブレーキを踏んでいた足の力が弱まり、期せずして車が前進してしまって、前の軽トラにぶつかってしまった。オートマはニュートラルにしていたからショックは少なかったけど、それでもドンッとなった。

即座に車を左に寄せて停めて謝りに行ったら、私より年上らしき男の人で、軽トラの後部を見渡した後、特に問題はなかった様で「まあ、ええわ」と言ってくれた。ああ、心の広い人で良かった〜。これがそうでない人だったらとんでもなく面倒な事になる所だった。

以前、会社に通勤中、似た様な事が起こって、その時は今回より軽度の当たりだったのに、7万もとられた事があったもんね。ほんのちょこんと当たっただけで、何の損傷もなかったのに。バンパーに5ミリ程の汚れが付いただけ(消しゴムで消せる程度)なのに、そんな要求をしてくる人もいるんだ。

だから、人間によるんだ。心が腐っている人はどこまでも腐っている(まだ根に持っている。人の弱みに付け込んで儲けようとしやがって!)。心が広い人はどこを切っても広い。とか、思ったりして。考え方が短絡的過ぎるかな。

あ〜、今日は不幸中の幸いで助かったなあ。相手がいい人でよかったあ。本当にすみませんでした、申し訳ないです。以後気をつけよう。
クリックすると元のサイズで表示します誰だろう。怪しいなあ。

BGM:フランク・ザッパ『スリープ・ダート』
0

2006/1/21  23:22

ライブドアよ勘弁してくれ。  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯

色々とブログ巡りをしていたんだけど、ここの所ライブドア問題がよく取り上げられているね。私も柄にもなくたまにはそういう事を書いてみようかな。私が知っているのはK−1の佐藤嘉洋選手が昨年から始めた株でライブドアの持ち株を含めて数十万円の損失を出し、「地道にためた小遣いを返してくれ!」と堀江社長に対して怒りを露にしている事だ。

K−1選手だから数十万円程度でそんなに怒るとは意外だったが、やっぱり優勝しなければ賞金が入らず、普段の収益は仕事やアルバイト等、何か別の事でトレーニングの合い間にせっせと得ているんだろうな。というか働いている合い間にトレーニングしているんだろうな。

実は私も前に勤めていた会社の株を当時社員販売があった時に、少しだけど買っていたのだ。それがこの所絶好調に上がっていたと思ったら、ライブドア問題が出たとたんに急下降。余波だなこれは。はっきり言って私の方が怒りたいわ! 失業中で再就職のめどがまだ立たない私にとっては株は最後の切り札として温存していたのに。原価を割る所まで行ったらマジ怒るで。こっちにとっては生命線なんだから。

でも、ピンチの後にチャンス有りと言うから、堀江サイドも起死回生の何かをやってくれるかもしれない。このまま終わるとは思えない。と言うかなんとかしてくれ。K−1の佐藤嘉洋選手はこうなったら大会で優勝して賞金(600万円)をせしめるしかないと言っている。彼の実力ならそれも充分可能だ。頑張れ、佐藤嘉洋選手!(ファンだから応援しているだけだったりして)。

ライブドアショックについて(ターザン・カフェ)

以上愚痴でした。

夕べは2時に寝て4時に起き、しばし眠れず起きており、そのあとどれぐらいか判らないけど幾らかは眠れた。でも、この様に分断された眠りは、あんまり疲れが取れないね。ちょっとしんどいし、情緒も少〜し不安定だ。睡眠薬も耐性が出来ているのかあんまり効かないんだよね。安定剤&抗鬱剤を飲む時と重なった時は、効いて眠れる気がするんだけど。でも、まあいいか。今日は布団に包まってホゲホゲと好きな時に寝ながら過ごす日だから。

いつも休みの日は朝は食欲がなく、昼に朝食兼昼食のうどんを作ってもらって食べた。味が薄くあれは失敗作だな。昨日、父に、父が作るものはいつも胡椒などの調味料?が多すぎるし、ちゃんと混ざってなくてかたまっていると、文句を言ったから変化をつけたに違いない。私も妻の具合が悪くなってから食事を作っていたけど味って難しいね。食事作りは1日3度であれを毎日だから本当に大変だし、味付けも本当に難しい。働いていて作ってくれる人がいない人は、食事も自分で作らなければならないから、本当に大変だろうな。だから、私なんか、あんまり父に味とかの事を強く言えないんです(言ってるけど)。

まあ、とにかく父はあの年で耳も遠いのに立派な生活者だ。掃除、洗濯、食事作り、その他家事全般&健康維持の為のウォーキングをしてこのだらしない息子の面倒をみているんだから凄いよ。考えてみたら、年老いていう事をきき難くなった身体を抱えて父の役割と母の役割を両方しているんだよね。偉い!と言うかすまん!

医療事務講座の修了試験をやってもらおうと従兄妹に電話したけど今日はダメだった。10何歳か年下の従兄妹に助けを乞わなければならないこの情けなさ。でも図太いから本当は情けないなんてこれっぽっちも思っていないんだけどね。いや、思っているかな。考え始めると思ってしまうので、あまり考えない様にしよう。というか、元々些細な事だし。

今日はテレビのミュージック・フェアで森山良子さんの歌が聴けてよかった。聴いている間はなんとも言えず清々しい気持ちにさせてくれるんだよね。あと、トミーズが出ている番組で由紀さおりさんも見れたのでよかった。

本日のネット収穫:言語感覚について(ターザン・カフェ)

BGM:チック・コリア『リターン・トゥ・フォーエバー』
0

2006/1/19  21:52

フケ大量発生  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯のおかず:もやしとかキクラゲが入っていた。

昨日面倒臭いからお風呂に入らなかった為、訓練所であまりのフケの多さに大非難を浴びた。ケイタイ・カメラで写真を撮って見せられたが確かに凄かった。あんなに小さなケイタイの画面に映し出される画像でもモロに判るので1個1個が相当な大きさである様だ。もともとフケ性だと思っていたが、これ程までとは。という訳で周りの人を恐怖のどん底に陥れてしまった。「わしアレルギーなんやから飛ばさんとってくれよ!」とS先輩には言われるし。

そういう訳で今日は流石に風呂に入らざるを得なかった。邪魔臭かったけど。頭皮を集中的に洗ったけど、明日はどうなっているかな。洗った次の日でも早くもフケが出ていて指摘される事がよくあるんだ。今やフケと言われずにパウダーなどと言われる始末だけど、みんな心が小さいな。妻が好きだった小林秀雄氏なんか本を読みながら頭を掻くので、貸した後返ってきた本のあちこちにフケが入っていたという逸話がある。あのような大人物でもこうなのに。

授業はシーケンスの基本的なANDやORの回路を実際に押しボタン・スイッチ、マグネット・スイッチ、ランプなどを使って配線した。

こういう実技の授業は大好きだ。でもあまりにも基本的過ぎる自己保持回路なんてやっているからちと退屈。それは当たり前の事として、もっと複雑な問題を出して欲しい。医療事務講座と違って、出来る分野では大口を叩く私。それでも、私より早くできる電気未経験者がいるから驚きだ。やっぱり普段からちゃんとレクチャーを聞いているんだろうな。恐るべし真面目人間。

でも、やっぱり電気屋としてのブランクが10年ぐらいあるから配線には思いの他てこずった。現場感覚が退化しているんだろうな。電気の仕事に就こうと思っているのでこれから回復していかなければ。

今日は医療事務講座の修了試験(宿題みたいなもの)を教えてもらいに従兄妹の家に行く予定だったのだが、やはりダラダラしていて結局授業が終わったらT君とお好み焼きを食べに行ってしまった。意志が弱いんだな、これが。私は車なので水を飲んでいたが、T君は電車通学なので思う存分生ビールを飲んでいた。生中を3杯だったな。

S先輩はここの所続いていたファミレスでの私の現実性を伴わない妄想話にだいぶ疲れているらしく、今日は来なかった。T君も私の話は口だけだと言う事でもう疲れてきたと言っていた。妄想というか、幻想が楽しいんだけどなあ。現実の様に厳しさを伴わないし。現実逃避は時として結構いいものだよ。

家に帰ってからも医療事務講座の修了試験のことは考えたくないから、ボブ・ディランの歌を聴きまくり。ああ、なんて素晴らしいんだ。

ディランは何にも押し付けてこないもんな(歌詞がわからないせいもあるかもしれないけど)。ジミ・ヘンドリックスとかは大好きなんだけど、圧倒的なエネルギーを放出するから毎日連続的に聴けるものではないけど(と言いながらずっと聴いている事もあるけど)、ディランは聴ける。優しいんだよね、あのしゃがれ声が。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ