2004/7/23  16:56

余命  余命
前にも書いたが、再発が発見されたとき私は余命3ヶ月であった。
肝臓転移は何cmなんて計ることが出来ないほど肥大して、食事しても肝臓で胃が圧迫されてたくさん食べられない。横向きでなければ苦しくて寝てられないという状態だった。
もともと、私は転移なしのほぼ初期癌で手術した。しかし、私の癌はスキルス癌で、あらゆる癌の中で組織学的には一番予後不良である。
転移しやすく、転移の進みが速いのである。そして、乳がんの転移の中でも肝臓転移は一番予後不良である。

しかし、私は運良く(本当に運がいいとしか思えないが)抗がん剤が効いた。
乳癌は、固形癌(胃がんや大腸がん・・等々)の中では抗がん剤が効きやすい癌だ。50〜60%の人が効果があると言われている。今は新しい薬も増えたので、勉強はしてないがもっと多くの患者に効果があるだろう。(たぶん90%ぐらいあるんじゃないか?)
癌でも治療効果の高い癌はある。例えば小児がん、悪性リンパ腫、前立腺がんはかなり寛解率が高いと聞く。

ほとんど医師にさじを投げられたような私であったが、5年経った今でも生きている。
薬が効いたというたった一つの幸運だけで。
治療の手を緩めるとすぐ悪化してくる私の元気な癌。
私はあなたに(癌)負ける気持ちはありません。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ