2007/11/30  23:59

11月30日(金)  ロケットサラダの日記
給料をもらったので仕事が終わってから借金の返済回りをした。これにより早くも残りは少なくなってしまった。なのでしょんぼり。寒い中、アミューズメント・パークにあるベンチに座って煙草を吸い、しばしボーとしていた。

話が前後するが(いつもの事だけど)、会社では格さん(格闘技の話が出来る同僚)が『債務整理、借金返済各方法・手続きにかかる費用について』という小冊子を持って来てくれた。たぶんネットで調べてプリントアウトし、ホッチキスでとめて作ってくれたのだろう。誠に親切な人だ。

私はいつも親切にして頂いているから、及川正通作『大麻団地』という漫画が載っている本を持って行き、貸した。この漫画の台詞は寺山修司氏が手掛けている。及川正通氏は雑誌『ぴあ』の表紙のイラストを書いている人だ。『大麻団地』は素晴らしい作品である。

スーちゃん(スナックの人)とは出会わなかった。ああ、ブログとはいえ彼女の事をちゃん付けで表現すると、現実にはまだそこまで言っていないので違和感を感じる。これでいいのだろうか・・・・ 
0

2007/11/29  20:48

11月29日(木)  ロケットサラダの日記
今日はスナックの人と出会わず。だからかどうなのかわからないけど、手紙?は貰っていない。

今日も格闘技の話が出来る同僚にやっぱり痩せて来ていますよと言われたが、あと10sは行けると返答した。そんなに痩せて格闘技の軽量級にでも出るつもりですか?と聞かれたので、KID選手と闘いたいと大口を叩いた。KID選手が何sなのか知らないんだけど。

ゴメンKID選手。職場での他愛もない話しだから気にしないでね(する訳ないだろうけど)。

そう言えば大晦日に行われる『Fields K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!』で山本“KID”徳郁vsハニ・ヤヒーラが決まった。これはもうKID選手が勝つとしか思えない。カードとしての魅力に欠ける。ヤヒーラ選手はヒクソン氏の弟子とか言われていたけど、未だにパッとした戦績をあげていない。勝つイメージが全く湧かない。

K−1谷川貞治イベントプロデューサーが「KID選手にとっては危ない試合。今までで最強の相手かもしれない」と語っているが、全然そう思えない。ホイラー・グレイシー選手でさえもKOされているんだからよほど上手く行かない限りはヤヒーラ選手は負けると思う。

HIROYAvs藤鬥嘩裟の15歳同士のK−1対決は少しだけど興味がある。どちらもホープなので。

格闘技の話が出来る同僚は漫画が好きなのだそうで、その道ではかなり物知りである。寝る前によく『グラップラー刃牙』や夢枕獏さん原作の『餓狼伝』を読んでいるらしい。

私は前者には全く興味が無く、まともに読んだ事がない。後者もそうだが、夢枕さんの小説は高校生ぐらいの時に『キマイラ』シリーズを読んでいた。あれは途中で出なくなってしまって、完結していないのが残念だ。あそこまで読者をグイグイと引っ張っておいてプッツリと途切れるなんてがっくし。

同氏の小説では『闇狩り師』、『陰陽師』も読んだけど、個人的にはキマイラ・シリーズが一番面白かったな。

格闘系漫画では純粋格闘系ではないかもしれないけど、蛭田達也さんの『コータローまかり通る』が一番好きだ。あれには当時逸早くグレイシー柔術も出て来た。最後の方に危ない空手キチガイのオッサンが出て来て、そのキャラクターが絡む所が一番面白かった。コミックスを何度も読んで涙を流したりしていたなぁ。

他では原作・武論尊、作画・原哲夫『北斗の拳』が良かったと思う。『ドラゴン・ボール』には全く興味なし。連載が始まって直ぐに読むのを止めたクチだ。

読みたい漫画はたくさんあるけど、買えないし、時間もないからこのままズルズルと読まずに歳だけ食って行くのだろうな。

オーディオ・システムでビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』とか「グッド・ヴァイブレーション」を聴きたかったのだけど、寒いしそれほどのエネルギーも残っていないから止めておこう。パソコンではピンク・フロイドをかけている。
0

2007/11/28  21:03

渡すものは渡した  ロケットサラダの日記
結局夕べは眠れなくて朝からしんどかったし、気持ち的にも空虚というか生きている事に意味がない様な感じがしていた。朝までずっと半睡状態でちゃんと眠れていなかったからかもしれない。逆にそういう状態だからまともに眠れなかったのかもしれないし。

茫洋としながら出勤し、あてどなく彷徨う様にして課せられた業務をこなしていた訳だが、何とか定時が来た。途中の休憩時間に頭を抱えて座っていると格闘技の話が出来る同僚が大丈夫ですかと声を掛けてくれ、もう昨日で薬がなくなってしまいましたと言うと、緊急時には言ってくださいね、何とか用意出来るかもしれないからとヘルプなメッセージをくれた。

話をする時に、あまり他の人には聞かれたくないから、抗鬱剤の事を「こうう」、安定剤の事を「あ」、鬱の事を「う」と暗黙の了解にして会話していたら、可笑しくてお互いに笑ってしまった。51さんが来て、ピンと来たのか子供用のシロップ状の風邪薬を一度にたくさん飲むとトリップ出来るとジョークを交えて教えてくれたが、トリップまで行かなくてもいい。

それから格闘技の話が出来る人が持ち出した話は、奥さんが昔、団地に住んでいた時に外に芥子の花が咲いていて、最初は白い色だったのがそのうちピンク色(赤?)になって、保健所の人が来て結局刈り取られてしまったのだそうだ。白だと問題なくてピンク色(赤?)だとトリップ出来るものを栽培しているという事になるらしい。

芥子というのはアンパンに付いている胡麻の様なものがそうらしいのだが、あれは遺伝子組み換えなのか何なのか知らないけど普通に使われている。よくわからないな。アンパンマンという子供向けアニメは見方を変えれば、アンパンという言葉がビニール袋でシンナーを気化させて吸う行為を指すから大人からすればブラックなジョークとして成り立つ。

ああ、 つまらない事を書いてしまった。

今日はスナックの人を見かけて、ほんの少し仕事上の言葉を交わした。ポケットには自筆の名刺みたいなものを潜ませていたけど、弟子が居た事もあって渡す勇気が出なかった。

大先輩が、早く何とかしなければ辞めてしまうぞ、その紙を帰る時に彼女の車に差し挟んでおいてやろうかと言うので、そういう方法は格好悪いし、粘着系みたいだから気がひけたけど、ボーとしていては辞めて居なくなってしまうのは確かだから、お願いした。格好悪いけど、元々格好悪いのが自分なのでそれはそれでしょうがない。それを見た彼女は頭に?マークが充満したかもしれないな。

仕事が終わってからは、以前行っていたハンダ付けの会社に年末調整用の給与所得の源泉徴収票を取りに行った。辞めた会社に出向くのは気がひけるが、そうも言っていられないので割り切って行った。工場長や事務の女の人の顔が懐かしく、ここで働いていた時期もあったんだなと1年も経っていないのに昔を懐かしむ様な気持ちになった。

その会社は快く用件に応えてくれたが、指を怪我した会社は電話で連絡した時にとても嫌そうな対応で自分が忌み嫌われているのがありありに感じられた。お疲れ様ですと言っても、無言で反応してくれないし、用件を言ってもぶっきらぼうな返事をして電話を切られた。スマートではない。源泉徴収票は郵送してくれるそうだが、たぶん、まさか、そういう事を私が言って来るとは思っていなかったのではないだろうか。

あの会社も存続の危機に晒されていて関係者はナーバスになっているのかもしれない。怪我をしなくてクビにされなかったら今頃私はあの仕事のスキルを身に付けているだろうな。あれから何のスキルも身に付けられていない事がこれから先の就職戦線に影響してくるだろうけど、自分は今を繋ぐ事で精一杯だから仕方がないし、転職する気持ちも今はないし、出来ない。

年末調整の用紙の提出は27日までだったけど、遅れてしまって、まだ出せていない。派遣会社の担当の人から要求されたけど、出来ていなかったから今週中には提出する様に言われている。でも、怪我をした会社から郵送されてくる分は間に合わないだろうな。

大体それを提出したからと言って返って来る金額は微々たるものだと思うのだが。

会社で正社員の人に「○○さん頸の辺りとか凄く痩せて来ているけど、大丈夫? ちゃんと食べている?」と言われ、ん?見かけ上変化があるのか?と思い、他の人にも聞いたら、同様の返答だった。家に帰ってから体重計で計ってみると(寒いから衣服を着たまま)55.5sだった。前回秤に乗った時は確か57sだったから順調に痩せている。

入社した時は60sぐらいあったと思うから、周りの人はそれを基準に見ているので、今、激痩せ進行中に見えるのだろう。妻と暮らしていた時は45.9sとかだったから、まだまだ行けると思う。でも、食べ物の摂取量が慢性的に少ないから体には良くないだろうな。日に日にひ弱になって行く様な感じがする。

ネットで格闘技系の話題が何かないかと見てみたら、『やれんのか! 大晦日! 2007 supported by M-1 GLOBAL』で、J.Z.カルバンvs青木真也が決定したそうで、これには少なからず興奮した。格闘技に興味がある人にとってはドリーム・マッチだ。

ウエイト差とかの基本的事項は何も調べていないが、単純比較して、個人的にはカルバン選手が勝つ様に思う。あの勢いを制圧するのは青木選手でも難しいのではないか。もし、青木選手が勝ったら凄いと言わざるを得ない。双方破竹の勢いなので楽しみである。しかし本当にささやかな楽しみだなぁ・・・・。

格闘技の話が出来る同僚は最近の格闘技事情に疎くて(興味が薄れて来ている)、現在進行形の話は通じないからそこは物足りないな。カルバン選手の凄さも、青木選手の極めの強さも知らないなんて・・・。私も興味が薄れて来ているけど、それでもこれはと思うポイントは自然に押さえているものだから。無理やり動画のリンクを送って消えかけた火に油を注がなければならないかな。

=======================================

スナックの人から電話がかかって来た。メッセージ有難うって言っていた。今まで忙しくて書けなかったけど、明日何か書いて私に渡してくれるそうだ。なんだか強制して普通でも忙しい彼女を更に追い詰めた様な気がしたから、そんなの別にいいよと言えばよかったけど、その時はそこまで頭が回らなかったのがアホだなと思った。

大都会Metropolis
0

2007/11/27  19:46

自然な流れ  ロケットサラダの日記
夕べはキャンプで使うマットを敷き布団の下に敷いたからか寒くなく、とてもよく眠れて、今朝は父が起こしに来るまで目が覚めなかった。いつも寒さやらなんやらで目覚まし時計が鳴るよりも遥かに早く目覚めるからこういう事は珍しい。今日も父が起こしに来る前に目覚ましが鳴った筈なんだけど、どうやら自分で止めたみたいだ。覚えていないけど。

だからマットの効果は絶大だと思って、会社に行ってから貸してくれた人に報告したのだけど、あれは劇的に効くものではないから勘違いじゃないかなと言われた。そうなのかな。偶々睡眠薬が良く効いたとか、心の状態が良かったとかそういう事なのだろうか。それとも気温自体が寝やすい温度だったとか。

まあ、そういう訳でマットの評価は暫く使ってみないとわからないという事になった。これも覚えていないのだが、寝る前にアンカのプラグをコンセントに差し込んだ筈なのだが、起きた時は抜いてあった。覚えていないほどよく眠れたという事か。

今日は仕事から帰って、疲れている事を自然に感じている。だから睡眠薬を飲まずとも眠たい。なんかよくわからないが、自然な疲れを感じている。温まるだけだけど、お風呂にも入ったし、後は寝るだけ。オーディオの勉強も何もしたくない。ただゴロンとしたい。流れに身を任せ、早めに休もうと思う。
0

2007/11/26  22:13

寝床を暖かく  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示しますキャンプ用ウレタン・マット

クリックすると元のサイズで表示しますこの下にマットを敷く。

格闘技の話が出来る同僚が、以前私が寒くて眠れないと言っていたから、キャンプで使うマットを持って来てくれた。これはキャンプの折りテントで寝袋で寝る時にそのままだと地面に体温を奪われるので敷くマットだそうでウレタンにアルミ箔をはりつけただけのものだそうだが、3℃〜5℃は無しよりも温度が上がるそうである。

私はキャンプをした事がないのでその効果は知らないのだが、持って帰る時に、確かに持っている部分が暖かかった。値段も安いそうだが、私は他の人と違って、1000円とかだったら安い内に入らないので貸してくれるのは有難い。

でも、敷布団を動かしてマットを敷く事すら面倒だと思うのは完全に鬱人間をあらわしていると思う。まあ、それで効果があるならやってみようと思っている。

今日からベンツ姫の後任の女性が出勤していた。どうやら孫が出来たらしく、休んでいたそうだ。きっと孫は可愛いんだろうなぁ。彼女の歳がわからないんだけど、私とほぼ同じという噂も流れているから、一方では孫が出来、一方では借金まみれという違いが痛い。

彼女も離婚したのか死別したのか知らないけど、旦那さんは居ない様だから、それなりに苦しい(寂しい)日々なのかもしれないが、会社ではそんな事微塵も感じさせず明るいので全くわからない。

スナックの人は今日は見かけなかった。もしかして既に辞めたのかな。何か書いて渡してくれるという言葉は単にリップサービスだったのだろうか。それならそれで心を切り替えるが、職場がどんどんつまらなくなって行く。今後の自分の活躍次第だな。

今日は発泡酒を3本と焼酎を飲んで、また、酒飲みモードである。酒は自分にとっては薬の様なもので単に百害あって一利なしというものではない。素面で居続ける事は耐え難く苦痛なのだ。
0

2007/11/25  23:52

11月25日(日)  ロケットサラダの日記
嫌な事、苦しい事を即座に忘れる事のできる才能が欲しい。それがあれば日常は変わって来る。不必要な苦しみは回避したいが、私はそうできなくて引き摺られて鬱に嵌っていく。不毛だと思うが、これが私という人間なので仕方がない。

今日はピンクフロイドのベスト盤を借りているので、それをパソで聴いていた。楽曲的には普段あんまり聴かないものが網羅されていて、便利だ。こういうのも世間から見ればベタなのだろうか。それでも良い物は良い。

同じプログレと言ってもピンクフロイドとキングクリムゾンは異質だ。私はどちらも好きだけど、一般的にはフロイドの方が、受け入れられ易いと思う。クリムゾンの場合は偏執狂的感性の持ち主でないと無理なのかもしれない。

音響的に楽しめるのはフロイドで、彫りの深い音楽性を求めるならクリムゾンと言った所か。単純な演奏技術的にはクリムゾンの圧勝であると思うが、音の詩人としてフロイドは偉大である。

個人的にはクリムゾンを支持するが、フロイドも負けず劣らず素晴らしいので好きだ。優劣はつけがたいな。これから先変わるかも知れないし。

今日は不調で疲れた。肉体的にも精神的にも。まあ、そんな事はしょっちゅうなので今更書く事でもないけど、書いてしまう。51さんがメールに添付して送信してくれた大塚博堂さんの「ダスティン・ホフマンになれなくて」がとても良く、気に入った。
0

2007/11/24  23:59

11月24(土)  ロケットサラダの日記
51さんが外食に誘ってくれてご馳走してくれた。お金は自分で出しますと言ったのだが、無理をして言っているのは明白なので結局出してくれた。申し訳ないと思いながら。でも、グラタンとピザとフライドポテトを食べさせてもらえて久し振りにお腹一杯になって少し残してしまった。勿体無かったなぁ。

その後、我が家に遊びに来てもらって、お借りしているアダルト画像をパソコンで観ながら解説してくれた。数千枚あるんだけど、それに「美」とか「ロリ」とか名前を付けてフォルダーに分類してあるのだ。この分類だけでも普通の人には出来ない事だと思うけど、氏は几帳面に分けている。

画像自体はエロなのに解説は冷静なのでその冷静さがおかしかった。大の大人が2人で熱心に語り合う事かと思うと可笑しかった。内容のない事にも冷静かつ熱心に当たる氏の性分には降参。私は鬱であるが氏はどちらかと言えば躁な感じだ。テンションが高い。

そんなこんなでオーディオ遊びはしなかったが、パソコンで氏がライヴに行きたいというほど好きだという相曽晴日(ポプコン)さんのCDを聴かせて貰ったが、声は松田聖子さんに似ており、歌謡曲っぽいと思った。あまり私好みではなかったな。それより、前にお聞かせ頂いた松原みき(ジャズ・シンガー)さんのCDが良かった。やっている事が違うから比べること自体がナンセンスなのだが。

松原さんはミュージシャンの中で好きだという人が多いのだそうである。玄人受けするらしい。私はその時初めて聴かせて貰ったのだけど、確かに素晴らしかった。

それにしても、氏の好みはベタだけど偏愛的である。私と趣味は違うが、これが好きだという気持ちは同等に強く、見方に依れば偏愛度は私より強いかもしれない。そう考えれば自分の音楽的趣味が普通に思える。氏の方が狂気があると思う。

手土産にビールや発泡酒も頂いて恐縮しつつありがたく飲ませてもらった。自己破産やそれに関連する事はからきし知識がないそうでそれのアドバイスは受ける事が出来なかったが。

そういえばアダルト画像集にmixiで流出して事件になった問題の画像も入っており、ああ、これがそうなのかと感慨しきり。何も知らないで観たら他の同系統の画像と見分けが付かなく適当にスルーしていただろうな。画像をアップした人はよくやるよな。普通しないだろう、そんな事。自分も危険だし、女の子の事を考えたら出来る筈がない。

氏が帰ってからは、パソコンの音しか聴いてなくて耳がすっきりしなかったので、モアイでレッド・ツェッペリンの1stから2曲聴いてリフレッシュした。比べるとパソコンの音はあまりにも悪い。

格闘技の話が出来る同僚にメールにサニーデイ・サービスの曲を2曲添付して送信していたんだけど、気に入ってくれた様で良かった。51さんには不評であったが。

サニーデイ・サービスは私が聴いた感じでははっぴいえんど臭が漂い過ぎている。曲によってはジャックスのパクリとしか思えない曲もあるし、全体的に過去の偉大なアーティストからの影響が強く感じられるが、出来がいいのでそれはそれで良い。
0

2007/11/23  21:56

11月23日(金)  ロケットサラダの日記
夕べは久し振りに焼酎のお湯割をコップに2杯飲んで4時まで夜更かししてしまった。何か落ち着けなかったものだから。4時から布団に入った訳だけど、神経が落ち着かず、熟睡出来なかったから11時半頃布団から出ても脳がてんぱったままで、全然リセット出来ていない。

昨日会社で久し振りに腰に痛みを感じたから体の方もリセットしなければいけないのに。この腰の痛みは腰全体が痛いという感じではなくて腰がある角度になると1点がピクッと痛いというもので、昔、患った腰椎間板ヘルニアを思い起こさせる。これは危険信号だと思うので、より一層腰に負担がかからない様気を付けなければならない。

神経の休まらなさは、月々のやり繰りが難しくなって来て、内心焦っているからだと思う。要は出費を減らし、収入を増やさなければいけないのだけど、最近残業と休日出勤があんまりないから、給料が心配なのだ。

精神的にも参って来ると仕事をする事も苦痛になって来るので、悪循環が生まれる。だけど、ここを耐えて繋いで行かなければならない。今日は会社のレクリエーション&宴会が行われる日だが、自分は辞退しているから、この点では出費を抑えている。

モアイでドリーム・シアターの『アウェイク』を鳴らしたが、綺麗な音で鳴ったので満足。ジョン・ペトルーシさんのギター・プレイは正確無比でインギーさんと似た様なフレーズの曲もあるが、インギーさんより格段に上手く感じられる。かと言ってインギーさんも『ライジング・フォース』等は最高に格好いいんだけど。

あんまり詳しくないんだけど、彼はスティーヴ・ヴァイさんと共に7弦ギターの先駆者的存在らしい。正確無比なプレイが機械的で人間味にかけるという批判もある様だけど、私はそう感じないな。ツボを押さえていてひたすら気持ちいい。

ドリーム・シアターはメンバー全員がハイテクなのでバンド全体の演奏がとても上手く聴こえる。プログレへのオマージュ的な音楽性も私好みでGOODだし、モアイでの鳴りっぷりも良いので気に入っている。

今日は休みだったけど鼻炎に悩まされていた。明日は仕事。
0

2007/11/22  23:59

オペラ座の変人  ロケットサラダの日記
クリックすると元のサイズで表示します
ボリウムとトグル・スイッチ2個が取り外されています。

会社で格闘技の話が出来る同僚さんが私に言いたい事があるけど、気を悪くするのではないかと思い非情に言い難いと意味深な事を言って、苦渋の表情を浮かべるので、別に気を悪くなんてしないですよと、何を伝えたいのか聞いたら、逡巡しながらも答えてくれた。

手を出してくださいと言うから出したら、その手の上に錠剤が2粒置かれた。見てみるとデパス錠だ。どうやら彼は私が普段絶望的な事を口にしたり、元気が無かったり、暗い話をしたりするから、鬱病なのではないかと思っていたらしい。

そして彼も同じく抗鬱剤、安定剤、睡眠薬の3点セットは欠かせないという同病者だった。だから似た様な臭いを感じ取ったらしい。前にリハビリとしてこの会社に来たと言っていたのはそういう事だったのか。

自立支援法を使うと医療費が安くなりますよと言ったら、もう使っていますとニヤッとしながら言っていた。

私の方も彼の事をもしや似た様な状態ではないだろうかと思っていたので、お互いに密かに意識し合っていた事になる。実際に同病の人とお近づきになるのは初めてだけれど、彼は人を思いやる感じが強く出ていたので、やはり、自分がなってみて他人を思いやれる様になったのだろうか。私もその傾向が一応はあるんだけど。

それにしても寒かった。これからもっともっと寒くなって行くから嫌だなぁ。夕べは寒くて熟睡出来ず寝た気がしなかったから睡眠不足みたいになっている。仕事はなんとかこなしたけど、テンション下がりっぱなしであまり捗らなかった。

帰宅後は今月を乗り切れないのである人にお金を借りに行っていた。ファミレスに誘われたので行ったのだが、500円も使ってしまい、贅沢をしてしまったなと反省。でも、彼とも久し振りに会ったので、しばし積もる話に花を咲かせたかったのだ。音楽の話、往年のプロレスの話等々。

彼は私が借金内容の記事を書いてから、彼なりの反応をメールで送信してくれたのだが、その内容が秀逸だ。「フィリピンから金取れたか? ヤクザが絡んでなくても後々ヤツに知り合いでも出来たら対処できるか? もう関わらない方がいい。縁を切れ。家が火事いくよりましやろ。関わるな。破産は難しいな。先に債務整理、任意整理をすすめられるはずや。金を残す方法、近所の社長曰く、使わんかったらええんや、仙人になれ。さすれば自ずと先は見えて来る。〜」。

今日伺った話に依ると法定金利の上限は年利15%で、債務整理とは弁護士がそれ以上の金利を取っていた金融会社に15%まで落とさせて払い過ぎていた分を返還させる事らしい。だから借りている年月が長いほど債務整理は有効と。私が借りている分は18%なので、それは所謂グレーゾーンらしい。

しかし、弁護士は金融会社1社に付き5万円は取るから、借りている年月が短いと債務整理を行っても大して返還はなく、弁護士料が高くつくからかえって損をする事になるんだって。こういう話をリアルで聞けてなかなか勉強になった。

自己破産と言っても、理由がギャンブルとかだったら認められないから、自殺する人が多いのだと言っていた。私の場合も何か正当な理由がある訳ではないから認められないと思う(正当かどうかは表現の仕方で変わってしまうと思う)。それとも認められるのかな。そこら辺は当たってみないとわからない。

どちらにせよ、あと1ヶ月ぐらいで有給休暇が発生するので、もし具体的な行動を起こすならそれからにしようと思っている。

因みに自分の車はガソリンが僅かしか入っていないので父の車を借りて行ったのだけど、その車にはCDプレーヤーが付いており、CDを持ち込んで聴きながら行ったが、あまりの音の悪さに唖然としてしまった。以前乗っていた初代ソアラが非常に良い音だったので、あまりの違いに驚いた(まあ、想定はしていたけど)。

持ち込んだCDはミスター・バングル『オペラ座の変人』。フェイス・ノー・モアのマイク・パットンさんがヴォーカルを担当している変則的なバンドだ。私はシンプルな音楽性のものよりも比較的こういったややこしいものが好きだという傾向があって、これは一応名盤だと思っている。今日知ったのだが、このアルバムはジョン・ゾーンさんのプロデュースだった。なるほど、分る。その色は濃厚だ。

音楽的変態は大歓迎だ。
0

2007/11/21  22:15

11月21日(水)  ロケットサラダの日記
朝、スナックで働いている人が弟子と一緒に近くを通ったから、声を掛けて呼び止めて、辞めるんですかと聞いたらやっぱりそうだった。ショックだぁ〜とムンクの叫びみたいに呻くと、「もっと濃厚に交じり合わなくちゃね、居る間に何かに書いて渡すわ」と言われた。何を書いて渡してくれるのだろうか。スナックの営業文書だったりして。

でも、なんとか繋がったかもしれないのでちょっとホッとした。さよならだけが人生だったら寂し過ぎるから。なんて大袈裟かもしれないけど、人が換わるという事は即ち環境が変わるという事なので、メンタル的にも打撃になる。嫌な人だったら換わってくれた方がいいけど、その人は何気にユーモアもあって気に入っていたから名残惜しいのだ。

家に帰ってオーディオ・システムで聴いたのはメガ・シティ4の1stアルバム『TRANZOPHOBIA』。イギリス版ラモーンズみたいな感じで、単調といえばそうかもしれないが、勢いはある。ポップ且つ軽快なノリで、毒性は感じられない。これを買ったのはつい昨日の事の様に思えるが、実際は17年も経っている。

ネットで知ったのだけど、今日はヒクソン・グレイシーさんの誕生日だそうである。1956年生まれという事は51歳か。大晦日にヒョードル選手と試合をして欲しいという声があがっているが、この歳では勝ち目は薄いと思うのだが。同じ歳の者の中では一番強いと思うけど。

かまやつひろしのお笑いモノマネ
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ