2009/8/29

予測  日常 時事

米ややに不作の予測あらはれて蝉の鳴く音も静まりゐたる

鈴懸の早枯れの葉のおもひ入れあるがごとくにうつらうつら落つ

感染の恐怖をまのあたりにせねばひとつになれぬ世界かとおもふ

自意識の過剰とせむかぬつと出てわれをうかがふ樹間の飛行船

期日前投票の首尾尋ね來る彼を安堵の一こゑたやすく
0

2009/8/29

百人一首應答歌三十六  日記と歌論

夕されば門田の稲葉訪れて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く
大納言経信


こもり居のつれづれを訪ふ稲の葉も稔りて刈られ過ぎむ日近く
ながれのおも

ここは隠者の庵と解釈して。


音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ
祐子内親王家紀伊



あだ波と名にこそたてれ時つ波思ひ高師の濱についえて
ながれのおも

本歌はいひよる男をこばむかに見えてふくみをもたせてゐます。返歌もしわしわひきさがるかに見せて後日談ありげに。





ランキング参加中 よろしくご協力を
にほんブログ村 短歌

私のおすすめ:
オンライン書店「ビーケーワン」

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ