2005/2/11  16:19

回復傾向。  死について
昨夜もまだ微熱(37.2)が出ていて、身体の痛みもあったので、ロキソニンも飲んだ。でも朝の分は飲まずに耐えられた。今朝もかなり回復してきてる感じがある。今も座ってキーボードが打ててるし。

手の火傷のようになっていたところは痛みは治まり、現在は皮膚が剥けている状態。浮腫みも完全とはいかないけどかなり取れてきた。全身的に皮膚が赤くなっていたところが段々と、シミのように黒ずんできている。炎症が治まりつつあるようだ。次の治療まであと10日あまり、それまで治療できる体調を作っておかなければならない。

私は時々自分がマラソンの現役選手になったような気がする。何度も繰り返し繰り返しマラソンを走り続ける。全力で走り続ける。体力の限り走り続ける。でも、走れなくなったら、ゆっくり走っても許される治療が出てきて欲しいと切に願う。引退後の選手のように。

私は生きることを諦められない。私に穏やかな死なんてない。私は生きたいのだから。だいたい、若い人に穏やかな死なんてあるのだろうか?人生を全うしたいと思うのが自然なことではないだろうか。穏やかな死があるとすれば老人でほぼ人生に思い残すことが無くなった人の死ではないか?そういう人の死を人は「大往生」と呼ぶのではないだろうか。生きようとして苦しみもがく姿を決して醜いとは思わない。
私のこの若さで「死にたくない、もっと生きたい」と思うのは当然なことだと思ってる。「生きたい」という事と「楽になりたい」という事は違うと思う。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ