2009/8/22

誅求  讀史つれづれ

誅求のすさまじきまま人の皮剥ぎてかけ連ねし城壁よ

選擧戰さなかを一夜の降灰の埋めつくす官衙阿片窟娼家

滿載の學童と共に沈みたり魚雷の照準はあやまたねど

不破に追ひ散らせし敵將の首級甥といへども傳へ聞くのみ

六人の皇子抱き寄せ誓はせつかけ違ふ末なかれと念ず
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ