2010/5/2

放鳥の朱鷺抱卵の顛末  日記と歌論

放鳥の朱鷺抱卵の顛末にやきもきしゐて八十八夜か


巣の外に運び出した卵は無精卵であつた可能性が高いといふことですが、朱鷺自体も雌雄としてまだ未熟であつた為でせうか。彼らが全国の空にその優美な飛翔をよみがへらすまであと十年かかるか、二十年か。
今宵は八十八夜にふさはしい良い夜になりさうですから、静に以後の環境の行方に思ひをめぐらしたい。


うろたへて申し入れたるテーマ曲奏でぬ儘に祭典の幕開け


要するに面子のためでしたでせうが、岡本真夜さんに実害なく、おもはぬ受益もあつた訳であとは国内問題。創作家の良心の問題でせう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ