2006/1/5  23:37

ケータイ壊れる。  ロケットサラダの日記
本日は、今年最初の活動日。18:30から医療事務講座だった。今日は以前休んだ分の振り替えの日なので、いつもと違う先生だった。でも、私が講座をやめる話を聞いてくれて、色々相談にのってくれた。私が医療事務の方向に進まない事はそれでいいとして、講座の終了テストに合格しないと、払ったお金の40%が返ってくる制度が適応されなくなる事を考えてくれて、色々アドバイスをもらえた。

終了試験は受かるまで何度受けてもいい事、また、受かる要領などを教えてもらった。あと3日までなら休んでも可という事も判ったし、気分的に少しは楽になれた。こうなったら、40%のお金を目指して頑張るぞ。

今日の先生は、気さくに話に乗ってくれて、親切だし優しいのでなんだか気持ちがほっこりした。う〜ん、なんだかお茶に誘って世間話でもしてみたい感じ。て、しないけどね。

昨日買ったズボンのうちコーデュロイのやつを穿いて行ったが、あんまり暖かくなかった。下半身はやはりパッチ等を穿いて保温するしかないかな。それか、パジャマの上にズボンを穿くか。会社に行ってた時はよくこの方法を採っていたんだよね。ロック好きの同僚にカート・コバーンみたいですねと言われたりして。

女性はスカートを穿いて足を出している人もいるけど、よく耐えられるなと思う。素肌剥き出しじゃないか。

とか書いていたら、腰の痛みが徐々に出てきたので痛み止めの飲み薬を飲んだ。やっぱり飲んでいないとまだ痛む様だ。

ところで、帰る途中携帯電話を見てみたら壊れていた。開いても画面が表示されないし、どのボタンを押しても何の変化もなし。電池切れのはずはないが、念のため家に帰って充電器に繋いでみたけどやっぱりダメ。壊れるの早いなあ。この間買ったばかりなのに早すぎるよ。

年末辺りからデスクトップ・パソコンのAOLが起動しなくなるし、ノート・パソコンは壊れるし、腰痛になるし、携帯電話は壊れるしどうなっているんだ。気分的に落ち込まないのが唯一の救いだよ。

明日は、職訓と医療事務講座。朝出掛けて帰るのは22時前。私の腰よ頑張れ。
0

2006/1/5  1:16

神経ブロック注射  ロケットサラダの日記
数日前からノート・パソコンがちゃんと立ち上がらなくなっていたので仕方なく再セットアップをしたら、正常に起動するようになった。だから、腰のことも考えて、寝転んでノート・パソコンでダイアリーをノート・パッドに書いていたんだけど、更新するまでにフリーズ! 何度やっても更新する所までたどり着かない。

今までに経験した事のない異常な状態で、画面に黒とピンク色の横筋が流れたりメチャクチャだ。それとか、ピンク色の画面でシステムが起動できない旨の警告が出たり。ピンク色の画面なんて初めて見たよ。

もう寝ようと思ったけど、今日の日記は出来れば今日書きたいと思ってデスクトップ・パソコンの方で今これを書いています。そこまでする必要があるのかって感じなんだけど、もう何度もリカバリーにトライして失敗しているのでこうなったら勢いで書いてしまえと。意地になってます。書いとかないと安心して眠れないかもしれないし。

************************************

1月4日(水)・・・日が替わってしまった。
本日は腰の調子はだいぶマシになっており、診療所まで行けると思ったので父に連れて行ってもらいました。で、レントゲンを撮ってもらったんだけど、以前に圧迫骨折をしている形跡が残っているけど、何かあったのと聞かれたが、思いつくことなし。それであとで、よく考えてみたら、そういえば友達と絵画を観に行った時に、私は助手席に乗っていたんだけど、バックする時に鉄柱にぶつけちゃったんだよね。

あの時は結構衝撃があったので、あれかもしれない。でも、その骨の部分はもう固まっており、今の症状とは別問題と言う事で、全体的にフィルムを観てもらったけど、問題なし。では、一体なんなのかよく判らないが、実際痛いので、神経ブロック注射と言うのをブスリと尾てい骨の辺りに打ってもらいました。

昔の私だったら、それだけでびびってしまったはずなんだけど、私とて妻との闘病を共に闘って来た訳だから、そうそうの事には動じなくなっていた。半分お尻を出して、いつでも来い!ブロック注射!!と待っていたんだけど、いつ針が入ったのか不明なんだけど、確かに痛かったです。なんか気が付いたら針が奥の方に進んでいて、液(薬)が体内に溜まって行く様な感覚。結構長く感じられたな。

でも、痛みとしては充分耐えられる範囲のものなのでこれからそういう機会がある人は、それほど怖がる事もないと思います。で、効果なんですが、もう、打った瞬間から効果覿面でした。今まで注射でこんなに即効性があるものに出くわした事がないというほどに。

まあ、名前通りに痛みをブロックしているだけなんでしょうけど、私としては大満足でその後、普通に喫茶店に行ってここは力を付けておかなくてはと思い、普段は頼まないコロッケ&チキンカツ定食を父に奢ってもらって食べました。父が、昔からよく行っている喫茶店で、私は初めてだったんですけど、ああ、ここが父にとってはホッと一息つける空間なんだなあと思って感慨深かったです。テーブルがゲームになっている所が懐かしいと言うか、まだこういう所があるんだなとも思いました。

昔、職場の先輩とこの手のゲームを置いてある喫茶店によく行っていて私はしないけど、先輩がマージャン・ゲームでよく15万円とか出していましたね。そういう懐かしい事も思い出しました。

父も自分のテリトリーだからか、幾分リラックスしているようで頼もしかったし、ああ、これが母が死ぬ前の本来の父の日常だったんだろうなと感じました。やっぱり行きなれている所が落ち着きますからね。

定食は思いの他ボリュームがあって、おかずは全部食べたけど、ご飯を半分ぐらい残してしまいました。バリバリ働いていた頃はあれぐらい食べられていたんだけどな。やっぱり運動量に比例していると思います。

その後、自分のウエストにあったズボンを買う為にユニクロに車を走らせてもらいました。私は足が短い事がコンプレックスの一つで、それは妻と出会って私を認めてくれたから、妻がそのズボンが似合っているよと言ってくれれば、解消できるようになっていたんですけど、今は、そう言ってくれる妻がいないから、鏡に映った自分の姿を見て意気消沈です。

でも、そうも言っていられないから適当なものを選んで買って来ました。そういうことを考えると自分の良さを判ってくれて応援してくれる人がいるというのは本当に幸せな事だなと思いました(前から思っているけど)。だから、お互いに好きだって事は自由になれるって事に繋がるなと。

よく、結婚すると自分の自由がなくなると言う話を聞きますが、私としては結婚はさておいて、お互いに好きだと自由が得られると思っています。コンプレックスから脱却できるかもしれないんですから。

一人より二人の方が自由になれるんだというのは、妻と出会う前からの私の持論で、それを舌足らずで開陳した時に、妻が私が言わんとしている事を逸早く察知し、共感してくれたんですよね。

これは男として女性を惹き付けた、私としては珍しい思い出でもあり、あんまりいい所のない私にしてはなかなか良い考え方ではないでしょうか。私は妻を尊敬していたから、妻に認められる事は本当に嬉しい事だったな〜。

************************************

と勢いに任せて書いた本日の日記でした。

ノート・パソコンを修理に出さなくては。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ