2010/8/31

巣作ると枝咥ひもちて  日記と歌論

巣作ると枝咥ひもちてはばたける鳩今高架裏の柱陰へ

開かずの踏み切りが解消されると人間さまも鳥獣も何かと利用可能なスペースに恵まれるやうで。
この道の南には葬祭所あり、北はフィットネスクラブとその駐車場の先に薬屋餃子売りにはじまり駅に近づく駅に近づくにつれて多様な業種が軒をつらね、この辺に根城する野猫は見るからに栄養豊富さうです。

0

2010/8/30

日向は牛を再た  日常 時事

バテバテになりて夏過ぎ行く兆し日向は牛を再た競りはじむ


口蹄疫終息で家畜競り再開=参加者多く、価格は低め―宮崎
8月29日17時0分配信時事通信


 口蹄(こうてい)疫が終息した宮崎県で29日、約4カ月ぶりに家畜の競りが再開された。風評被害の影響で参加者の減少が心配されたが、この日開かれた高千穂町の市場を運営するJA高千穂地区によると、通常より多くの買い手でにぎわったという。担当者は「次につながる」と胸をなで下ろした。
 口蹄疫で出荷できなかった牛が通常より育ち過ぎていたため、価格はその分下がったが、担当者は「それ相応の価格で取引してもらった」と話す。競りは9月末までに順次、県内各地で再開される。 
0

2010/8/29

怪談は洒落にもならぬ  日常 時事

怪談は洒落にもならぬ詐欺と堕して明けて猛暑の空仰ぐかな

 ギリシアでも類似の事例があつたやうだが、高齢者行方不明事件ではつひに詐欺容疑で逮捕者まで出た。年金の口座封鎖されるのが怖かつたと」百二歳」女性の五女。
 十件やそこいらならばジョークケアレスミスの範囲だが数百の事例を挙げられては折柄の猛暑に加へて鬱陶しいことこの上ないか。高齢記録で信用できるはつい先日亡くなられたソフトバンク球団会長王貞治氏の母堂くらゐといふところか。シーズン中なるを気遣つて近親者のみで密葬を済まされたさうであるが。
この間にも生活は続いて行くし更に鬱陶しい政局も続いてゐるわけだが、一歩一歩足元を踏みしめつつ行くしかないか。
0

2010/8/28

再利用されて身柄を  日記と歌論

再利用されて身柄を連れ帰る元大統領またもや北より


グラウンドゼロのモスクの再建を拒むとひろがり行く憎悪の環


最近の米国ダネより。冴えない話だし、芳しからぬ気配漂つて来ますね。
向うも指導制の空白は似たりよつたりか。かたやオバマ氏は就任一年で早くも再選に値しないと世論にそつぽを向かれてゐるこなた菅総理は代表選の票読みに大童で、急激な円高に悲鳴をあげる企業の対策要望に応へる手立てを講ずる智恵も暇もない。
0

2010/8/27

水食糧と聖母像  日記と歌論

救ひ待つ地下深くより求め来ぬ水食糧と聖母像をば


 チリとは遠くて妙に縁深い感じの国だ。
僕の幼時の記憶に残つてゐることを三つ上げろといはれたら躊躇なく今上の御成婚とチリ地震津波と東京五輪をあげるであらう。


地球の裏側で起きた津波がまさしく波及して大災害を引き起こすなどとは幼弱の僕には想像外のことであつた。教室で先生からは川岸に近づかぬやうにといましめられていひしれぬ恐怖を覚えながら、生来の天邪鬼の性止みがたくこはごは近くの運河のほとりをさまよてみたりなどした。僕の里では何ごとなく過ぎたが同じ県内の漁港は現に数十名に及ぶ死者行方不明者を出す大惨事となつたものである。


昨年のチリ津波で気象庁は被害予測を過大に見積もつたこと事後に陳謝したが、地震津波とはどれほど警戒してもし過ぎるといふことはないものだ。


最近の大地震が地球の地軸にずれを及ぼしたといふ研究が発表されて又一頻りかつての感慨に耽つてゐた所へ今回の落盤事故だ。閉ぢこめられた作業員等の無事生還を祈る他ないが、八センチ直径の補給孔を六十六センチに拡大して三十三名を七百メートルの地下から
ロープで吊り上げ可能となるまでは四ヶ月はかかるといふ、大統領の名の下にクリスマスまでには救出出来る旨の「現実」を彼らに伝へざるを得なかつたわけであるか。


かかる危急の際になくてかなはぬものとして彼らが求めた一つに「宗教像」があつたことに奉ずる宗旨は異なるものの人間を人間たらしめてゐる普遍の基盤に思ひを致させられて一首。日本漁船と衝突浸水沈没したチリ海軍潜水艦の乗員らの最後に縋つたものもたとへばさうしたものであつたらうか。あの当時は「なだしお」の衝突で釣船が沈没したばかりで又もや民間船がしかも今度は海外でと怖気を震つたものだが、現実は被害関係が逆であつた。救ひ待つ地下深くより求め来ぬ水食糧と聖母像をば


 チリとは遠くて妙に縁深い感じの国だ。
僕の幼時の記憶に残つてゐることを三つ上げろといはれたら躊躇なく今上の御成婚とチリ地震津波と東京五輪をあげるであらう。


地球の裏側で起きた津波がまさしく波及して大災害を引き起こすなどとは幼弱の僕には想像外のことであつた。教室で先生からは川岸に近づかぬやうにといましめられていひしれぬ恐怖を覚えながら、生来の天邪鬼の性止みがたくこはごは近くの運河のほとりをさまよてみたりなどした。僕の里では何ごとなく過ぎたが同じ県内の漁港は現に数十名に及ぶ死者行方不明者を出す大惨事となつたものである。


昨年のチリ津波で気象庁は被害予測を過大に見積もつたこと事後に陳謝したが、地震津波とはどれほど警戒してもし過ぎるといふことはないものだ。


最近の大地震が地球の地軸にずれを及ぼしたといふ研究が発表されて又一頻りかつての感慨に耽つてゐた所へ今回の落盤事故だ。閉ぢこめられた作業員等の無事生還を祈る他ないが、八センチ直径の補給孔を六十六センチに拡大して三十三名を七百メートルの地下から
ロープで吊り上げ可能となるまでは四ヶ月はかかるといふ、大統領の名の下にクリスマスまでには救出出来る旨の「現実」を彼らに伝へざるを得なかつたわけであるか。


かかる危急の際になくてかなはぬものとして彼らが求めた一つに「宗教像」があつたことに奉ずる宗旨は異なるものの人間を人間たらしめてゐる普遍の基盤に思ひを致させられて一首。日本漁船と衝突浸水沈没したチリ海軍潜水艦の乗員らの最後に縋つたものもたとへばさうしたものであつたらうか。あの当時は「なだしお」の衝突で釣船が沈没したばかりで又もや民間船がしかも今度は海外でと怖気を震つたものだが、現実は被害関係が逆であつた。
0

2010/8/26

屋上の葡萄園  画像歌

クリックすると元のサイズで表示します

屋上に葡萄狩りして涼まむと願へど汗だくの行き歸り

地上100メートルのブドウ畑

26日、東京都港区のオフィスビル屋上で、秋の味覚、ブドウの収穫が行われた。屋上緑化の一環で10年前からブドウ、オリーブなどが植えられたのが始まり。甘い香りが訪れた人々を楽しませている。
ヤフーニュースより

空中庭園未満でせうが、たとへばそんな夢を着々実現に近づけてゐるのでせうか。しかし現実はきびしく男子も日傘を欲しがる陽気です。 
0

2010/8/26

遠地の満月  日常 時事


月縮む説傳はりてほどなきに遠地の満月昨夜は見ずて寝ぬ

楕円軌道の最も長い地点で望になつたやうですが。視認し得るほどのものではないといふことですね。

蝉聲を詠むこと稀に拾ひもつうつせみの羽少しく欠けゐき

去年は随分蝉時雨を読み今年も蝉鳴くは変りないに、一種心境の変化関心の移動があつたかと自ら訝つてゐるところです。後れ先立ちはありながら彼らも徐々にはかない一生を終らむとしてゐますね。
0

2010/8/25

期待値  日常 時事


左右に席空きたる前に佇まふ処女二人わが期待値量るや

愚にも付かぬけれど、束の間の感謝とはにかみ笑みを得つつ席一つずらせしまで。
急に出来せし野暮用を足しに赴いて深夜まで。無論彼女ら私のことはさつさと忘れて今風な話題に興じてをりました。
よつて本日は想をまとめる間なくこの一首のみ。
0

2010/8/23

殘暑つれづれ  日常 時事


夢のなかにて歌作ることあれどそのおほよそは覺めて忘るる


盆過ぎの瓶に活け交ぜたる花の荻の新穂ははや折れ付せる


星の降る里より戻る汽車の窓電光表示の気温三十度


殘された時間のなかにつくるもの思ひ圖れどまぼろしのごと


寝入る間に蚊の食ひし痕さすりつつ過去の悔やしき數々思ふ
0

2010/8/22

天神祭  日常 時事


牛バテて驛の辻にて待ちゐるを落ち合ふ天神祭の行列

日頃のストレス発散用にと登録してゐる派遣で偶々昨日は亀戸の天神祭のお練りの列に加はつてきました。

汗拭きを肩當にして荷ひゆく水干烏帽子を前に神馬の脱糞

後ろより笙の囃子のひとしきり應へて先触れの大太鼓

待ちうくる三本締めの浴衣地は帶まで同じ柄に揃へて

息入れむ束の間も寄り来る子らを神馬に抱へあげて撮らせし
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ