2009/6/5

葵  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します

消息の至らず久しいつの間に丈高くなる辻の葵よ

至らず久しと歎ずるほどに友誼を交はした者多くあるわけでもありませんが、やがて梅雨に入らむとする頃の無聊はまたとなく身にこたへます。
0

2009/6/5

「運命よ」  戀さまざま

呆然と見送る我に言ひ殘す「運命よ」の語よその男と

香水の香より喉鳴りの耳に障るもうしまひだなこの女とは

知り初めは一途だつた子おづおづと袂這ふ手を腿へ誘ひし

飽きさせぬやうにと百合の刺青をともにせし子の今離りゆく

絡み合ふ居間の扉開けて留守だつた筈の奧さん既に全裸で


百合だと女同性愛になつてしまひますかね。いづれにしてもおふざけな恋歌ですが
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ