※最初から2005年7月30日まではHNのりの『私の闘病日記』です。以後は男やもめになったHNロケットサラダです。
※キャッシュを削除して新しいデザインを読み込んでください。♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

2021/3/10  18:44

別系統で音楽を楽しむ  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します

普段モアイで聴いているのだけど、別系統として、根部産業のKB-83Eをつないで、システムは違うけど、同じ音源(ブラッフォード・テープス)で、1曲づつ聴き比べしました。
感想は、口径が小さいKB-83E(8p)の方が音がシャープで、モアイ(16p)のほうが広がりがある。
当たり前かもしれませんが。
駄耳なので、あまり言えませんが、それぞれの良さがあると思いました。
なので、交互に楽しめば良いかなって感じです。
今は、KB-83Eでジェフ・ベックの『ギター殺人者の凱旋』を聴いています。
0

2021/3/5  14:22

真空管プリ(ライン)アンプ  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動作未確認で、真空管がついてない品を送料込み2320円で手に入れた。
蓋を開けて中を見たけど、ちゃんと作られていて、どこかが焦げているとかもなかったので、正常動作する可能性はある。
適合する真空管は2個2000円で発注済みなので、届いたら動作確認する。
どんな音がするか楽しみ♪

音楽:シン・リジー『life(1983)』
0

2021/2/13  23:27

LAVRYのDAC  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりにDACを入れ替えました。
これは、LAVRY DA10です。
DACはいくつかあるけど、大体均等に使っている気がします。
結局、気分転換というか。

音楽:スウィート
0

2021/2/7  3:56

小音量だけど  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します

気分を変えようと、プリアンプ(ラインアンプ)をこれにしてみました。
手頃なサイズで音も良いのでお気に入りの1つです。
レトロな筐体がまたいいんですよね。
上に置いてあるやつはパッシブ・イコライザーですが、これは使いこなすのが難しくて、自分はお手上げです。
8つのパラメーターがなんのことかわかりません。
上級者だと、うまく調整するんでしょうね。
高いアンプを買い換えて音を変えなくても、これで変化させれば良いじゃないか的な感じ?

音楽:ヴォイヴォド
0

2021/1/23  12:20

素晴らしい音です  素人オーディオ
本日は平日ではないので、小さな音でかけています。
気分でアンプを使い分けているのだけど、今はこれです。

クリックすると元のサイズで表示します
真空管ハイブリッドのパワーアンプ。
ヘッドフォン・ジャックは埃が入らないようにテープを貼ってます。
小出力だから爆音は無理だけどすごく良い音です。

クリックすると元のサイズで表示します
トランス型パッシブ・プリアンプ。
このクリアさ、大好きです。

音楽:アラン・ホールズワース『HARD HAT AREA(1993)』
0

2021/1/11  18:37

プリアンプ2機のメンテナンス  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します

何ヶ月も前から、自作家製作プリアンプからハムノイズ?が出ることがたまにあって、触ったら直るから、自分ではよくわからなかったのですが、電源ユニットから本体へのケーブルの付け根が怪しいと見て、コネクターを開けてみましたが、特にこれといって何もありませんでした。シールド線が切れかけてるのかなと思ったのですが。

それでも、その部分の接触が悪いことを疑っていたので、コネクターのピンをCRC556綿棒で拭きました。これが意外に黒くなったので、やった甲斐があるというもの。そしてつないでずっと音楽をかけているけど、いまのところハムノイズ出てないです。微妙な接触抵抗で出たり出なかったりだったのでしょうかね(この自作アンプにはアルプスRK501のボリュームが使われています)。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらの方は、トランス型パッシブ・プリアンプで、ツマミの一つが回すとズルッと位置ズレを起こすから、六角レンチで増し締めしました。それでも強く回すとずれるのですが、マシにはなったということでそれ以上強く締めずに据え置きしました。下手にやるとネジ山を潰してしまいますからね。軽く回せば問題ないからそれ以上を求めなくてもいいかなと。

音質はどちらのプリアンプも素晴らしいです。各々音は違うけど。

音楽:クリスピー・アンビュランス『Compulsion (2015)』
0

2020/12/28  23:53

エッジ剥がし完了  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します

音楽:
De Lorians ‎『De Lorians(2019)』
CONGREGACION『VIENE』
Dantalian's Chariot『Chariot Rising(1967)』
Epidaurus『Earthly Paradise (1977)』
Larry's Rebels『A Study In Black (1967)』
スコーピオンズ『LOVEDRIVE』
I Giganti 『Terra in Bocca(1971)』
ステイタス・クオー『パイルドライヴァー(1972)』
スラップ・ハッピー『Slapp Happy or Slapp Happy(1980)』
0

2020/12/28  12:04

のんびりエッジ剥がし  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します

エッジが劣化してボロボロになったフォステクスFW168(4Ω)のエッジを剥がした画像です。
自分のスピーカーのサブウーファーはこれが4個あるので先は長いけど、自力でエッジ交換しようとしてます。
今のスピーカーはエッジにウレタンが使われていて、劣化の速さは泣けます。
交換用のエッジを買ったのが2年くらい前なので、保存してるだけで既に劣化が始まっていると思うと萎えます。
めんどくさいので放置していたけど、少しやる気が出たので次やってみます。

音楽:ポポル・ヴー
0

2020/12/18  10:07

音が潰れる  素人オーディオ
マイケル・ジャクソンを大きな音でかけたのだけど、音が潰れるようになっていたからおかしいと思い、一番し易いプリアンプの振り替えをしてみた。
でも、音質はプリ固有の音に変わるけど、潰れるのは同じ。
潰れてない部分もざらついて聞こえる。
パワーアンプがおかしいわけがないので、それはそのまま。
DACを振り替えるには、上に置いているものを退けないといけないから手間がかかる。
なので、MacのNVRAM・PRAMリセットをしたり、Macの出力設定を変更したりしたが、変わらず。
仕方がないので、調査は後回しにして、買い物に行ってコロッケを買ってきた。
クリックすると元のサイズで表示します
食べ終わり、ソフトの問題かもしれないと思い、Pine Playerを一旦終了させて、最初から立ち上げ直したら音の潰れがなくなった。
昨日からどうも音が悪い気がして気分が落ちていたけど、アンプの問題ではなくPine Playerの問題だったようです。
良かった。
自分はいつも使いっぱなしなので、たまにはソフトをリセットさせないといけないなと反省しました。

ソフトと言うとCDと勘違いするから、今風にアプリと言った方が無難かもしれないですね。
0

2020/12/11  20:17

トーマンのアンプ  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりにトーマンのパワーアンプにしてみた。
このアンプは低音の量感があると思う。
低域が豊かに聴こえます。

クリックすると元のサイズで表示します
電気コンロが壊れたので、電子レンジでちゃんぽんを作りました。
修理するのがめんどくさくて、店にIHコンロを見に行ったんだけど、ガラスの上に鍋やフライパンを置いて調理するのに違和感があるので、取り敢えずスルーしました。
電気コンロは中で線が切れているのわかってるんだけど、前に修理したときに、もう短くてギリギリだったから、耐熱線を買わないといけない。耐熱線ってそれなりの値段するだろうから、躊躇しています。

クリックすると元のサイズで表示します
布団を畳の部屋に移動させたから、椅子の後ろがもろフローリングで、まったく休めないからマットを持ってきました。これを敷いて、いつでもゴロンとできるようにしました。

音楽:アレア『汚染地帯』
0

2020/11/26  10:26

自作家製作のアンプで  素人オーディオ
起きてから、アルティ・エ・メスティエリ『ティルト』『明日へのワルツ』、ビッグ・ブラック『ピッグパイル』を音量を上げて聴いた。
今は、自作家製作のプリアンプと、こないだ届いたこれも自作家製作の手の平サイズパワーアンプの組み合わせ。
将棋の稽古がスランプだから音楽・オーディオに走っています。
以前は引き締まった低音が好きだったけど、今は量感を楽しむ感じ。
引き締まった感じを聴きたくなったらその時に別アンプに繋ぎ変えます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/11/10  22:16

MOS‐0dbパワーアンプ  素人オーディオ
新規購入したパワーアンプが届き、その小ささに驚いた。
手のひらサイズ。
ルックスも可愛い。
それでつないで音出しした瞬間、えっと思った。
この小ささでなんか低音がよく出てる。
出力が小さいからダンピングファクターの関係でそうなるんだろうか(5W)。
そしておきまりのイタリアのバンドのロカンダ・デッレ・ファーテ『妖精』をかけた。
がっくし。
音が割れるではないか。
なのでスピーカーのインピーダンスの問題だろうかと思い、別スピーカーに繋ぎ変えた。
でも同じ。
諦めて元のアンプとスピーカーに戻していつも通り音楽を聴きながらチャットをしていたんだけど、あることを思いついた。
『妖精』はMacパソコンにALACの圧縮形式で取り込んだものなので、それに何らかの問題が生じているのではないか。
なのでYouTubeで『妖精』を探してかけてみることに。
繋ぎ変えて鳴らしてみると、思った通り問題なく再生された。
アンプの問題ではなかったのだ。
良かった。
それから音質チェックを兼ねてこのアンプで音楽鑑賞しています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

音楽:アニマルズ・アズ・リーダーズ
0

2020/6/12  22:54

Macの音楽再生ソフト  素人オーディオ
Macパソコンにして結構経ったが、itunesはWindowsパソコンで吸い込んだファイル形式wmaを再生できないので、困っていた。なのでVLCを使っていたが、どうも表示がわかりにくかった。
なので今日PINE PLAYERというMac用の音楽再生ソフトをインストールした。
まだ入れたばかりで少ししか使ってないが便利そうだ。
itunesは重いと言われているが、こちらは今の所そういうことは思わない。
これ軽快な気がする。
アンプはラインアンプもパワーアンプも真空管式で後者は出力が低い。
何Wか知らないが、狭い自部屋では充分。
10Wのパワーアンプも持っているが、使っていてそれよりも低いことがわかる。
どちらもいい音です。

クリックすると元のサイズで表示します
ラインアンプ

クリックすると元のサイズで表示します
パワーアンプ

音楽:ブーツィー・コリンズ『ホワッツ・ブーツィー・ドゥーイング』
0

2020/6/11  1:22

真空管アンプ  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します
真空管プリって敏感なんですね。
ちょっとしたことでハウリングします。
でもいい音です。

音楽:RIOT『サンダースティール』
0

2020/3/19  0:28

王の帰還  素人オーディオ
クリックすると元のサイズで表示します
暫くオンキョーのD102EXGオンリーにしていた
(下部のモアイのサブウーファーつないでない)
これは小型スピーカーだが自分は素晴らしい音だと思う

クリックすると元のサイズで表示します
久方振りにモアイメイン部を持ってきた
まだこれもサブウーファーを繋いでおらず、オンキョーとは傾向が違うがこれのスッキリ感もさすがだと思う

オンキョーに比べ平面的な音だという気がする
オンキョーは音に丸みがあり滑らかな感じがするが、こちらはむき出し?
一般的に馴染みやすいのはオンキョーでモアイは測定器の様な音かもしれない

オンキョーはリスナーが聴きたいヴォーカルが潤いを持って前に出てくるが、モアイはそういう依怙贔屓をせずに全ての音を平等に扱う感じで、リスナーに都合がいいスピーカーではないと思う
平等の恐ろしさが一旦退陣させた理由なのかもしれない

音楽:ハウンド・ドッグ『ロックス・トゥ・ロール』
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ