2009/9/5

初秋雜詠  日常 時事

カフェのわが隣りの娘鏡を立てパズルを遊びつつ切る睫毛

都會地を若きらあふれ歩めども三千萬をやや越ゆるりみ

強姦の罪には刑期の値引きなき判例布くか裁判員は

殘暑ともいへぬ間野分の二三過ごしやうやく晴れて既に秋空

充たされむ願ひに似るか建て替るビルの空き間の燈ともし頃は

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ