2009/8/21

燃ゆる頰  日記と歌論

避暑地より來し繪手紙は燃ゆる頰麥藁帽の瞳きよらに
the cheek was

shining

in her post card from resort
where her eyes clearly
looked at everything 
always wore the straw hat.


夏もそろそろ終はりといふところで毒のない連想で綴られた歌を久々英訳にしてみました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ