2011/4/12  21:17

本音でぶつかる。  ロケットサラダの日記
本日は昨日書いた所に面接に行った。約1時間半ほど話をしたが、私は「この世に生きる価値のない人間など1人もいないという考えを持っています」と、強く主張した(これは今まで生きてきた実感であり本音である。この事はいつかきちんとした文章で明確に当ブログで発表したいと思っている。今は、頭では分かっているのだけど、文章化するのが難しいからできない)。でも、農作業はしたことありますかと問われて、ないと答えたから危ないな。園生の方たちは農作業をやっているらしいから。でも採用人数が2人だからなんとか引っかかる可能性もないとは言えないが。

因みに別会社にも朝一で履歴書等を郵送した。まずは書類選考だ。

BGM:相川七瀬『ID』
0

2011/4/12  6:01

佐藤嘉洋さんのブログから  ロケットサラダの日記
東大寺と江頭2:50と捨て身の心


K−1ファイターの佐藤嘉洋(さとう・よしひろ)さんのブログからです。彼にはK−1参戦当初から注目していました。私のブログにもコメント(というかサイン)をくれた事もありました。彼のブログを読んでいて思うのは、格闘家って文章力がある人が多いなぁということです。彼の他にも文章が上手い格闘家が結構いるので。強いし文章力があって頭もいいなんて、羨ましい限りです。でも人一倍努力しているんだろうな〜。尊敬!
0

2011/4/12  5:08

ある掲示板からのコピペ(例の人)

名前:名無しさん 投稿日: 2011/02/25(金) 22:51:59
「ゴミ管理問題」 最近、居住地域のごみ収集場所の金網の箱が、鍵で施錠されるようになった。それで、朝の短い時間だけしか、開錠されず、それ以外は常に施錠されるようになった。これはもう完全な病気である。ゴミのないきれいな街づくりには私も賛成する。しかし、これはあまりにもやりすぎである。潔癖症というよりも病気である。ごみの分別も必要ではあるが、これも病気の始まりである。ちなみにごみ焼却場では、すべてまとめて焼却するところがあり、分別しても意味がない。ゴミが一つでも落ちていると、狂ったように大騒ぎするのも病気だ。これはあまりにも進みすぎると、恐ろしい事になる。最近は、公園でもゴミ箱が撤去されるようになった。もはやどこにもゴミを捨てる場所はない。ゴミを拾う美化活動には賛成するが、それは美徳ではあっても、捨てた者を非難したり、侮辱したり、軽蔑したり、呪うということはそれも悪事である。日本は本当にゴミに対して異常に敏感になった。もうすでに病気の進行が進んでいる。ゴミを捨てる者を徹底的に監視し、調査し、尾行し、攻撃対象とするようになった。これはおかしい。もちろんゴミを捨てる事は良くない事だ。しかし、何か理由をつけて、差別するのも悪事である。人を差別するネタを探してさまよっているような感じがする。ゴミをどんどん捨てればいいということではない。ゴミがない環境は美しい。しかし、まったくゴミがないのは不気味である。そこには人間性が感じられない。そこにあるのは、一つのゴミも許さないという病気がある。ゴミを捨てるのは良くない事だ。しかし、他人のミスを許さないということも良くない事だ。さらに通常に発生する日常的なごみを捨てさせないというのは、明白な嫌がらせ行為である。ごみの管理だけに異常な執念を燃やしている人がいる。そういう人は、ごみのことだけしか頭にない。すでに発狂しており、頭の中はごみだらけである。そういう人間は、美しくない。ゴミを捨てないという美徳はあるかもしれないが、人間的な魅力はない。そういう病人は健全な生活を送る事はできない。こういう連中がやっていることはただの嫌がらせである。こういう人間こそがゴミなのである。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ