2009/5/28

寫生の 戀  画像  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します

中の島のお堂に至る蓮の布置教へて見下ろす胸の谷間を

不忍池を散策の途次、熟年の写生の群れを眺めつつあらぬ妄想をふくらませてなつた一連の中の一首です。彼ら丁度この写角から弁天堂を写生してゐました。
 素と自分は無趣味無味乾燥な朴念仁に過ぎぬけれど、言葉は大いに運動させてやらなければ、中枢神経が鈍ると憂慮し、あへておふざけの一連を提供して置きます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ