2009/6/25

「擊て」  讀史つれづれ

生け捕りにされて牽かるる父の聲「撃て」とぞ撃ちけりああ父上まで

參陣を迫る小田原へ行かむ夜の間やむなく弟にとらす白扇

菖蒲葺くころは思はむ串刺しにされし御曹司姫らは活けられて

じやがたらにたくましく生きしお春の書騙られて今に誘ふ涙よ

列福のにぎにぎしくとりもたれたる雨の長崎も一つの日本か
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ