2011/4/16  21:00

し〜さんの安否  ロケットサラダの日記
午前中に昨日携帯電話に着信履歴が入っていた会社に電話したが、やっぱり不採用だった。今日はあまりしんどくなく、まずまずの体調だったけど、落ち込んで何もやる気がでなかったので、ずっと家に篭っていた。明日は日曜日だから新聞折込求人チラシが入るけど、見る気出るかな。

14日にし〜さんに安否確認のメールを送信していたんだけど、まだ返事が来ない。AOLでは送受信状況の確認が出来る様になっているのだけど、今日確認しても「未読」となっていた。携帯に電話をかけても電源が落とされている様な感じのアナウンスが流れて繋がらない。もしかして亡くなられたのか? また後日電話をかけてみようと思う。 
0

2011/4/16  5:47

ああ、わさびのきいた刺身が食べたい。
0

2011/4/15  23:59

うかつだった。  ロケットサラダの日記
ハローワークに行ってきた。収穫はなかったが、今までに応募していた数件の内2件が不採用になっていることが分かった。これで後残っているのは2件だ。

でも家に帰って、PCを閲覧していたら、そのまま疲れて寝込んでしまっていて、起きたのが、23時30分ぐらいだった。そして携帯の着信履歴をチェックしたら1件は応募していた会社からだった。もし採用通知の電話だったとしたら、出れなかった事で、不採用にされるかもしれない。通常はそうだ。非常に残念である。

もう1件はどこからか分からないんだけど、もし応募している企業からだったらこれも同様に不採用にされてしまう可能性が高い。

取り敢えず、もう時間が遅いので、明日の朝9時頃にダメ元でどちらにも電話を入れてみようと思う。
0

2011/4/14  23:59

リンク集に新たにリンク追加  ロケットサラダの日記
左サイドバーのリンク集に

帝拳ジム公式サイト追加。ボクシングファン必見。

リンク集とは関係ないけど燃えるので観て欲しい動画。
ハカイダーの歌/人造人間キカイダー
0

2011/4/13  21:34

大震災に対してのJINMOさんの反応。  ロケットサラダの日記
あの日本の誇るスーパーギタリストJINMOさんが、この度の大震災に衝撃を受け、そこからインスピレーションを得て新作を発表しました。興味のある方は買ってみてはいかが? 下記にJINMOサイドから送信されてきたメールを転載します(怒られるかな? 汗)。


+++ JINMO通信 (2011年4月11日号) +++


新作がリリースされました。
ダウンロード(AAC 320kbps)版、オーディオCD版、同時リリースです。

------------------------------------------------------------

アルバム・タイトルは、“Hell”。
日本語タイトルは、“地獄曲”。

http://www.jinmo.com/00/jp/sonicart/discography.html


『現代の芸術教育などに於いては、”如何に処理して、如何なるアウトプットを実現するのか”ということのみに眼が向けられ、それを当然として疑う者が少ない。しかし、真実には、そうした技術論以前に“如何なるインプットを”という問題こそ重要であり、良質のインプット無しには良質のアウトプットはあり得ない。美しいインプットに貪欲であれ。』(JINMO)

この言葉の通り、JINMOは常々、美しいインプットに対して、意識的であり、能動的であり、積極的であり、貪欲であります。
ただ、一ヶ月前、日本を襲った災禍は、JINMOに対して現実の地獄的インプットとして、強烈に作用しました。
本作は、その地獄的インプットにに対してのJINMOの必然的なアウトプットと言えます。
そして、それは実に地獄的です。

記号化された音楽ではなく、実際にヒトの情緒に影響を与えた“Jubilus:RGB 光の三部作”は記憶に新しいことでしょう。
あの三部作は“歓喜(Jubilus)”への指向を持った強力なエネルギー塊と言えます。
そして、本作“Hell (地獄曲)”は、同様の強力なエネルギーを持ったまま、その方向は真逆の地獄へと向かっています。

ジャケット画は、アルザスの女子修道院長”Herrad von Landsberg (ランツベルクのヘルラート 1130 - 1195)”によって、1180年頃に書かれた装飾写本形式の百科事典、”HORTUS DELICIARUM (歓喜の庭)”の中の地獄絵図です。
まことに美しいながらも、830年後の我々の眼にも恐ろしく映る普遍的な恐怖が描かれています。
JINMOは本作の作曲時に、常々、この地獄絵図を見つめていましたから、絵と音との印象はいずれも非常に近いもの、そう、美しいながらも、恐ろしいものとなっています。

本作は非常に大量のパート(声部)が、様々な周期や動き方でパンニングし、それが作品においての重要な要素の一つにもなっています。
故にヘッドホンでの御鑑賞を強くお薦めします。

前作”Uterus Of Monoliths”から僅かに18日。
通算第98作めのソロ・アルバム(Avant-attaqueからの第79作め)、リリースです。

(HARI Avant-attaque、Ageha Avant-attaque)

------------------------------------------------------------

【 Hell (地獄曲) 】 ダウンロード版

http://www.jinmo.com/00/jp/sonicart/discography/AADL/079hell.html


2011年4月11日リリース
全10曲 (total 53:25)
フォーマット : AAC (320kbps)
ジャケット画 : Herrad von Landsberg
ジャケット・デザイン : JINMO
発売元 : Avant-attaque(アヴァン・アタック)
販売元 : Avant-attaque(アヴァン・アタック)
定価 : 9.99ドル (ダウンロード版のみの販売)
PDFブックレット、大きなサイズのジャケット(JPG 800 x 800)付き。


【 Hell (地獄曲) 】 CD版

http://www.jinmo.com/00/jp/sonicart/discography/AACD/hell.html


2011年4月11日リリース
全10曲 (total 53:25)
フォーマット : オーディオCD (44.1kHz, 16bit)
ジャケット画 : Herrad von Landsberg
ジャケット・デザイン : JINMO
発売元 : Avant-attaque(アヴァン・アタック)
販売元 : Avant-attaque(アヴァン・アタック)
定価 : 3,000円(税込み)
御購入方法は、上記URLを御参照ください。

<ギター、コンピュータ>

・・

【収録曲目】
1. Hell 01 (05:33)
2. Hell 02 (05:20)
3. Hell 03 (05:05)
4. Hell 04 (05:24)
5. Hell 05 (05:05)
6. Hell 06 (05:37)
7. Hell 07 (05:04)
8. Hell 08 (05:43)
9. Hell 09 (05:05)
10. Hell 10 (05:29)

------------------------------------------------------------

---Avant-attaque(アヴァン・アタック)---
http://www.jinmo.com/

info@jinmo.com
0

2011/4/13  19:58

谷村新司さん  ロケットサラダの日記
ザ・ロックキャンディーズ「春は静かに通り過ぎていく/あなたの世界」

今日は疲れ切っていて、ずっと寝込んでいた。こんなんで働けるのか本当に心配だ。こんな短文ほとんどツイッターだな。
0

2011/4/12  21:17

本音でぶつかる。  ロケットサラダの日記
本日は昨日書いた所に面接に行った。約1時間半ほど話をしたが、私は「この世に生きる価値のない人間など1人もいないという考えを持っています」と、強く主張した(これは今まで生きてきた実感であり本音である。この事はいつかきちんとした文章で明確に当ブログで発表したいと思っている。今は、頭では分かっているのだけど、文章化するのが難しいからできない)。でも、農作業はしたことありますかと問われて、ないと答えたから危ないな。園生の方たちは農作業をやっているらしいから。でも採用人数が2人だからなんとか引っかかる可能性もないとは言えないが。

因みに別会社にも朝一で履歴書等を郵送した。まずは書類選考だ。

BGM:相川七瀬『ID』
0

2011/4/12  6:01

佐藤嘉洋さんのブログから  ロケットサラダの日記
東大寺と江頭2:50と捨て身の心


K−1ファイターの佐藤嘉洋(さとう・よしひろ)さんのブログからです。彼にはK−1参戦当初から注目していました。私のブログにもコメント(というかサイン)をくれた事もありました。彼のブログを読んでいて思うのは、格闘家って文章力がある人が多いなぁということです。彼の他にも文章が上手い格闘家が結構いるので。強いし文章力があって頭もいいなんて、羨ましい限りです。でも人一倍努力しているんだろうな〜。尊敬!
0

2011/4/12  5:08

ある掲示板からのコピペ(例の人)

名前:名無しさん 投稿日: 2011/02/25(金) 22:51:59
「ゴミ管理問題」 最近、居住地域のごみ収集場所の金網の箱が、鍵で施錠されるようになった。それで、朝の短い時間だけしか、開錠されず、それ以外は常に施錠されるようになった。これはもう完全な病気である。ゴミのないきれいな街づくりには私も賛成する。しかし、これはあまりにもやりすぎである。潔癖症というよりも病気である。ごみの分別も必要ではあるが、これも病気の始まりである。ちなみにごみ焼却場では、すべてまとめて焼却するところがあり、分別しても意味がない。ゴミが一つでも落ちていると、狂ったように大騒ぎするのも病気だ。これはあまりにも進みすぎると、恐ろしい事になる。最近は、公園でもゴミ箱が撤去されるようになった。もはやどこにもゴミを捨てる場所はない。ゴミを拾う美化活動には賛成するが、それは美徳ではあっても、捨てた者を非難したり、侮辱したり、軽蔑したり、呪うということはそれも悪事である。日本は本当にゴミに対して異常に敏感になった。もうすでに病気の進行が進んでいる。ゴミを捨てる者を徹底的に監視し、調査し、尾行し、攻撃対象とするようになった。これはおかしい。もちろんゴミを捨てる事は良くない事だ。しかし、何か理由をつけて、差別するのも悪事である。人を差別するネタを探してさまよっているような感じがする。ゴミをどんどん捨てればいいということではない。ゴミがない環境は美しい。しかし、まったくゴミがないのは不気味である。そこには人間性が感じられない。そこにあるのは、一つのゴミも許さないという病気がある。ゴミを捨てるのは良くない事だ。しかし、他人のミスを許さないということも良くない事だ。さらに通常に発生する日常的なごみを捨てさせないというのは、明白な嫌がらせ行為である。ごみの管理だけに異常な執念を燃やしている人がいる。そういう人は、ごみのことだけしか頭にない。すでに発狂しており、頭の中はごみだらけである。そういう人間は、美しくない。ゴミを捨てないという美徳はあるかもしれないが、人間的な魅力はない。そういう病人は健全な生活を送る事はできない。こういう連中がやっていることはただの嫌がらせである。こういう人間こそがゴミなのである。
0

2011/4/11  23:20

今日は起きた時不調で吐いたりしたが、午後遅くなってから就職活動としてハロワに行った。もう、しんどいのであまり書けないが、明日13時30分から面接だ。仕事内容は障害者の作業及び日常生活の指導。私が指導してもらいたいわ! 給料少ないし、遠いのに通勤手当の上限が1万円しかない。ボーナス年2回5万〜10万。退職金制度なし。でも月給制だ。しんどいんだけど、そんなこと言ってる場合ではないので頑張るしかない。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ