♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡ ※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後はHNロケットサラダです。

※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。

2011/3/1  23:59

訓練所の帰りに家の近所のガソリン・スタンドにガソリンを入れに行った。ほぼ空に近かったので。そしたら男の店員が来てオーダーを聞いて、窓を拭いたりしてくれてたんだけど、ふと給油している女性を見ると、いつもの若い女の子と違ったので、よく見るとなんか見覚えのある顔。ん、これはもしやと思い、近づいていって「あの〜、もしかして○○さんじゃないですか?」って聞くと、そうだった。中学3年の時の同級生だったのだ。

でも相手は私の事を見ても誰だか全く思い出せず、「え!? どこかで会いました? 誰だっけ」とか言うので名乗ったが、それでも記憶には残っていないらしく、多少ぎくしゃくしながら話を進めた。当時彼女は私の小学校からの友達が好きだったので、その話をすると「そうそう、そうなんよ〜」と通じた。

彼女は1度離婚して、2度目の旦那さんと暮らしているそうだ。子供もいると言っていた。懐かしいな〜。当時の彼女はスケバン的な感じで先生に反抗する活発な女の子だったのだが、今日見た彼女は普通のお母さんに見えた。そのGSは彼女の親がオーナーなので、親に頼んで半年だけ働かせてもらうことになったらしい。

住んでいる所はかなり遠方なので通勤がしんどいだろうな。こんな遠距離通勤をするということはやはり、世の中に仕事がないという事だ。「失業中だからいい所があったら教えてな」と頼んだが、「そんなんあるんやったら私が行っとるわ」って言われてしまった。

なんか今度からガソリンを入れに行くの、楽しみ半分、気を使うの半分で、複雑な気持ちだ。
0


AutoPage最新お知らせ