♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡ ※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。

2006/8/8  21:05

まだまだだな  ロケットサラダの日記
明石焼きを食べた後、一旦家に帰り小休止して、TSUTAYAにクールダウンしに行ってきた。格闘技系の雑誌でDVDが付いているものが発売されていたので買いそうになったが、なんとか堪えて店を出た。

そして将棋センターに向かった。本日の戦績は1勝2敗。内わけは、第一対局が、4級の人が相手でこちらは1級なので飛車落ち。それでも余裕で勝てた。

問題は2戦目。相手は2級の方だから、勝たなければならなかった。対局中は勝てる感触が常にあった。しかし、最終的にはきっちり負けたのだ。一体何なのか。私のどこがいけないのだろうか。

3戦目は同じく1級同士の対戦。これも勝てる要素は多分にあった。が、要所要所で判断ミスをし、ヌルい手ばかりを選んでしまった。そして最終的には入玉され、こちらは持ち時間もなくなって考える暇がなくなってしまった。持ち時間がなくなるのは、それまでに知らず知らずのうちに長考してしまっているからだ。

長考しても大した案は浮かばないと言うのに。結局時間切れで負けた。でも、時間があったとしても負けていただろう。私の悪い所がモロに出ていた。焦って攻め一本槍になっていたのだ。そして持ち駒もなくなり、それ以上攻める事が出来なくなってしまったのだ。

対して相手側はまんまと私の攻めを凌ぎきり、入玉を果たし安泰。最終的には私の完敗であった。悔しい。が、皆さんいい人ばかりで、楽しい時間を過ごせた。あの人達は人間が大きいね。自分も楽しみ相手をも楽しませる。素晴らしい事だよこれは。

その後、有段者同士の対局を観戦したが、やはりレベルがダントツに違う。佇まいからして全然違うのだ。お互いに凄い集中力で、盤面から目を離さない。私なんかあっちを見たりこっちを見たり携帯を見たり、全然なっていない。その有段者の将棋は一方が居飛車でもう一方は振り飛車で囲いは穴熊である。

結果、居飛車側が勝った。年齢的には若い方が勝った。格好いいと思った。どちらもだ。年配の方の方はどこかで見た事があるような気がしたが、おそらく重役クラスだろう。その若い方は颯爽と帰って行った。

いつか私も同等に戦える日が来るのだろうか。精進しなければならない。

ところで7月の成績表を渡された。それによると勝数2、敗数1と言う事で勝率66.7だった。1回しか行ってないもんな。このままだと8月の成績はそれを下回ってしまう事になる。また行って挽回しなければ。

現在私は1級だが、初段になるには20勝10敗以上の成績を上げなければならないみたい。厳しい事は厳しいが、上に行くほど厳しい様だ。

初段より二段へは、30勝10敗以上、二段より三段へは30勝8敗以上、三段より四段へは30勝5敗以上、四段より五段へは40勝5敗以上となっている。

因みに師範はプロの八段である。お目にかかったことはないけど。頑張らなくては。
0

2006/8/8  14:08

クリックすると元のサイズで表示します
玉子焼き(明石焼き)@600円

本日の昼食は明石焼きと生中。だし汁が美味しい。この店の明石焼きは焦げ目をつけているね。もっとふにゃふにゃな店もあります。
0


AutoPage最新お知らせ