2009/7/30

火刑臺  讀史つれづれ

鍬形の來居て鳴きけり魔女を死に到らしめたるその火刑臺

火口丘海に突き出し島の上つひの棲家と降り立ちにけり

積亂雲の中より漏斗のごとき渦垂れて吹き飛ばす馬も砲車も

むざと敵に使はれむこと口惜しと商都をひとつ燒きて退きけり

笛吹きは掻き拭ひけり町中の鼠とともに兒童のかげも
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ