2009/12/10

静御前と龍馬  日記と歌論

吉野にて静御前は囚はれしか同じ日龍馬は京にて殺さる

歴史データベースを繰つて見ると義経の愛妾静御前捕縛の記事と坂本龍馬暗殺の記事が前後して出て来た。静御前が囚はれたは文治元年(1185年)11月17日であり坂本龍馬が京都河原町四条の近江屋にゐたところを襲撃され即死したは慶応3年(1867年)11月15日となる。

義経は過去二度、龍馬も来年再度大河ドラマに取り上げられて国民的人気のほどは衰へぬやうである。仕事先で談偶々紙幣の肖像モデルは誰がよいかといふ話になつた時彼を上げる人が結構居たには驚いた。

若くして横死した人物ではちと縁起上どんなものか、「公益」を常に配慮し且天寿を全うした経済人渋沢栄一邊が適当ではないかと僕などは思ふが、一般の心ある人士が今求めてゐるのは何より社会全般に元気を回復し何がしかの指針となる様な人物であることを痛感した。

彼が暗殺されるに到る背景はまだ謎の部分もあるやうだが、知りすぎた男であり、且役目は終はつた用済みだといふ認識があつたか。が、それでも「死せる孔明生ける仲達を」の伝で以後の後進をその生き様で以て鼓舞した意義は計り知れぬものがある。撮影は千葉周作の道場に入門する邊まで行つてゐるのであらうか。

赫々たる功を遂げながら非命に斃れた軌跡がいはゆる判官贔屓の心性にも訴へかけるところもあるだらうと義経の周縁を彩つた悲運の舞姫のその後なども思ひを馳せさせられた。
龍馬の妻お龍も龍馬の死後は淪落し転変を経たやうであるが。

冥府の關境路にして讀み上げむ歡進帳の章行いかに
1

2009/12/9

公園の木下の薄暮  日記と歌論

公園の木下の薄暮鳩の子の群れついばむをおびやかすなき

街の要所には鳩に餌をやらないでくださいといふ立て札が目に付く。糞害をおそれてのことである。去年は六千羽を駆除しましたと但し書きがある。
それでも物好きな鳩叔父さんにはこと欠かぬかして、区立会館前の公園では黄昏づく頃になると決まつて樅の木の植込みの下に万遍なく屑米など撒いてゆくを日課とする手合がゐる。罪無き迷惑行為といふべきだらうか。鳩らは気の向いた時に三々五々群れ降りてついばむはほぼ黙認の光景である。

続きを読む
0

2009/12/8

開戰と涅槃  日常 時事

オンラインの歴史データを検索するに

大東亞開戰と日を同じうす釋迦が涅槃に入らせたまふは

こんなめぐり合せが発見できた。
釈迦の入滅は紀元前328年の10月11日。これを新暦換算すると12月8日となる。
更に遡つて釈尊が菩提樹の下に悟りを開いたのもその四十六年前428年の同日とされ、太陰太陽暦では10月13日である。
 大東亜開戦の昭和十六年1939年12月8日とは太陰太陽暦に直すと10月28日となる。
開戦の翌年はいはゆる紀元二千六百年であつたけれど、神武天皇即位の紀元前660年からは一世紀半余を過ぎた507年邊の誕生であるのか。
その頃の日本はいはゆる欠史八代といはれる実在の疑はれて来た天皇の御代ではあつた。
「世間皆虚仮 唯仏是真」といはれた聖徳太子邊が案外この国史の創造に関与してゐたやに穿鑿する向きもあるやうだ。
 が、しかし戦争の勝ち負けとはその場の勝敗の帰結にとどまらずその後の歴史の過程に於ていづれが戦争目的をより達成し得たかによるといふ史観もあるやうだから、8月15日に癖付けて行なはれる反省自虐史観の方はそろそろ涅槃に入つていただき、改めてこの日に焦点を当てた企画もあつてよいのではないかと思ふ。
 昭和天皇の崩御にあたり「日本は本当は戦争に勝つゐたのではないか」といふ意見が散見されたのもさうした史観の帰結である。

既に歌集は完結してその推敲編集のつれづれに余滴のごとき歌をものしてゐるに過ぎぬのでこの組み合せを殊更脚色して一連の作品にする積りもないが備忘にまで。

落葉らもやすらに通り抜けゆくか遮斷機を撤去せしよりの風

在所の駅前は今かうである。
多年街を東西に分断してゐた開かずの踏み切りが解消され全面高架化が達成されたのはほんの一昔前、ベルリンの壁崩壊後も十年近くたつてからであるやうだ。
少しの風にも西口広場の木の葉が電車通過の風圧に巻かれることもなくやすやすと東口へ通路に散り溜り更なる風のままに通り抜けてさへ行くさまは分断を解消された街の安堵の色を帯びてしみじみとながめられる。
0

2009/12/7

野猫に餌をやりゐし女  日常 時事

この頃は見受けず遊歩道を居流るる野猫に餌をやりゐし女

見慣れた嘱目でした。写真に撮つて置けばよかつたか。つれてそのご婦人の身を置く境涯など勝手に想像して掌編小説にしてもよかつたか。

言訣はどつちつかずとなる儘に大使激怒のやむなき一幕

新政権にさほど期待してはゐませんでしたが、これでは眼もあてられぬといふべきか。
政治主導独立自存を謳ふには首相は故人献金問題などて知れるやうに何んとも親がかりな方で、そもそも夫人と略奪愛の末結婚した時にも自分では夫人の前夫へ謝罪も申し開きもせず母親が代つてすべてを処理したといふことで、内向けの説得も外向けの大前提の維持にも適性なしと見ます。
春まで保つものか。
0

2009/12/6

「鳥の歌」  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します

鳥の歌流るる丑三つ時の窓遠過ぎ行きぬ貨車のはためき

カザルスの「鳥の歌」をかけ流しながら。晩年プエルトリコに定住してからの映像のやうです。伴奏してゐるのは彼の若い奥さんでせう。木々の緑まばゆい朝の窓辺でのそれこそ琴瑟相和した一齣か。奥さんはこの地の出身のお弟子さんでした。

年齢を重ねるにつれて早起きになるものです。朝に聞いてこそふさはしい曲を丑三つ時に聞くはちと趣味悪いかと思ふが起きた時間が即ち朝といふことにしてゐます。
琴瑟相和するもへつたくれもなく経来たつた人生でしたが、かかる光景を意地悪く眺めてもなるまい。実際ささくれだつた心をもみほぐしてくれる悠々として情感の籠つた調べです。
0

2009/12/5

愕然と動員明けの娘の掌  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します

愕然と動員明けの娘の掌つぶれし肉刺に藥塗れるかな

小津安二郎は滅多に原作物を撮らない監督であつた。「文学作品とはそれ自体で完結してゐる物ですから」とて渇仰措く能はぬ志賀直哉の作品も取り上げることはなかつた。

映画は上映時間の制約からしても原作に対する絵本程度のものにしかならぬは当然であり、僕も何度か名作の映画化されたものを見て幻滅した経験がある。

分をわきまへたあり方といふべきであり、又それに徹した人であつた。

おそらく映画監督にして小津より面白いとか目を楽しませるとかダイナミックである等の点で立ち勝る作家はいくらもゐようが、分をわきまへたといふ点では一人の匹敵するものも見出し得ぬのではあるまいか。世界各国に敬愛私淑する仁を持ちしかも多くがそれぞれの国に於ける指導的映画人であるといふ事実。映画で出来ることと出来ないこととのけぢめに一際苦悩するところあつたであらう彼等が何がしかの救ひの糸口を小津に求めるに到る経緯はそれぞれではあつたらうが。

一語たりとも書き加へや削る余地ないまでに磨き上げた脚本で臨む彼の映画は、逆にこれを文藝作品に翻案昇華させようとしてもまさしくそれ自体で完結してゐるものであり、感興の割り込む隙はない。無理に捏ねあげてもそれこそ「わからせようとする下衆」の思ひ入れにしかならぬ。

九月頃詠んだ歌がからうじて間接的ながら小津の余白への書き入れ程度にはなつてゐるかと思ひ提示し置く。
早くに妻を亡くしたらしい鰥夫の父教授と戦時中の動員で体を壊し婚期を逸しかけながら家事と父の助手の務めとを無上の幸福と信じて嫁ぎたがらぬ娘との穏やかな日常が、叔母にほのめかされた父の再婚話を機にややさざ波立つて来る場面に載せて送る。

訪ねて来た女学校の同級生と語らふ娘の部屋へ珈琲とサンドイッチを運んでやる風な教授であるから、まして勤労動員明けた最初の日にはきつとこんな場面もあつたのであらうかと余計なお世話である。
周吉の呼びかけをむくれて無視し立ち上がらうとする紀子が「まあ、こつちへお座り」といはれて振り向く場面と届けられた服部助手の結婚写真を周吉が見つめてゐる以前の場面とがダブつてゐる。編集ソフトのいたづらであるが、父娘の互ひを思ひやる心の微妙な揺れやすれ違ひを描き得てゐるかと思ふ。

この映画では又原節子の表情の変化が実に見所多い。能面打ちの方々は泥眼といふ嫉妬に狂ふ女人の面を作るに、ヒステリーを起こした原節子の表情を何度も見て霊感得られてよいかとおもふ。

小津の死と前後して映画と訣別し今は一般人となられてゐる原節子氏が幽明を別たれる頃には先の森繁の逝去にもまして昭和の終りを実感するのであらうか。

何度もとりあげようとして躊躇して来た小津をここで取り上げたのは彼の命日が近いからであらうか。
0

2009/12/5

生體認證  日常 時事

暴走は減れども生體認證を掻い潜らるる警戒網は

と今年の始めに詠んだ。
原油高ではとてもガソリンを湯水のやうに使つてストレス解消の次手に街や高速道を騒がす元気も出ないであらうか。
景気対策で四苦八苦のこんな国へパスポートを偽造し指紋を変造し燃油サーチャージを払つてでも入国して稼ぎ甲斐はあるものかとふと微苦笑した。或る程度の犯罪発生は国の活力を一端のあらはれなのかなどと埒もない考へを詠んだものだ。
ところが犯罪捜査の技術は日進月歩と見えて

生体認証破り、初摘発へ…指紋変造で入国容疑
12月4日14時34分配信 読売新聞

なる記事が配信されて来た。


続きを読む
0

2009/12/4

もののあはれや命のあらはれ  日常 時事

とめどなき流れの波にゆだね經しもののあはれや命のあらはれ

一昨昨日のこの歌で以て「歌集」としてのこのブログは完結しました。以後は歌文集としての性格を強めつつ少しづつ短歌も詠んでおかうかといふところ。
われながらせつかちとも思へる速度で詠みつらねて来た意味はいはば「もののあはれ」の流れの中に輝きかへる「命のあらはれ」のほどを確認したいといふところでしたでせうか。


続きを読む
0

2009/12/1

冬景  日常 時事

山奧にわれを待ちかねゐし紅葉のこと醒め顏に降り來るものか

家の間の冬菜畑の大根の葉に霜少したかる蟲見ず

くだち來る平成の世の行く末も見ず戻り來ぬ放水路より

葉落としし楡の若木の夕暮れて蘇芳色なる電飾あはれ

とめどなき流れの波にゆだね經しもののあはれや命のあらはれ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ