Depressed human input and output.
HN:ロケットサラダ
♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡
※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。

2006/2/28  19:57

本日は休んだ。夕べビールを飲みすぎたのか、寝ている間中苦しかった。次から次へと悪い夢が続き、勘弁して状態の眠りだった。悪い夢は本当に不快だ。

途中何度か起きてネットを見たりしてまた布団に入るパターンを相変わらず繰り返していたけど、15時過ぎには本格的に起きた。薬が今日の分しかないから、神経内科に行かなければならなかったのだ。先生には相変わらずですと報告した。すると薬を替えましょうかと言われたが、今飲んでいる薬でいいと思うと伝えた。

私の場合生活習慣が乱れているので、薬も飲んだり飲まなかったりになってしまっているのだ。だから、現在飲んでいる薬の効き目を適正に判断できない。適正に飲めばもう少し改善されるかもしれないのだ。全て自分が悪いことは判っている。

書店にも行った。格闘技の雑誌を2冊パラパラと捲ってみたがその時、抜け殻の様になっていた私には何も感じられなかった。しいて言えばK−1の佐藤嘉洋選手の記事が良かったかな。

後はラーメンを食べて帰宅。今の所、明日も学校に行く気持ちが湧かない。たぶん休むだろう。

妻に思いを馳せ、先日亡くなられた詩人の茨木のり子さんのことを思っていたら、自然と妻の形見の茨木さんの詩集に手が伸び、「汲む」を再読した。私もこの詩が好きだな。
0

2006/2/27  23:10

2月27(月)  ロケットサラダの日記
4時起床。何にもやる気が出ないが訓練所に行くことは行った。行ったら行ったでそこそこ元気は出た。と言っても授業の課題そっちのけで、こそこそお喋りしていただけなんだけど。そうやって気を紛らわせていた。今日の授業はプログラマブル・コントローラの最終日だったが、課題が全然解けないので諦めモードだったこともあるのだが。

明日からは、先生がまた替わり、第1種電気工事士に対応した授業だ。でも、私はどうも気分が乗らないから休もうと思っている。どうも私の人生に直接関わることではない様な気がしてきたし。

今日は先週の金曜日にもやったけど、別のメンバーで、3月から就職する2人の送別会に参加した。今回はファミレスで行われた。と言っても形式ばったものではなくて一緒に食事をしながら一時を過ごすだけなんだけど。4時間ぐらいいたかな。金曜日にやったから私は別に参加しなくてもいいんだけど、なんだか名残惜しくて。

数ヶ月であったけど一緒に一時を過ごした仲間であり、私からすればかわいい年下達って言うと語弊があるんだけど、私は人生の先輩であるという自覚がある2人だった。能力的には2人の方が遥かに上なんだけどね。

でも、なんだろうな、能力では劣っていても伝えたい事があるって言うか、先に生まれてきた事で経験値が上回るというか、誰でもそうなんだろうけど、私も年下に対して根性を注入したい気持ちになるのだ。

自分の感情が母性的かなと思ったけど、やっぱり父性的なんだろうね。まあ、はっきり言って私の方がよっぽど危うげなんだけど、そういう感情に見舞われるんだ。こんなに安定感に欠ける私なのに。

今日は妻と抱っこネンネして眠りたい。明日の事なんか知るもんか!
0

2006/2/26  20:54

2月26日(日)  ロケットサラダの日記
月曜だと勘違いして行かなくちゃと思い、6時に起きてしまった。でもまだ日曜だった。取り敢えず朝の分の薬を飲んで、PRIDE.31の予想を立ててUP。バウレビの予想スレッドにもカキコ。そのまま起きていた方が健康的なんだけど、することが無いのでまた寝る事に。本当はウォーキングやジョギングをするべきなんだけどな。

起きたり寝たりを繰り返し夕方になったが気持ち的にあまり調子がよくない。妻の死という事に頭が行ってしまう。やっぱり死んで無になるという事が受け容れられていない。会えなくてもどこかで生きているというなら判る。でも、この世界から彼女の存在が無くなるということがどういうことなのか。

まだ拘っている自分がいるんだな。死とはなんなのか。何度も経験したのに判ってないのだ。妹の一人の死も、母の死も。きっと人の心は理屈ではないんだ。理屈のように見えるのは外側から見た場合であって、自分自身はワケが判らない。

夕方になって夜の分の薬を飲んだ。今日も本来するべきことは何も出来なかった。

PRIDE.31の速報をネットでリロードを繰り返しながら見ていたが、気分が乗らなかったな。予想も外れまくりだったし。見る目の無さが露呈されてしまった。

だけど、メインであるハント(132.5s)vs西島(95.5s)で、体重差も大きく圧倒的に不利だと思われていた西島が諦めず粘りに粘ったという記事を読んで、胸が熱くなった。「なんであきらめないんだ西島。すげぇよ。すごすぎるよ。」とかリアル・タイム速報で流れるのだ。それで、少しだけど元気になった。

西島選手には個人的に期待していたんだけど、ハント選手に勝つのはいくらなんでも無理だと思っていた。それが必死に食らいついたそうなのだ。ありがとう西島選手。(というかレフリーのストップが遅すぎたのかな?)
0

2006/2/26  6:29

『PRIDE.31 -Dreamers-』勝敗予想  ロケットサラダの日記
○ペトロ・ヒーゾ VS ●ローマン・ゼンツォフ ハズレ
○ランペイジ・ジャクソン VS ●ユン・ドンシク 的中
●ユノラフ・エイネモ VS ○ファブリシオ・ヴェウドゥム 的中
●高阪剛 VS ○マリオ・スペーヒー ハズレ
○セルゲイ・ハリトーノフ VS ●アリスター・オーフレイム ハズレ
●中村和裕 VS ○ジョシュ・バーネット 的中
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ VS ●田村潔司 的中
○マウリシオ・ショーグン VS ●マーク・コールマン ハズレ
●西島洋介 VS ○マーク・ハント 的中


西島洋介選手がどのくらいやれるのかに興味があります。

高阪選手は相手の研究をせずに自分の練習に集中していたそうで、その辺がちょっとなあ。私が思うに、相手の研究をしなくてもいい人はヒクソン氏だけではないでしょうか。でも高阪選手が勝つ可能性も大いにあるので外れるかも。

ヒーゾvsゼンツォフは微妙ですね。どっちが勝つか全く判らない。ヒーゾ選手は前回ハリトーノフ選手にいい所なく負けたのであのままだと負けるかな。でも、今回は必死で挑んでくると期待しています。

エイネモvsヴェウドゥムも微妙。関節技、絞め技などでは互角としてもヴェウドゥム選手は打撃で勝っていると思っています。

後の試合は選手には失礼だけど大体結果が見えていると思う。波乱がおきない限り当たると思います。

たぶん全当たりは無いでしょうね。

バウレビ勝敗予想スレッドはこちら→予想
0

2006/2/25  23:39

2月25日(土)  ロケットサラダの日記
夕べは疲れていたので熟睡したと思う。だから夢を見なかった。私は今まで夢なんか見ずに熟睡できた方がいいと思っていたが昨日いい夢を見てから少し考えが変わった。夢の世界で癒されるならGOODではないか。そして、見た夢の心地よさは起きてからの現実生活にも影響を与える。だから夢の良し悪しは重要な事だなと思った。

実際、夢と現実の違いなんて判らない。主観的には現実と思っていることが夢で、夢だと思っていることが現実と考えてもいいはずだ。いい夢を日々見れる人が幸せなのかもしれない。そう考える私はやっぱり現実逃避してる? 

現実逃避するのは理由があるからだ。理由が無ければ誰も逃避しない。サルトル氏の言葉で「地獄とは他者の事だ」と言うのがある。現実では他者が一杯いるもんね。それを突き詰めればそういう言葉が出てくるのかな。私は他者=地獄だとは思わないけど。それは違うのではとはっきり言いたいぐらいだ。

私は、一般的にはだらけたダメ人間である。S先輩には○○は情緒が不安定だと言われている。意欲を出しているかと思えば、別の日には、ふぬけの様になっていることをよく見ているんだろうな。それが激しいそうなのだ。

今は、訓練所の先生方にも目をつけられている。だらけぶりが目立つのだろう。自分は、精一杯やっているつもりでも服装や、無精ひげののび方などから見る人が見れば判断される。まあ、そんなことはどうでもいいのだが。先生も私が大人なので気を遣いながら注意してるしね。

実際には、ただ単にだらけているのではない。私にはそうしか出来ないのだ。

そういえば昨日、荒川静香選手がフィギュアスケートで金メダルをとった時の映像を見た。やっぱり素晴らしいと思った。安藤美姫選手も転倒しながらも最後まで演技を続けて素晴らしかった。何度失敗してもトライする。失敗しても立ち上がってくる度に観ているこちらの生命力が高まってくる気がした。

明日、PRIDE.31がある。そろそろ予想を立てなくては。私の数少ない楽しみだもん。
0

2006/2/24  21:25

2月24日(金)  ロケットサラダの日記
朝凄く眠く、少し苦しかったけど、いい夢が見れた。満足。そして今週は日々をやり過ごす気力を維持できた。前向きであると言うよりも肯定的であると言った方がしっくりする。

と思っていたが、訓練所の授業が終わってから、3月から就職する2人の送別会的なことを焼肉屋でやっている時、だんだん沈んできた。家に帰ってすぐ、安定剤と抗鬱剤を飲む。金曜日だし疲れがピークなのかな。
0

2006/2/23  22:04

水がおいしい。  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
夕食

ああ、PC(プログラマブル・コントローラ)の授業についていけていない。ワケ解らん。クラスメートのみんなも就職活動でわさわさしているし。でも、私は大丈夫。暖かい何かに包まれている。私がいるこの世界と同期が取れているし、妻とも同心円上にいる。だから孤独じゃない。

昨日色々とたくさん食べ過ぎたからお腹がポンポコリンだ。1日経っても変わらないな。今日は風があって寒かったけど、車に乗ると比較的暖かかった。いいね〜。

万全ではないけど、ある程度のレベルを保って日常に立ち向かえる。自然な事なんだろうな。本日はお風呂に入らないで、明日、起きた時に朝風呂に入る予定。今日は、日記を書き終わったらゴロンコだ(書き始める前も寝ていた)。

野心も何も無い。ただ生きているだけだ。ほのぼのとして。それでいい。草花もきっとそうだ。綺麗に咲こうなどとは自分では思っていないはず。生きていく為に水分や栄養を摂っているだけだと思う。そうじゃないのかな?

最近、夜中に咽が渇いて毎日水を飲みに起きて台所に行っている。水が美味しいなあ。

BGM:ドリフターズ
0

2006/2/22  19:25

まあ色々書くさ。  ロケットサラダの日記
奥山貴宏さんは去年亡くなったのだが、テレビで何回も再放送されて未だに影響力がある。特に奥山さんより年下の人には物事を考えさせる所まで持っていく力があるのではないかな。ブログの反響を見ていると良い影響を与えているのがわかる。そういうことは奥山さん自身が意図した事かどうか解らないけど、現実にそうなのだ。だから番組を観ていると重いけど、大きな意味がある。

私なんかは年上だからブログや日記(さるさる日記)を見て物足りない所があったけど、それでも面白かった。反響がBBSに反映されたりしてね。そういった楽しみを供給してくれて大いに私たちを巻き込んでくれたが、実の所、私や妻の焦点は彼の闘病ぶり、どこまで病気に拮抗できるかだった。

だから彼のスタイルと私たちの思いはすれ違う事もあった。でも、それは、自分達よりも若い人が闘っていると言う感覚だ。私なんかは遠い所からのアプローチだったけど、妻は違っていた。同じ病気と闘っている戦友的感覚だったと思う。そんなわけで妻は最後の最後まで奥山氏に最大限のアプローチをしていた。

奥山氏が最後に口述筆記で配信したあの3行に対する妻の全知力、全能を込めて書き込んだ「うちにある3冊にまとめてサインが欲しいな〜」は渾身一滴のものだ。あの状況では相当な勇気と決断力が無ければ書けない。妻は自分より遥かに年下の奥山氏が危機に瀕していることが不条理だと思っていた。

この辺りの厳しさ、現実を解ってもらえるだろうか。年上が年下に負けていたら言葉なぞかけられない。という言い方は私が加工したものだ。妻の思いは戦友に対して惜しみなく送られる。

その局面を考えれば私の存在など、取り敢えず置いといてってなものだったろう。でも、それはその方がいいんだ。そんな妻が好きだったんだから。

あはは。判ってもらえるかな。私がベスト・パートナーだって事を。たとえふがいないとしても。(ノロケ)

BGM:ドゥーワップのアルバム(プラターズ等が入っている。)
0

2006/2/21  20:00

2月21日(火)  ロケットサラダの日記
今日は午後から暖かく気持ちが良かった。そして昨日から上向きになってきた気持ちが今日も維持された。こういう感じは久し振りだ。長く暗い道を歩いていたと思うが、取り敢えず明るみに出た。訓練所は3月28日で終わるから、休みの日を除けばみんなと会えるのは実質あと1ヶ月もない。

そして、ほとんどの人が最後の追い込みというか就職活動に精を出している。みんなの動きが盛んだ。私はたぶん訓練所を卒業するまで具体的に勤める所を決めないだろう。車と同じで急発進とか急停車はしない方がいい。マイ・ペースでいこうと思う。自分はみんなと違う意味で手負いだし。

進む速さはそれぞれ違うのが当たり前だ。誰一人同じ人生を歩んでいるのではないから。とにかく今日は昨日の感覚を維持できた。というかさせてもらえた。明日はどうかわからない。でも、今日を生きられた。そして明日も生きられる気がする。

という実感が今の全てだ。この感覚に言葉を付け足したり、心をほじくり返そうと思わない。その必要が無い状態になっている。もう妻と同一化しているのかもしれない。

だから私が生きていることは妻が生きていることなのかもしれない。

BGM:クランプス
0

2006/2/20  19:57

力が湧いてきたかも。  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯

プログラマブル・コントローラーの授業、第1日目。まずまずかな。訓練所の帰りに塩○さんに声を掛けられて、喫茶店に一緒に行った。途中でK田さんが、私たちを見つけて店に来た。話題はやっぱり仕事の事。私とK田さんは不安だらけなのだ。K田さんは元ホテルマンで異業種を目指しているからそりゃ不安だろうな。私は自分の元気の無さなどが不安なのだ。

喫茶店を出てから、家に向かって車を走らせていたが、なにやら頭に血が巡ってくる感覚を覚えた。活力が出てきた感じだ。一々落ち込んだり考えなくても、この世界は妻に包まれている様な感じ。やる気が出てきたかも。

BGM:クランプス
0

2006/2/19  21:51

2月19日(日)  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯

本日は、やはり1日のほとんどの時間、布団の中にいた。でも、なんとなく活力が出る予兆みたいなものを少し感じた。気のせいかどうか判らない。もしかしたらそのうち元気が出てくるかもしれない。晩御飯も食べたし、お風呂にも入った。

ほとんど動いてないから書くことがあんまりないんだよね。明日からの授業はPC(プログラマブル・コントローラー?)に入る。無接点シーケンスというやつだ。自分なりに頑張ろうと思う。
0

2006/2/19  19:31

「ETV特集 オレを覚えていてほしい」を観て  ロケットサラダの日記
今回観た奥山貴宏氏の「ETV特集 オレを覚えていてほしい」は前回観た時とは違って見えた。一度観たものだから冷静な目で観れたということだろうか。あれ?こういう場面あったっけ?という映像がいくらかあって、なんか編集しなおされている様な錯覚に陥った。部分的に忘れているんだろうね、きっと。

前回は奥山さんが使っているキーボード等に目が行き、オーディオ・システムはどんなだろうと気になったりしたのだが、今回特に印象に残ったのは、使われている曲、そう、あの度々流れる奥山さんのテーマ曲みたいな奴だ。今回はあの曲が誰の曲なんだろうという事が気になる。2度目にしてかっこよさが理解できてきた。名曲ではなかろうか。

今回観た感想は、人事じゃない気がした。私も妻を同じ病気で失っているから、テレビに映し出される病状が妻と重なるのだ。

死後10日経ってからお母様とパブリデイの吉田さんが、奥山さんの部屋を訪れた映像が流れた時、全身が硬直した。残った者にとっての生きていた人の死後の世界がそこに突然現われる。そして、死後の世界で生きていかなければならなくなる。これがとてもきつい事だというのを私は味わっているのだ。

私の場合は妹の一人、母、妻と3度目なのだが、やっぱりきついものはきつい。いつかは自分も死ぬが、それまではこれに耐えながら生きて行かねばならない。ということで今回は特に重く感じられました。
0

2006/2/19  13:29

もうすぐ始まる。  ロケットサラダの日記
奥山貴宏氏の「ETV特集 オレを覚えていてほしい」を観たい&録画したい為に、寝てしまいたい所を我慢して映画『バニシング・ポイント』のDVDを観ながら、なんとかあと1時間を切るという所まで来た。

だんだん気合も入ってきて低かったテンションが高くなってきた。今まで寝る事によって逃げてばかりいたが、起きていたらそれなりに気分の変化もあるね。

奥山ファンは今頃みんな観る体勢に入っている事だろう。私にとって奥山さんは妻の思い出とセットになっている。観る事に何の意味があるのか、観たいから観るだけだ。過去を振り返る事で明日に繋がることもあるはずだし。

さあ、奥山さんと○○、天国から画面を通して私を貫いてくれ。
0

2006/2/18  21:20

2月18日(土)  ロケットサラダの日記
9時過ぎ起床。久し振りに爽快な目覚め。熟睡できており、夢も見なかったし、途中で一度も目が覚めなかった。2日間飲まずにいた睡眠薬と、その他の薬を夕べ同時飲みしたからか。毎日こんな風だったら、就職活動も前向きに出来る気がする。あ〜、疲れが取れているっていいなあ。外を見ると天候が良く、日差しが気持ちいい。

とか言って一回14時に起きたけどまた18時まで寝ていた。起きてから父と夕食(私にとっては朝食)に焼肉を食べに行った。父は調子が良かったが私はそうでもない。やっぱり元気は出なかったな。朝起きた時と違って、また、沈んでいた。夜だからかな。

帰りに妻とよく飲んでいた銀河高原ビールを買おうと思って、妻とよく行っていたコープに寄ったが、もう置いてなかった。ちょっと寂しいな。店内を歩いていると、妻とよく買い物に来た記憶が蘇った。銀河高原ビールは無かったが、今日は美味しいビールを飲みたかったので、エビス・ビールを買った。

ビールを飲みながら、なんだか凄くしんみりしている私。ため息をよくついてしまう。起きていたくないが、今日は25時5分からNHK教育テレビ 全国放送で奥山貴宏氏の「ETV特集 オレを覚えていてほしい」があり、録画したいと思っているので頑張る。DVDで録画した事が無いので、取扱説明書とにらめっこをしながらやるしかない。
0

2006/2/17  23:29

2月17日(金)  ロケットサラダの日記
5時に起きた。ずっと悪い夢が続いており、身体からしんどさが抜けない。これって、軽い喘息の発作なのかもしれない。微妙に息苦しい気がする。普通は寝たら疲れが取れていくはずだが、眠っている最中も若干苦しいし、起きた時は寝る前よりしんどくなっている気がする。よって、禁煙決行。

だけど訓練所に行っても最初は煙草を吸わずに頑張っていたが、10時20分からの休憩でとうとう吸ってしまった。その後も本数を気にして極力吸わないようにと思っていたが、やはりある程度は吸ってしまった。一度吸い始めてしまった煙草を断つというのは並大抵の事ではない。

以前に書いたことがあるかもしれないが、私は4年間煙草を断ったことがある。それをまた吸い始めてしまったのは、妹の一人と母が死んだ時からだ。そして今、妻が死んだ状況がある。私にとって煙草はある意味悲しみを紛らわす為の手段になっているのだ。心と繋がっているから止められないんだろうと思う。

昨日、同じ会社に面接に行っていた2人が、今日の実習中に採用の報せが入った。2人とも火災報知器の実習で同じチームなのでその報せを聞いた時は、チームのみんなが喜び、私もその喜びを分けてもらった。なんか、自分が合格したような嬉しさがあった。募集人数は一人だったのだが、2人とも採用になった。それがなんか凄く嬉しいのだ。1人ではなく2人というのが輪をかけて。

2人とも私より遥かに年下で(20代中頃)、まだまだこれから喜びを味わえる年齢なので、存分にそれを満喫して欲しい(て私なんかが言う事ではないが)。あ〜、なんか、親の様な気持ちだなあ。職業訓練所は3月28日が最終日だけど彼らは3月から仕事に就く。

私はまだ心が定まっていない。正直就職モードに入れないのだ。就職する時、それは、妻との心の生活から離れる時であると思うからだ。そんな事は無く就職しても大丈夫と思いたいが、現実は違う。だから、その気になれないのだ。まだ、妻と暮らしていたいのだ。判ってもらえるだろうか。言葉で表現できない所で私は妻と暮らしている。頭で整理できる所の外で一緒に暮らしている。

妻と離れていく作業に心を奪われたくない。だが、そのうち働かなくてはならない。苦しい所だ。ここ何日かの間に「元気が無い」、「暗い」、などと何回となく言われた。だが、それも、さもありなん。

だらしないと思われる所以はそんな所にある。今の私に思いつく手立ては寝逃げすることだけだ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ