※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2006/1/23  23:14

「哀しみ」  
「哀しみ」

孤独であったなら私は泣かないのだろう

フロントガラスの景色が曇ったまま
流れていく

私の目は哀しみの未来をみている
愛する人々の慟哭をみている

枯れかけたひまわりが種の重みで
俯いている

夏の終わりに種は一粒づつ
地面に落ちていく

まだ咲いているひまわりの
落ちていく種をみている



詩:のり
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ