2009/6/30

百人一首應答歌 六  日記と歌論

わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船
参議篁

君が帆影三船の山の瀧つ瀬も思ひこがれて松浦潟まで
ながれのおも


天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ
僧正遍昭



天雲の間ゆさしまねく使ひらが眞袖もゆらにつれびく笛の音


小野篁は平安朝三代嵯峨天皇の世に、遣唐使を批判の意を篭めた詩文をとがめられて流罪となつたのですが、その彩色を惜しむは「海人の釣り船」のみならず「三船の山の瀧つ瀬」とあらはした國中皆はましてといふほどの意です。
五説の舞をみて詠めると前書きある遍昭の歌に添へては、居合はせたその夜の情景をと心がけてて応答しました。






0

2009/6/30

茶箱  日常 時事

つれづれのたとへに引くかともすれば象をも繋ぐ女が髪を

貨車をも牽く生地のポケットは鋲にて止む金鉱探しの荒男らが爲

千仞の谷へ墜ちゆく象と兵見つつ辿り來てかたまる団結

ボストンの海に茶箱を投げ入れて退くに退けざる獨立への道

わが妻を死に追ひやれる者ら赦し獨り向かはむ大統領府
0

2009/6/29

(無題)  日記と歌論

百人一首應答歌 五


花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
小野小町


つれなしと人の世の恨みながめふるまにまにかくもうつろふ花かは
ながれのおも

これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関
蝉丸

それよその見るも見ざるも問はれては聞くも聞かぬも岩波の濱ながれのおも

小町歌は眺めと長雨の縁語に賭けた風情を活かす形で返歌してみたものです。彼女に同情的な人士が無常の一端をそこに感じてふともらすため息の風情です。
蝉丸歌には見ざるの俗諺を想起して作り置きました。これは和歌といふよりは狂歌でせうね。
奇数の句を奇数回つらねてなる奇素数の韻文たる和歌にて、緊密なる対応表現を用ゐて成功し名歌たり得たものは古今を通じてこの一首くらゐなものでせう。

0

2009/6/28

夏と悔恨  日常 時事


慰靈の日過ぎし沖繩の梅雨明けをいふテロップに晝下りの雨

行動に自責の念を覺ゆとぞ還暦過ぎしテロの女王は

日曜の何なくなく過ぐる部屋にさへくまなく到る夏と悔恨

除蟲菊ほの浮かぶ闇たのしみて歸り來れり夜學生われ

かすかなる傳手を求めてせし便りをりををり返し來るに和まむ
0

2009/6/27

出口前  戀さまざま


指一本觸れぬ夫よ中學生の息子は部屋で毎日女の子と

むらむらとなりて送れるメール稀にからかひ気味の返信すぐ途絶え

手つなぎて歩く相手を募り來る結婚をあきらめて老いし未通女

給付金申請を指導の暇々にチェックすメールが來てゐないかを

キスせがみすぼめし脣に負ひかぶさるままの姿勢でメトロ出口前
0

2009/6/25

百人一首の措辞特徴  日記と歌論

あらためて讀みつつゆけば花よりも紅葉賑はふ百人一首

百人一首は作者構成を見れば天皇・上皇・親王・内親王の皇族方が十人。
僧正法師が十二人。女官が十二人。大政大臣から中納言までの公家が六十四人。地下もしくは素性不明が二名といふことになりませうか。

一天万乗の君として改新の政推進された二帝に始まり、親政の世に復せんとしてあへなく破れ配所に崩じたまへる二帝に閉ぢる一連を編者いかなる感慨もて編み終へしかなどふと思ひやることがあります。定家の「明月記」は承久の乱前後の記事を全く欠いてをります。明らかに累が及ぶを恐れて火中したのでせう。中級公家の処世術として致し方なかつたこととは思ひますが、惜しいものです。

百人一首の措辞特徴を見るに擬音擬態語の類は一切なく枕詞も人麻呂の「あしびきの山鳥の尾のしだり尾
の」と業平の「「ちはやぶる神代も聞かず竜田川」云々の二例のみであり縁語掛詞が全く修辞の主流をなしてゐます。

又結句の体言止めも八例にとどまり「余情かぎりなき」風情の追求をこととする王朝和歌の特質の一端
があらはれてゐるか。
対句表現も「行くもかへるも別れては知るも知らぬも」の一例のみです。

用語を見れば月が十と最も多いはうなづけるところですが、紅葉が六と花すなわち桜の五をしのいで居るが目を引きます。但し「奥山の紅葉踏み分け鳴く鹿の」「立田山峰のもみぢ葉こころあらば」と取り合はせとか思ひ願ひを託する形での用例が多いやうです。

ちなみに鹿は三例あり他の鳥獣類がかささぎ・千鳥・ほととぎす・きりぎりすの各々一例のみであるに比して特色あるところです。小倉山荘近くには鹿の寄り來ることも多かつたのでせうか。
迫る冬にをののく晩秋のかなしさなり、世をいとふ心の友としてなり、王威地に落ちた王朝びとの心に鹿の鳴く声は殊の他身にしみるところがあつたのものか。

用語としては思ふ 思へ 思ほえばの類十一例で恋 恋ひしき 恋のみち等の十例をしのいで多いのですが、用語特徴については次項に譲ります。

0

2009/6/25

「擊て」  讀史つれづれ

生け捕りにされて牽かるる父の聲「撃て」とぞ撃ちけりああ父上まで

參陣を迫る小田原へ行かむ夜の間やむなく弟にとらす白扇

菖蒲葺くころは思はむ串刺しにされし御曹司姫らは活けられて

じやがたらにたくましく生きしお春の書騙られて今に誘ふ涙よ

列福のにぎにぎしくとりもたれたる雨の長崎も一つの日本か
0

2009/6/24

梅雨つれづれ  日常 時事

屋根を討つ雨をいぶせみ籠る午後晴れてたちまち炎暑のぶり返す

口さみしきままに火をつけふと見ればまだ喫ひさしの殘る灰皿

禁煙を果たし得ぬまま法案に署名したりき大統領も

額の花にまつはる蜂も太りきと合歓なほ咲かぬ空を見上ぐる

思ひたち百人一首に和しみれば既に盛りてありし他サイト
0

2009/6/24

百人一首應答歌二  日記と歌論

あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む柿本人麻呂

布引の瀧のたぎちにまじれりし夜啼きの鳥の短夜の床ながれのおも



田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ山辺赤人

西空に日は沒らむとし富士のかげ大きく海に映りけるかも
ながれのおも

長夜に対して短夜、富士を仰ぎ見る歌に対しては富士山頂からのぞむ富士の影をつけてみました。

結城哀草果に
太平洋に日は昇りつつ朝日岳の大きな影日本海にさだまる

の名吟あり。されば富士が海に影落とすは日没ころとの見立てで哀草果と違ひ実景として見たわけではなく恐縮ですが。

「人丸は赤人の上に立たんことかたく赤人は人丸の上に立たんことかたくなんありける」
と古今和歌集仮名序にあるを意識した配列でせうか。但し原歌は詠み換へられてゐます。

0

2009/6/23

百人一首應答歌一  日記と歌論

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ   天智天皇


春されば霜にはげまし葺かせたまふ甍に映る君が眞袖よ   ながれのおも



春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山   持統天皇


秋されば稔り乞ひ祈む乙女らが丹の頰かがよふ耳梨の山   ながれのおも


百人一首は日本人の美意識の基準として今なほ深く浸透してゐるところあるかと思へます。
僕はかつて万葉から勅撰二十一代集準勅撰集それにめぼしい私家集といつた辺は読み漁り、世々の歌人の技法のおほよそには通じてをりますので、彼ら各々の作の詠まれた環境を慮りつつ屋上屋ながら應答唱和してみようといふ試みです。

天智持統の御製に和するに季節をうつして治世の艱難をしのがれて民をめぐみたまふ帝徳を讃へる形式にしてみました。二首目の耳梨山とは香具山畝傍山とならぶ大和三山です。

百番歌は流されたまへる順徳天皇の 「百敷や古き軒端のしのぶにも」云々の作ですからしまひがちと侘しくなるかとは予想されますが、一回ごとに二首を不定期で追加致します。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ