2006/1/18  21:39

シーケンス  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯

おお、素晴らしい。「ETV特集 オレを覚えていてほしい」の再々放送が決まったとの事。2月18日(土)25:05〜 NHK教育テレビ 全国放送です。今度こそ何度でも観れる様に録画するぞ! これは奥山貴宏氏の映像としては最も存分に奥山氏と当時のサイトの状況を伝えるものと思うので(と言うか唯一?)、興味のある方は是非観ていただきたいと思います。私事ですが録画する価値もあると思います。妻の生きた証もほんの少しだけど垣間見れるもんね♪(前回観たから“のり”というHNがほんの一瞬出てくる等知っている)

32歳ガン漂流エボリューション

今日も非常に眠たかった。夜はともかく昼に眠たいとはこれいかに。しかし、午後からシーケンスの授業に入り、活き活きとしてくる。昔取った杵柄でシーケンスに関しては多少の自負があるのだ。このカテゴリーにおいてはまだまだ若い者には負けんぞ! でも、特に大卒の若い人はすさまじく頭が働くから負けているかもしれないけど。フッフ、それでも私の領域だ。特に努力しなくても勝るとも劣らないはず。楽しくなるぞ、この授業が続く限りは。

いつもBGMに聴いているボブ・ディランもとても素晴らしい。このなんとも言えずしぶとい頑固さが私を惹きつけるのだ。融通のきかない性格であのしゃがれ声で歌ってくれればそれでOKなのだ。私はジミ・ヘンドリックス命だけど、ディランも同等だ。死ぬまで優しくがなりたてて欲しい。

昼休みに掃除で煙草の吸殻を集めてまわったが、その時Nちゃんがいて、非常にきつい視線を浴びせられた。どういうことなのだ。授業中何回か送信したメールがうざかったのか(というか私が送信したのは最初の1回だけで、後は私が居眠りしているうちにS先輩が私のケイタイを奪って勝手に何度も送信したんだけど)。メールの返事は冷たいもので、最後は返事なし。相手が男であれば文句も言えるが、異性となれば話は別だ。今度下手に出て機嫌をとろう(涙)。

授業が終わってから昨日と同じ様にファミレス・ドリンク・バー。定番だ。実に内容の無いたわいもない話。内容的には時間の無駄としか思えない事だが、人と交流を持つと言う事は期せずして意味のあることだ。無駄な時間もまたよきかな。

私は人のあたたかみに触れることが何よりの滋養なんだよね。

今日入った便所の落書き:「鶴田が危ない、馬場が出る」。それと、「助けて!心が腐っていく」。これぞ便所文学。
0

2006/1/17  23:09

ホイス・グレイシー  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯

5月開催のUFCに11年1ヶ月ぶりにホイス・グレイシーが出場する。私の記憶では最後にUFCで闘ったのはケン・シャムロック戦だったと思う。あの時はシャムロック選手がグランドで上になりどちらも相手を極めることが出来ずにドローになったはず。あれから11年も経つんだな。あの頃はホイス選手が無敵で、バーリトゥード的にとても興奮した時代だった。

PRIDEという興行も出てきて、初期UFCの頃とはルールも整備されてきているが、あの頃から発展してきた総合格闘技は今やとてつもなく高いレベルになった。出てくる選手が異常に強い選手ばかりだ。その頂点にいるヒョードル選手には今ではヒクソン選手でさえも勝つのは難しいと思われる。少なくともPRIDE現行ルールでは。

でも、ヒクソン選手が望むルールでならまだまだ判らない。私の中では今でもヒクソン選手は最強なのではないかと思っている。それぐらい彼が見せつけてきた闘いが素晴らしかったから。

でも、最近試合をしてくれないもんなあ。もし試合が組まれるとしても、現在最強の選手とやってくれなければ意味がないし。

などと、家に帰るなりネットに繋いでBoutReviewを読んで思っていた。BoutReviewによると修斗の須田匡昇選手が引退するらしい。須田選手は淡路島出身なので親近感があったのだが、もう試合を観られないとなると少し寂しいな。最後にブスタマンチ選手に負けたのが悔しいといえば悔しい。今後は淡路島で後進の指導にあたると言う事なので強い選手を育てて欲しいと願う。お疲れ様でした。

今日は医療事務講座は休んだ。授業終了までもうあと数日なので必要な出席日数があとほんの僅かだという事を計算に入れてのことだ。会社の有給休暇と同じで消化できるものはする考え。色んな意味で講座は私にとって苦痛だからできれば行きたくないのだ。もう医療事務の道に進む事は諦めたし。お金は損したけど講座に行ったおかげで自分には向いていないという事がよく判った。行ってなければ判らなかっただろう。

職業訓練所では朝から授業が終わるまでずっと眠くて眠くてしょうがなかった。途中マジで半寝状態だったよ。やっぱり計算や公式が出てくる理論的なことは苦手だなあ。波形の図やベクトル図もとても苦手だし。こんなのでも限られた職業の中ではまだ電気関係が向いていると言うかマシなのだ。他に出来そうな事なんかないもんな。自信ないけど電気関係しか無いよ、私には。

あとは腰の状態だな。今日は調子があまり芳しくなかった。車を運転している時もちょっと痛かった。神経ブロック注射の効きがなくなってきたのかな? あの注射で痛みが取れる理屈を知らないからどうなっているのか判らないけど。できる限り腰を庇って生活していかなければ。

訓練所が終わってからS先輩、T君とファミレスでドリンク・バー。アホな話から就職の話までざっくばらんにしてきた。これからどうなるんだろうな。地道に頑張るしかないか。

BGM:ボブ・ディラン『ブロンド・オン・ブロンド』
0

2006/1/17  20:36

善意のブログ

『ジュンの我流日記』のジュンさんから、「善意のブログ」を回してくださいとの依頼を受けました。

※このお願いは、あくまでも任意ですので、ご理解をいただいた方が、自らの意思で、協力をいただく形となります。

1月18日に必要金額に達成したそうです。

--------------------------------------------------------------------------------


「善意のブログ」を回して下さい。

piano lessonのmikiさんのブログにて、七海ちゃんの命を救うために、皆さんの助けが必要となっています。

1.短期間で、多くの方々へご理解をいただくため

2.そして、一日でもはやく目標の金額に到達させるため

3.ブログが世のため、人のためになることを実証させるため

上記3点のために、速やかに、本内容をコピペいただき、同様の記事を作成して、最低3人の方へ、TBをしていただけないでしょうか。

そして、できることであれば、小額でも寄付のほどを宜しくお願い申し上げます。

※このお願いは、あくまでも任意ですので、ご理解をいただいた方が、自らの意思で、協力をいただく形となります。

※本TBは、記事と、直接関係のない場合もございます。その際は、お詫び申し上げます。



--------------------------------------------------------------------------------




 ↓ 送金先など詳細情報 ↓


募金振込先

振込先 口座番号 口座名義
三菱東京UFJ銀行
横浜駅前支店 (普通) 3108935 ナナミチャンオスクウカイ
横浜銀行
横浜駅前支店 (普通) 3150914 ナナミチャンオスクウカイ
郵便局 手続き中 ナナミチャンオスクウカイ


お振込み頂く際に振込手数料がかかります。

※口座名義は「ナナミチャンオスクウカイ」となっております。
「ナナミチャンヲスクウカイ」ではございませんのでお気をつけ下さい。

※統合の関係で「三菱東京UFJ銀行」という選択肢が無い/入力が出来ない場合があるようです。その場合には「東京三菱銀行」宛てに振込みをしていただくことで振込み可能です。

※郵便局に関しましては、1月16日の週に開設できる見通しです。

現金書留宛先
〒232-0054
 横浜市南区大橋町3-50 勝本ビル3F 303号
       「ななみちゃんを救う会」

までお送りください。



事務局情報

ななみちゃんを救う会事務局
〒232-0054
横浜市南区大橋町3-50
勝本ビル3F 303号

《電話受付 AM 10:00〜PM 6:00》
TEL1/FAX:045-730-3811
TEL2:045-731-7750(1/16開通予定)

MAIL: info@nanami-chan.com
0

2006/1/16  22:38

クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯

久し振りに学校に行って午前中はあまりの眠さに負けました。気が付いたらレクチャーが子守唄になっていて寝ていました。でも、昼に“色々うどん”というのを食べて、午後からはちゃんと授業を聞けました。コイルは電圧の位相を基準にすれば電流の位相が90度遅れるとかいうやつです。

私はその辺がよく理解できておらず、それでは何回巻きのコイルでも同じく90度遅れの位相なのだろうかなどと思っていました。なんか、コイルの巻き数によって何度遅れかが変わるような気がして。それを後で質問したんだけど、同じだと言う返答でした。そうなのかなあ。明日その辺も解説すると言っていたけど本当かなあ。教える方も大変だ。

私は、電流はコイルの巻き数が多い程流れにくくなるからそれと位相が関係あるのでは?と思ったんです。でも、それは別問題なのでしょうかね〜。これは、自分で調べないと納得がいく回答を得られないかもしれません。判っている人にとっては当たり前田のクラッカーなんでしょうけど。

昼休み食堂近くのトイレに行って出てくる時、Yちゃんがトイレに入る所だったのでベンチを見てみるとNちゃんがいた。私は平常心であり、特に何の感情もなかったけど、なんとなく「お、久し振り」と声を掛けたら、「久し振り、最近見なかったやん」と言われたので、「インフルエンザと腰痛で休んどったんや」。そしたら、Yちゃんがトイレから出てきて「ヒゲぐらい剃りいな」だって。「ずっと寝込んでいたから剃れんかったんや」と言い訳。

そういう軽い会話をして去って行った彼女たち。あと、パジャマの上に服を着て出てくるのはおかしいと言っていたが、まあ、女がそれしたらおかしいけどなと反論したけど、男でもそれはいないやろと言われてしまった。そんなに変な事だとは思わないんだけどなあ。寒いのにサクサク着替えられる方が奇異な気もしているんだ。

家に帰ると久し振りにお風呂に入った。こういう所から改善しなくちゃね。前から風呂に入る気力もなかったんだけど今日は、頭が痒いというのと、なんとなく気力があったから。毎日お風呂に入ると腰にもいいしね。え、そういう問題じゃない?

それから、先日注文していた桜井章一氏の対談集『JANKI−RYU 雀鬼流』が届いていたので、ゆっくり読む事にしよう。本は思ったより大きくて297mm×209mmもあり、驚いた。厚み約8mm。これで、定価1800円。怖ろしや。こんな高級な本、皺付けるのが怖くて安心して読めないよ。でも、内容は期待できる。因みに桜井章一氏とは、裏麻雀の世界で20年間無敗のまま引退し、生きながらに伝説になった人だ。普通ありえないよ、勝負事でそんなに長い間無敗なんて。

あと、とうとう奥山貴宏氏の『32歳ガン漂流エボリューション』のJanuary 06, 2006 05:30 PM のエントリーに初コメントしてしまいました(汗)。ジェネジャンを観て何か言いたくなったので。お粗末でした。

BGM:スタンリー・ジョーダン『フライング・ホーム』、ソニー・クリス『サタデイ・モーニング』
0

2006/1/15  22:28

野獣死すべし  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯

昨日はジェネジャン・スペシャルで奥山貴宏さんを久し振りに見た。番組はなにやら自殺願望の強い若者や早死願望の強い若者が数人いて、その人たちに芸能人の方たちが話をするというものだった。人を殺してもいいと思っている子もいてそれはおかしいと芸能人の人が話をするんだけど、なんか通じなくて、最後に奥山さんの映像を観てもらっていた。そして、これを観て何も思わないのならぼく達が何を言っても無駄だろうと、ふかわさんが言っていた。

煽り音楽も品がなくくどいし、なんかイケてない企画進行だったけど、私としては奥山さんが観れればなんでもいいやという無責任な見方であった。奥山さんは顔とかかっこいいなあ。喋り方も穏やかで嫌いじゃない。でも、それは病気だからかな? 病気じゃなかったらもっとトゲトゲしていたりして。

奥山さんの映像は見ていて痛々しい感じもしたが、全体的によく動けている方ではないかなと思った。私の妻などはあまり動けなかったから。骨転移で左足に体重をかけられなかったからね。それに、あんまり動くと動悸がしたりして具合が悪くなる。でも、奥山さんだって、あれはテレビ用に頑張って撮ったものだから普段はどんなだか判らない。似たり寄ったりだったのかもしれない。

テレビ番組としてはジェネジャンより、「ETV特集 オレを覚えていてほしい」の方が数段良かったな。私はインターネットを通じて奥山さんの日記なりブログなり掲示板なりに接していたから、その観点から後者の方が身近に感じられる。最初から最後まで奥山さんがいっぱいだし。願わくば近畿圏で再放送して欲しい。今度は父のテレビデオを使わせてもらって録画するつもり。今回のジェネジャンも録らせてもらった。

たぶん奥山さんの生き方からたくさんの人が何かを感じて影響されたと思うけど、私はそうでもないな。なんかあまり影響は受けていない。それより相手になってくれる人がいなくなって寂しいといった感覚かな。やり取りをして遊んでいたわけではないけど、ブログや日記、BBSを観て楽しませてもらっていたから。でも、亡くなった当初は純粋に悲しかった。妻も泣いていた。

奥山さんが目指していた小説第2弾は“美しい日本語”をテーマにしたものを書きたいと言う事だったので、妻が期待してたんだけど叶わなかったな。奥山さんが亡くなってからも読みたかったと悔やんでいた。もちろん私も読んでみたかった。妻にしてもそうだけど若くして死ぬ場合はきっと誰でもなにかの途中なんだろう。

今日は、だいぶ回復したので、朝食(昼食)は喫茶店でコーヒーを飲みながらサンドイッチを食べたり、TUTAYAにDVDを借りに行ったりした。で、『野獣死すべし』(主演:松田優作)を超久し振りに観た。あんまり意味はないかもしれないけど、これはやっぱり名作だなと思う。何かに憑かれた様に人を射殺して犯罪を重ねて行く狂気の主人公、伊達邦彦を演じる松田優作さんが思わず影響されて真似をしたくなる程、印象的。途中出てくる小林麻美さんもいい感じだしとてもよかった。

それから医療事務講座の修了試験が全く判らないので、従兄妹に医療事務の仕事をしている子がいるからやってもらおうと電話したら、いなかった。でも、夜になって帰って来たのかわざわざ電話してきてくれて、今度力になってくれると言う事になった。嬉しい。

もう、インフルエンザもほぼ治っていると思われるので明日は学校に行って授業を受けようと思う。
0

2006/1/14  10:18

ジェネジャンスペシャル今日です。  ロケットサラダの日記
くどいようですが、「ジェネジャンスペシャル」に奥山貴宏さんが登場します。
本日 22:15〜23:40 日本テレビ系列 全国ネットです。

興味のある方はくれぐれもお忘れなき様、観てくださいね。
私は、まだ観た事がなく奥山さんが出ていると言う事しか知らないからワクワクしています。どんな番組なんだろう。

奥山さんには色んな思い入れがあって好きなので映像を観れるというだけでワクワク。

32歳ガン漂流エボリューション
オルタナティブなフリー編集/ライターの終わりなき祝祭

あ、初めてここに来てくれた人で奥山氏に関する事を読もうと思う人は、ブログ内検索で「奥山」とか入れて表示させてくださいね。何回か書いていますので。
0

2006/1/13  23:17

昨日からインフルエンザの薬を真面目に飲んでずっと寝ていた。まだ治っていないので今日も訓練校を休んだ。そのまま身体を休めていたかったけど安定剤とかが昨日で切れたから仕方なく神経内科に父に連れて行ってもらった。

自分で車を運転して行くから、放っておいてくれたらいいと言っているのにそうはさせてくれないのだ。父は私が仕方なく頼んだ時にお粥を作ってくれたりバナナを買ってきてくれるだけで充分なんだけどなあ(自分勝手なんだけど)。普段は融通が利かない人なんだけど、こういうところは親バカなのだ。私は親になったことがないからよく分からない部分である。

で、神経内科は去年の最後に行った時もそうだったが、今日も混んでいた。年末年始の辺りは鬱っぽくなる人が多いのだろうか。待合所で座っている人たちの顔を見ていると、全然欝っぽい様には見えなかったけど、人は見かけによらないんだろうな。私だって今は薬を飲み続けているからか、辛さはあまり感じなくなっており、見た目、普通だと思うけど。

そういえば年末に妻の墓参りに行った時に、私は堪らない気持ちだったんだけど、妻のお姉さんが言うには、私は口では泣き言を言っているけど見た目には普通なんだよね、そこが○○さんの粘り強い所なんだろうねと言っていた(妻も生前似たような事を言っていた。)。

お姉さんは非常に妻に似ており(顔は似てないが)、頭の回転や考え方がとても鋭く、心もある人なのだ。私からすればどういう風に育てばああいう風になれるのか不思議である。私は自分が情けない人間なので、一々人の事をこの人はなんて凄いのだと思ってしまうのだ。でも、よく考えたら、妻もお姉さんも私より年上なので当たり前といえばそうなのだが。

インフルエンザの症状がピークだった時は、気持ちの安定も欠いてネガティブな思考が頭を駆け巡り、寝るに寝れなかったけど、徐々に収束してきている。この分だと完全に治った暁にはかなり元気になっている気がする。訓練所の仲間から火曜日までに求職表を作らなければならないというケータイ・メール情報が入ってきた。とうとう私たち10月生もここまで来たか。

どうやって作ればいいか、休んでいたから判らないけど月曜日に行って仲間に聞いて作ろう。就職。考えれば考えるほど怖ろしや。1年以上のブランクで仕事的には弛みに弛んだ精神と肉体。1から始めるしかない人間関係の構築。相手がたとえ10代でもそれは先輩だ。こちらは中年。きっとまともに仕事を教えてもらえないだろう。教えを乞うにも限度があるし。でも、やるしかない。持ち前のずうずうしさで乗り切るのだ。あ、まだ求職表を作るだけだった。あんまり先のことを考えるのは精神衛生上よくない(笑)。

とか思いながらスミルノフ教授オフィシャル・ウェッブ・サイトを開いてみたら元気が出るメッセージが書かれていた。私は単純な人間なので単純な言葉でないと脳に届かないのだが、これは元気が出た。ロッキーをもう一度観る必要があるかもしれない。ありがとうございます!

今日は少し元気が出てきたので他にも色々とブログ巡りをしていたのだが、ブログの記事に対してコメントを入れている方のブログを覗いてみると私好みなブログであることが多い。というか、これは関係性がそうさせているのではないかと思うのである。なにげなく良いなと思うんだよね。私が見るブログは私の好みであり、そこにコメントを入れてある人のブログも私の好みである事が多いのだ。

とここまで日記を書いて布団で休んでいたんだけど、そろそろ更新しようと思ってPCを立ち上げ、取り敢えずネットを見ていたら私のアンテナに引っ掛かる記事に出くわした。

それによると麻雀の神様、桜井章一氏と各界著名人との対談集の本が出ているとの事。タイトルは『JANKI−RYU 雀鬼流』。各界著名人とはヒクソン・グレーシー、ヴァンダレイ・シウバ、エメリヤーエンコ・ヒョードルらしい。昔、桜井氏とヒクソン氏の対談は読んだ事があるが、それがまた収録されているという事か、新たなものなのか気になるし、シウバ選手やヒョードル選手との対談も読んでみたい。久し振りに購買意欲をそそる本だ。図書館とかにあれば借りるけどどうせないだろう(というか探す気力が以下略)。

私は麻雀はしないし全く判らないのだが、過去に読んだ桜井章一氏の本は確かに面白かったのでまた面白い可能性が非常に高いのである。現在の私は無気力な事が多く、相当面白くなければ完読などできないのだが、これが面白ければ生命力が一歩前進するかもしれない。私とてそういう何かを探しているのである。

買おう。ちょっと高いけど買うしかあるまい。

もちろん今日は医療事務講座も休みました。インフルエンザをばら撒いても悪いしね。

BGM:Jimi Hendrix Experience 『Are You Experienced』
0

2006/1/13  15:30

「歩くこと」  
「歩くこと」

歩くことがなんともないときに

歩くことは私の無意識であった

歩くことに苦しみが加わったとき

それは一歩一歩、確かめずには
いられないものとなった

確かめる度に、どこかが痛んでる

うまく歩けない自分が見える

うまく歩こうとすればするほど
どこかが痛んでくる



詩:のり
0

2006/1/12  21:37

インフルエンザ  ロケットサラダの日記
夕べは眠れなかった。19時半ぐらいに布団に入ったんだけど、ま〜〜〜たく、眠れない。頭の中が色んなことが浮かんでぐるぐる回ってしまって止まらないのだ。咽は不調だし、腰もよくないし、結構辛い状態だ。そうしているうちにこのしんどさは普通ではないと思い、体温を測ってみたらやっぱり熱があった。道理でしんどいはずだ。

朝になって訓練所に休みの電話を入れた。そして医者に診てもらいに父に連れて行ってもらった。診断結果はインフルエンザ。そりゃしんどいはずだわ。私としては注射を打って欲しかったけど、それはなし。飲み薬だけで対応する事になった。飲み薬の一つをトイレの手洗い場の水ですぐに飲んだんだけど、これがよく効いて2時間後ぐらいにはかなり元気になった。

それから安定剤や抗鬱剤を出してもらっている神経内科にも連れて行ってもらったが(薬がもうないから)、生憎今日は木曜日で休みだった。残念。また、明日にでも出直そう。

こうやって父に連れて行ってもらったわけだが、父がいて本当に良かったと思える。もし、私一人だとしんどいばかりで何も出来ないと思われるから。父にはいつまでも元気でいてもらいたいな。逆に私が父の面倒を見なければならなくなったら、とても困る。でも、いつかはそういう時が来るんだよね。どうなる事やら、マジ心配。

それでは各種薬を飲んで寝るとしよう。

BGM:久保田洋司(元 The東南西北)『Blue Marbles』クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/1/11  19:27

クリックすると元のサイズで表示します

なんとか起きて気合を入れて学校に行ってきた。寒い、とにかく寒い。授業は過去にやったことの繰り返しだけど、未だに理解できていなかった。白熱電球を並列に繋いで増やして行った場合と、直列に繋いで増やして行った場合と、電圧計、電流系を繋いで測定値はどうなるか調べると言うものだが、結局これで何が判るの?て感じ。私の理解不足。

授業は今年から半数が新入生に代わっているので、雰囲気ががらりと変わった。曲がりなりにも私たちは先輩となってしまった。非常に短い期間なんだけど先輩なんだよね。今日は、掃除の仕方を後輩達に教えた。

授業が終わってロッカーで着替えていると、ユニクロで買った新しいジーパンを穿く私を見て、うっわーーー、足短いなーーーと言われてしまった。でも、恥ずかしいと言う感情は今更なく、どうでもいいからお腹が楽だったらいいんんだと思っていた。あと、とにかく寒いから暖かくしたいって事と。

妻が編んでくれたマフラーを今年初めて巻いて行ったら、こちらの方は好評で、手編みじゃないか、編んでくれる人がいるのか!?などと突っ込まれたが、そりゃいますよとかなんとか言って対応した。このマフラーは毛糸の肌触りもいいし本当に暖かいのだ。今まで、2年に1本ぐらいのペースで編んでくれていたんだけど、もう今使っているのが最後だな。

さて、まだ早い時間だけど、咽と腰の養生の為に布団に入ろう。
0

2006/1/10  22:42

広東五目焼きそば  ロケットサラダの日記
朝起きると咽が痛くてたまらなかったのと、腰もやや不調だったので、職業訓練所を休んだ。夕べ寝たのが確か1時頃で、今日8時半頃に一旦起きて訓練所に連絡して、それからまた17時まで寝たので合計16時間ぐらい寝たことになる。

気分も体調もすぐれないからもっと寝ていたかったんだけど、医療事務講座だけは行こうと思って17時に起きたのだ。かなりヘロヘロだったが行って来た。

帰りに何か腹に入れておかなければどんどん弱ると思い、中華料理店(てんじく)によって広東五目焼きそばに酢をたくさんかけて食べた。でも食べた後帰ろうと思って、車に乗り込んだ時に丁度痰が絡んでゲボッとなり、せっかく食べたものをだいぶ吐き出してしまった。ジャンパーは汚れるわ、車のシートは汚れるわ、散々だ。

咽が痛いので煙草は吸っていない。これ以上の悪化はゴメンだ。

今日はこれといって他に何もしていない。て、いつもだけど。
0

2006/1/9  21:59

『東京大学物語』  ロケットサラダの日記
朝早くエアコンの取り付け業者が来て工事をしてくれた。前回にもしてくれた人なので2千円ほどまけてくれた様だ。このエアコンはアパートの台所で使っていたもので、姫路の電気屋(ミドリ電気だったかな?)で妻と選んだ思い出の品である。また使えて嬉しい。

これで、超寒い2階の畳の部屋で暖かくして寝る事が出来る。と言っても私は寒さには特別弱いので、電気敷き毛布とアンカは必需品なんだけど。とにかく寒さが限界を超えると腰に来るもので。

従来のベッドを置いている部屋は、せっかくパソコンデスクを買ってデスクトップ・パソコンを設置して快適に暮らせるようにしたのに、腰的にそこでは寝られなくなった。今はダイアリーを書く為だけの部屋になってしまったな。畳の部屋は快適に過ごせる様にまた1から作り直しだ。今はまだ、音楽すらかけることが出来ない。唯一テレビがあるだけだ。

これで、2階に3つある部屋は、1つはベッドの部屋、1つは畳の部屋、1つはオーディオ・ルームと全部私が占有してしまった。しかしどこもまだ機能的ではない。なんとかしなければ。父と二人暮しなのでこんな状態でも問題はないのだが。

それにしても頂いたメールの返事すら最近書けていない。もらいっぱなしだ。最近書き殴る様な文章しか書けないから文章は日記オンリーであることが多いです。コメントの返事も書いたり書かなかったりで申し訳ないです。でも、ちゃんと読んでいます。読むだけですいません。

************************************

16時頃からインターネット・カフェ(漫画喫茶)に行って来た。例によって『東京大学物語』を読む為だ。と言ってもそれほど行きたいわけではなかった。昨日この先を読みたいと言う場面で終わっていたわけではなかったから。でも、何もしたいことが見つからず、かと言って寝転んでばかりいると体がなまってしまうと思い、気乗りせずに出掛けた。

インターネット・カフェ(漫画喫茶)は3時間で800円。高いが、実際に漫画を買うことに比べたら遥かに安い。失業中の私にとっては次から次へと漫画を買うことは赦されざる行為なのだ(出来ない事はないが)。とは言え、読むのが遅かったら買った方が安く付くと言う事になってしまうのだが。

取り敢えず、今日は、4冊読めた。買うとなれば新品で1冊500円ぐらいするだろう。古本なら幾らぐらいするのだろうか。もしかして漫画喫茶に行くより安い!? でも、全巻揃えるのが大変だろうからダメだ。

で、今日は12巻目から15巻まで読んだ。なんだか主人公の妄想ばかり描かれていて肝心要の現実世界はなかなか進展しない内容が続き、かなり読むのがしんどかった。途中少しとばしたりもした。しかし、14巻目の後半ぐらいからやっとまともな展開になってきて物語が活き活きとしてくる。この14巻目の後半は必読だ。読んでいて元気が出てくる自分に気付いた。私的には登場人物がハッピーになる展開が好きなので、この辺りはなかなか良かった。

でも、15巻目の最後の方で、水野遥が山崎という男に惚れてしまうところは戴けない。これにはがっかりだ。なんで主人公である村上直樹とハッピーになって行かないのだ。悔しいなあ。この辺りで、私は水野遥不信になってきた。なんか短い期間で誰でも好きになっちゃうんじゃないの?と。と少し思い始めた。

続きが気になるが、3時間経ったので仕方なく店を出て家に帰った。インターネットで調べた所によると、『東京大学物語』東京編は「救いようのないまでにバランスを崩壊した膨大な可燃ゴミでしかない」と書かれている。今読んでいる所は東京編だ。う〜ん、まともなハッピーエンドは期待できないな。

しかし、この無気力な私に15巻目まで読ませたんだから、なかなかの漫画である(と現時点では思っている)。とにかく最後まで読んでみよう。

ここまで書いたけど、手元に実物がないので内容を解説する事が出来なくて話が全然判らないですね。すいません。

という訳で、3連休は今日で終わりです。明日は職業訓練所と医療事務講座。また、帰りが遅くなります。嫌だなあ。頭の片隅で、訓練所の明日の授業はどうせ以前やったことの繰り返しだから休んでしまえという指令も出ています。でも、たぶん行くと思います。

今日も昨日の残りの日本酒を飲んでいます。もう暫くしたら寝ます。

BGM:浜田省吾『PROMISED LAND〜約束の地』
0

2006/1/9  1:19

自分がまだまだ若いのが嫌になる。人生長すぎるのだ。はっきり言ってもう80ぐらいになっていたい。気持ち的には実際の年齢ほど若くないのに嫌気が差している。もし、事故にも病気にもならなかったら、まだとてつもない年数を生き続けなければならないじゃないか。しんどい事だ、これは。

同じ年頃の人たちは一体どう思っているのだろうか。まだまだ現役バリバリの感覚なんだろうか。私は競馬やパチンコもしないし、夢中になれる事など一つもないから、時間を持て余しているのだ。だからと言って、人の為になるような事をして残りの人生を生きようなどというパワーもない。どうしようもない人間になってしまっている。

これから仕事を見つけて働いていかなければならないが、気持ちは働きたくなんかない。ニートが出来たとしても、それも時間を持て余すだけだ。では、どうしたいのか。つまり、早死にしたいのだ。もう、望む事なんかないっちゅうに。ほとんど義務で生きているようなものだ。死んだら残った人が大変な事になるから。

という訳で、これからも行き続けなくてはならない。行きたくても生きられない人が世界にごまんといるというのになんと言う事を考えているのだと思われるだろうけど、実際そうなんだから仕方がない。恵まれた境遇でのうのうと生きている私のような人間が得てしてこういうことを考えているのだ。

世の中はおかしい。命は欲しがっている人の所に運ばれるべきだ。

と言う事を眠れないもんだからキーを叩いて解消していた。時には毒を吐き出したくもなるのだ。人生どこまで続くんじゃ。運命よいい加減にしてくれ。

それにしても生きたがっていた妻とは対象的な日記になっているな。以前は私も妻の様に肯定的に生を受け止めていたけど、今や私はこんな人間である。

もし、妻より私の方が先に死んでいたら、残った妻はどんな思いをしただろう。妻とて肯定的に生を受け止められたかどうか判らないはず。いや、でも、妻ならそれでも敢然と病魔に立ち向かっただろうな。ただ、寂しさのあまり憔悴して身体がついていかなくなったかもしれない。

妻には大切な子供達がいるから、絶対にどこまでも病気とは闘ったはずだ。私の場合はそうではないからなあ。子供ではなく父や妹だからそのパワーもそれほど大きなものではない。まあ、小さくもないんだけど。

そんなわけで、未だにだらだらダメ人間のままだ。なかなか次の次元にシフトできない。しかし、これは、仕方がないことで、簡単にシフトできたらそっちの方が人間性を疑うよ、私なら。まだ、嘆きの途中なんだ。いくら日常をこなしていても(こなせてないけど)根本的には変化なし。

さて、私はどこにたどり着こうとしているのだろうか。さあ、書きまくったから寝よう。
0

2006/1/8  22:25

8時前起床。目覚めはまあまあ。今日は天気がよく、窓から差し込む日差しが気持ちいい。やっぱり日光はいいね。

数日前から腰のことを考えて、畳の部屋で寝る事にしているけど、その部屋に付いているエアコンが暖房機能付きじゃない古いものなので、アパートから持ち帰って物置に置いている暖房機能付きエアコンに付け替えてもらおうと、業者に工事依頼していたんだけど、よく考えたらリモコンがどこにあるか判らなくなってしまっている事に気が付いた。

リモコンがなかったら操作できない。ということで朝から寒いのに天井裏の物置を父と探し回る事になった。リモコン・スイッチはアパートから持ち帰ったゴチャゴチャしているものを入れている段ボール箱の中にあった。割と短時間で見つかったので良かった。あんな寒いところ(天井裏)に長時間いると体がおかしくなってしまう。

工事日は明日の午前中。これが上手くいけばストーブをつけなくても暖房オンリーで過ごせるはずだ。父としてはストーブは火が怖いので、こちらの方が安心なのだ。もう火災恐怖症になっているから。

珍しく今日は1階の父がいる部屋にいた。石油ファン・ヒーターと炬燵をONにして。2階にいても寒いだけで何にもすることがないから。そして、炬燵に入って1時間ほど寝たかな。まあ、それだけなんだけど。

それから、父の部屋にあるテレビデオでビデオを観せてもらおうと思って、レンタル・ショップに行くと言って家を出たんだけど、結局そこへは行かず、インターネット・カフェ(漫画喫茶)に行き、『東京大学物語』の続きを読んできた。今日は11巻目まで読んだが、なかなかハッピーな展開にならずだれてきた。私としては好きなもの同士が結ばれる展開を希望しているのだが、11巻目までではそうならないのだ。続きは後日読むとする。

漫画喫茶を出るともう18時頃で暗くなっており、また、アパートに車を向けてしまった。妻がいるような幻影と言うか雰囲気を求めて。アパートは私の思い出パックだからね。外から眺める事しか出来ないんだけど。

妻が通院していた病院にも行ってみた。暗かったからよく見えなかったけど、色んな記憶が蘇った。でも、現実にはもういないんだよね。

その後、思い出の場所である神戸の異人館(と言ってもその頃妻は松葉杖でしか歩けなかったので一部だけなのだが)に夜のドライブがてら行ってみようと思い立ったのだが、途中で色んな思いが交錯して力が抜けてきたのでやめ。かなり遠いから気力がある時でないと行けないのだ。

そして途中COOPに寄り、日本酒を買って仕方なく帰って来た。たまには日本酒を飲んで酔ってもいいと思っている。でないとやってられない。

明日も休みだけど、午前中にエアコンの工事業者が来るからいつまでも布団の中でぐずぐずしていられないな。

BGM:ボブ・ディラン『追憶のハイウェイ61』
0

2006/1/8  9:25

「病気」  
 「病気」

病気になった

ベッドの上で、何も出来なくなった自分に
ほっとしたりする

その空間は
何もなかった

日常のすべての行為が何もなかった
生きて死んでいるような空間

家族の悲しげな顔さえ
虚ろに見えた

何もしなくていい日々に
つかの間安らぐ

食べることも忘れる日がある
眠ることも忘れる日がある

洗濯も掃除も
人と話すことも忘れる

排泄をするのさえ重い体と心



詩:のり
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ