2010/1/11

浦曲 六韻  日常 時事

とんど焼く明かりは明けて成人に    シテ
借り着の裾をなほさせ笑まふ      ワキ
老いさぶる身を同じ日に向け伸べて   ツレ
見えぬ世末をこらへゐる月      シテ
轍衝く路地木漏れ日やよろぼはれ    ワキ
寝ぬ眼嘘夢委ね得む居間        ツレ


とんとやくあかりはあけてせいしんにかりきのすそをなほさせゑまふ
おいさふるみをおなしひにむけのへてみえぬよすゑをこらへゐるつき
わたちつくろちこもれひやよろほはれねぬめうそゆめゆたねえむゐま


0

2010/1/11

移動祝祭日  日常 時事

めぐり來る成人の日よいつしかに移動祝祭日となりゐて

何ひとつ遂げしなき身をあはれむかふかぶかとマフに包む晴れ着は

大陸へ金環食を見にゆかむと聲はづめどもまじはるなきに

跳ね上げし身をボンネットに乘せしまま家までただただ怖ぢてその娘は

八方によかれと思ふ虚仮笑みの顰蹙されしまま年明けぬ


「歌集」は完結してゐるのてすか゛「流れの面以後」といふ形で週に一度くらゐは五首一連を試みることにします。


0

2010/1/9

かんのんちく スマートな淑女 一月九日  日常 時事

クリックすると元のサイズで表示します


http://www.birthdayflower366.com/12/21.html">
引用元[ 誕生花366日 花言葉]

恩惠のごとき一瞥くれて去る着物の裾のさりげない圖案


「運命の女」とまではゆかぬがほのかな毒を含んだ女人と解してこの花言葉につけました。

江戸時代に琉球から伝わり、名前は首里の観音堂に由来する。変化に富んだ葉の斑模様を見るのも、この植物の楽しみ。

科名 ヤシ科
原産地 中国南部
栽培方法 株分けで増やします。耐寒性が弱く、風による葉ズレや強い直射日光にも弱いので鉢植えが良い。樹は湿度の高い方を好むが、根は過湿に弱いので、排水と保水の良い用土を使って植え付ける。植え替えは梅雨の前が適期で、株分けは新芽4〜5本に必ず樹を2〜3本付けて分ける。



0

2010/1/9

歌は心をネタに 水魚問答二  日記と歌論


♒ 歌は心をネタにひろがつてゐるか

♓ 疑問よねえ
  絢もちと似非臭いつけ眉

♒ 君とやらせで乳繰り合ふ今
  ブス眼を細め

♓ 湯煙へなへな

♒ お椀に箸

♓ 潮騒の浦濡れ

♒ およそ末見ぬ惡醉ひの群れ

うたはこころをねたにひろかつてゐるかきもんよねえあやもちとえせくさいつけまゆきみとやらせてちくりあふいまふすめをほそめゆけむりへなへなおわんにはししほさゐのうらぬれおよそすゑみぬわるゑひのむれ

狂言綺語に過ぎませんが、以前一度試みた問答をいろは字数歌、四十八音各二回使用の形で気の向いた時に歌論の一旦を開陳してみます。
0

2010/1/9

母子草 温かい心 一月八日  日常 時事

クリックすると元のサイズで表示します

引用元誕生花366日 花言葉
温かき心に酬い得ぬままに過ぎ來て親の忌は七回り

忌日は夏ですが、忸怩たるものありまして、一日遅れの誕生花になりました。
異説ではこれ3月1日の花ですが、丁度その日が私の母の誕生日です。
0

2010/1/8

憂さ  六韻  日記と歌論


温室の七草和えて粥ぬるむ     シテ
おぞけ束の間虎やり過ごす     ワキ
取り入れも憂しや去年は惡き夢   ツレ
讀めぬ未來へ無爲に明けゐて    シテ
聲にほふ枝葉細道蒔く種を     ワキ
思ひ背廣に淵瀬割れる繪      ツレ

をんしつのななくさあえてかゆぬるむおそけつかのまとらやりすこす
とりいれもうしやきよねんはわろきゆめよめぬみらいへむゐにあけゐて
こゑにほふえたはほそみちまくたねをおもひせひろへふちせわれるゑ
うさ


本日は節約して六分の一歌仙です笑

0

2010/1/7

当り屋の手口まで使ひ  日常 時事

当り屋の手口まで使ひ捕鯨船を妨ぐ海のごろつきどもは

言語道断ですね。捕鯨船の船首付近で勝手に減速しておきながら衝突されたなど言ひ張る
などは。反捕鯨十字軍を気取つてゐる気か。鯨油を絞るしか知らぬ野蛮な漁とは次元を異にするものと何度いつたところで通ぜぬらしい。国際手配に要請するかハーグに告発すべきです。
欧米が海の無い国の票まで掻き集めて自分らの世界観を押し付けたその傲慢と暴挙が今更腹立たしい。


遺棄に致死加へて三度令状は下れりかへらぬ命と思へど

すぐさま救急車を呼んでをれば十中八九救かつた可能性があるとの判断により、押尾学は
三度目の逮捕ですか。呆れた。
未だ娘をしのぶ氣になれないとそのお母さん。


更新にぬかり危ぶむウィルスの新種は閲覧のみで棲み着く

OSを最新の状態に保つてをれば感染の恐れはないといふことですが、名の知れた企業のサイトが何件も被害にあつて、折りしも就職活動の参考に訪れる学生らのパソコンに棲み着いてゐるととは、過去に不採用になつたか免職された恨みでも持つ手合でせうか。


0

2010/1/7

チューリップ 一月七日 恋の告白  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します
画像引用ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97


熱氣球はじめて海峡越えし日の花の言葉は戀の告白

本日の花言葉はチューリップ「恋の告白」とあり傍らに本日の歴史をひも解けば

1785/01/07,天明4/11/27
フランス人ジャン・ブランシャール(32)とアメリカ人医師ジョン・ジェフリーズが熱気球で初めてイギリス−フランス間の海峡を横断する。

とある。大革命の僅か四年前のことなのですね。
何か関連ありさうな無ささうな感じですが、一首にして見ました。

和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)、中近東ではラーレと呼ばれる。
中近東ではラーレと呼ばれる。アナトリア、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯が原産。

古くはオスマン帝国でもてはやされ[1]、オーストリアの大使ブスベック(ブスベキウス)によってはじめてヨーロッパに伝わる。この伝来のときにあやまってチュルバン(ターバン)と伝わったために現在のチューリップと言う名が生まれた。云々

アフガニスタン、オランダ、トルコ、ベルギー、ハンガリー
と原産地移入地の各国に跨つて国花として愛されてゐるとのこと。
日本でも新潟と富山の県花です。
 
「恋の告白」の花言葉の機縁をなしたものか原産移入各地に伝はる伝説は以下に。

イスラエル

聖書に登場する岸辺のユリ、シャロンのバラはチューリップだと言われている。
トルコ、ペルシャ

ある村にファルハドと言う青年がいた、彼は村長の娘シーリーンと恋をしていた。村の井戸が枯れたときファルハドは水を得るために穴を掘った。掘ることだけに必死になり、水を得る事が出来たが、その頃にはシーリーンは亡き人となっていた。恋人の死を悲しんだファルハドは崖から飛び降りて命を散らす。その砕けた体から出た血からやがて真っ赤な花が咲いた。それがチューリップである。

オランダ

ある美しい少女に3人の騎士が求婚をした。一人は黄金の王冠、もう一人は剣、最後の一人は財宝を。しかし、誰とも選べぬ少女は悩んだ末、花の精霊に姿を変えてもらった。王冠の花、剣の葉、財宝の球根をもつ。少女の名からチューリップと名付けられた。

花の観賞のみならず球根取引を今日のデリヴァティブの先駆をなしたほどに投機の対象となり、かつその球根には専ら食用に栽培されるものもあるとのことで、実に何かと美と実利両様に奉仕させられて来た花ではあります。王冠と剣と財宝のいづれのからも確かに愛されてはゐます。

0

2010/1/6

殺む峰 十二韻  日記と歌論

新聞の配布を止めて拗ねる空        シテ
げに背と腹は替へ得ぬ世過ぎ        ワキ
ほろほろと雉鳴く山ををうなだれゐて    ツレ
悶え割り込む峰へ笠雲           シテ
戀ひ契り井筒ぞ夢間寄せぬ鬼        ワキ
愛ゆゑ飢ゑる荒地追ひ分け         ツレ
煮えきらぬ返事に怒氣も普天間な      シテ
辺野古が浦で後ろ突付かれ         ワキ
紅葉見の雨よ干ぬ間を巖叫び        ツレ
椋鳥襲ふ梢萎えゐむ            シテ
智慧寄せる忘れ夢湧く井をゆだね      ワキ
朧惚けたる岩屋蠍褪せ           ツレ


しんふんのはいふをやめてすねるそらけにせとはらはかへえぬよすき
ほろほろときしなくそらをうなたれゐてもたえわりこむみねへかさくも
こひちきりゐつつそゆめまよせぬおにあいゆゑうゑるあれちおひわけ
みむ

にえきらぬへんしにときもふてんまなへのこかうらてうしろつつかれ
もみちみのあめよひぬまをいはさけひむくとりおそふこすゑなえゐむ
ちゑよせるわすれゆめわくゐをゆたねおほろほけたるいはやそりさせ
あやね

去年から今年にかけて懸案の時事を諷刺した句も若干まじへてゐますが、さう穿鑿するまでのものでもありません。
しかし日本の空の行方はどうなるものでせうかね。ハブの地位をシンガポール任川に奪はれて久しい。航空政策の大局を見誤つたツケが回つて来たか。今更いじましき保身に走る航空会社大手の責任ばかりではないと思ひます。
普天間移設の件未だに踏ん切りかねてゐる首相はこれは問題外か。


0

2010/1/5

上九一色  日常 時事

おぞましき記憶のなかによみがへる上九一色の名も消え久し

震災の被害つぶさに傳へたる記者は宮司となりてゐしかな


阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件のあつた平成七年といふものがこの平成の世の曲がり角であつたかとつくづく思ふこの頃です。その御代も最終コーナーを過ぎた今天災は防ぎ得ぬまでもかかる人災を何故未然防止し得なかつたか、治安といふものが改めて問はれるところでせう。胸苦しくて去年までの歌集本体にはつひに詠み込めませんでしたが。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ