2009/8/18

百人一首應答歌二十九  日記と歌論

めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影
紫式部

たもとほる經ぬる夜の間をなつかしみめぐり逢へるは月かあらぬか
ながれのおも

気に係りもの思はせる恋人を突きに託して詠んでゐるわけですから「月かあらぬか」とつけてみました。

有馬山猪名の篠原風吹けば いでそよ人を忘れやはする大弐三位

笹の葉をさやに吹き越す風のごとそよとのたより有馬山へと有馬山を「有り」の掛詞にして。


 大弐三位は紫式部の娘であるのみならず、源氏物語宇治十帖は或いは彼女の作かと説をたてられてをります。
 私も何度か通読してみて文体やや齟齬といふか異質なずれあるを覚えました。与謝野晶子などは五六人の作者の手が加はつてゐる可能性があると見てゐたやうです。
 とは申しても源氏物語を世界に紹介したアーサーウェイリーの評に曰く「かつて書かれた文学作品の中でも三本の指に入る出来栄え」といふ価値のほどはいささかも変りありませんが。

母娘して百人一首に選ばれた例は他に和泉式部と小式部内侍があります。
父子となると各年代に跨り十余例に上ります。

0

2009/8/18

頸飾り  讀史つれづれ

頸飾り事件にめげず宮殿のなかの藁家に小鳥群れゐき

押默り怒氣をふくみて迎へとる王の歸還は後數刻か

ギロチンの刃をかいくぐり登りつめし統領府より王へ返書す

兵卒にやつして凍れる河越えぬ遠くうかがふ都の旗色

威儀正し柩を迎へとる王はかつて処刑をうべなひし裔
0

2009/8/16

晩夏 挿絵  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します

水門のほとりの東屋に開く禁斷に觸れしかつての妻の手紙

河原に夕涼みに出た次いでに水門際で撮影の構図が曰くありげに撮れましたので、破婚者の慙愧の図と勝手に絵解き、しかも別れ去つた妻とは国際結婚であつたが性格合はず別れて子も手放したところが、前菜は生活に追はれて麻薬方面に手をだして留置されて居るといふ想定での五首連作にしてみました。

被写体夕刻とあれば殆ど影絵のごときものにて、肖像権の問題は起こさぬのと思ひますが、

かかるあらぬ発想出て来るも酒井法子の件の余波でせうか。
0

2009/8/16

晩夏  戀さまざま

棚雲を切り裂き進む西空の飛行機雲も夕燒けにけり

もの思ひ涼ませむとて來し河原に蟲の聲いや蝉をしのぎて

水門のほとりの東屋に開く禁斷に觸れしかつての妻の手紙

白目むく瞳の端の黄ににごりゐしを悟らで子さへ手放せし

ことづても思ひ浮かばずゆきあへる母子よ母親が支那語の訛り
0

2009/8/16

晩夏  戀さまざま

棚雲を切り裂き進む西空の飛行機雲も夕焼けにけり

もの思ひ涼ませむとて來し河原に蟲の聲いや蝉をしのぎて

水門のほとりの東屋に開く禁斷に觸れしかつての妻の手紙

白目むく瞳の端の黄ににごりゐしを悟らで子さへ手放せし

ことづても思ひ浮かばずゆきあへる母子よ母親が支那語の訛り
0

2009/8/15

終戰の日  日常 時事

終戰の日の玉砂利を踏みつ來ぬ白鳥うごかざるお濠端

戰後の輪閉ぢきはまらむこの頃かせめぎあふなき世のさるすべり

下駄の音もかろらに下る坂なかば訪ふ庭先の瓢箪棚よ

つつがなく迎ふこの日を嘉し合ひ話題いつしか世界の上に

巡禮を自肅の沙汰よ豚食はぬムスリムが忌み嫌ふ感染
0

2009/8/15

百人一首應答歌二十八  日記と歌論

滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ大納言公任


世々築きて今に流るる瀧もあれどこの瀧の音にしくものぞなき
ながれのおも

歌讃です。素直にその名歌たるに脱帽して。大納言公任は三十六歌仙を撰して百人一首への先蹤をなした人ですね。美術上の題に取上げられることも多い。三十六歌仙に入つた歌人で百人一首に入れられなかつたは一人のみといふことで、定家がいかに先人の足跡を尊重して対したか知れます

あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな和泉式部


かぎりとて逢ふことのいや難くなるまにまうらみもかきぬぐひけむ
ながれのおも

和泉式部の歌はさりげない嘱目とみえるものにも官能の疼きおのづからあらはれてゐるものが多い。なかでの本歌は鬱勃たる官能のうねりがやや諦念におもむかうしして未だ燃え尽き得ぬ覚えます。
0

2009/8/13

されかうべ  讀史つれづれ

刀創を殘すされかうべを前に語り出づ追ひつめられし一族を

聞くからにむごき運命のうからの娘枕きて告ぐ子なさば訪ねて來よと

里山の涯遠き海見やりつつ火繩を肩に蹄蹴立てつ

駒戻す断崖のを匿せりし祕寶の磯は浪の花して

介錯のたまゆら紅葉せる木の間のいや濃緑の葉もたちまちに
0

2009/8/12

百人一首應答歌二十七  日記と歌論

嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る右大将道綱母


ひとり寝の稚児を力に待ちまけぬ君たちわづらふひまもさまでは
ながれのおも

久しく通はずなつてゐた夫がたづねて来たところを夜も遅くなつてから門を開けたことをとがめいへば女がかく返歌した閨怨の歌ですね。男は処処通ふところあつて目移りしてゐたのでせう。蜻蛉日記の作者です・



忘れじのゆく末まではかたければ 今日を限りの命ともがな儀同三司母


忘らえし世のことうらみ染め替へむ色も口惜しあたらこの袖ながれのおも

生きながらへて飽きられ疎まれむよりは、思はれてゐる花と色香の盛りにこそ世をさりいつまでも思ひびととして貴方の胸に留まりつづけてゐたいといふ本歌の趣旨もなるほど女心でせうか。その辺を忖度して。

0

2009/8/12

夏つれづれ  日常 時事

黄金蟲いつの間にかも入りこみてもがきてゐたる網戸の隙よ

いぶかしむことき天氣の続く夏地震は昨夜に續きて今朝も

しぬのめの雨降りやまぬ窓の外をかすかに蝉の鳴きまじりつつ

鳳仙花群れ咲くガードの柱蔭を拔けてむくげの盛る四つ辻

性欲に翳りはなしとおもへども日灼けし顏のすくなき今年
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ